スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック企業より恐ろしい、『グレー企業』とは。-勤務時間-

さて、暑い日が続きますが、皆さま元気にお過ごしでしょうか。猫侍は、悟りを開いた猫のように状況を観察しており、わりと元気です。そんなわけで、猫侍が遭遇した『グレー企業』とはどのようなものか。早速ですが話していきたいと思います。

先日の日記にも書きましたが、いわゆる『ブラック企業』と呼ばれる会社は、非常にわかりやすい特徴をもっています。過重労働や違法労働によって雇用者を使いつぶし、次々と離職に追い込むような企業のこと。具体的には長時間勤務、サービス残業、薄給、社長のわけのわからん朝礼、やたら長い会議、「効率化」という言葉に異様にこだわる、宗教的、体育会系、意識高い系、などのキーワードが多くあてはまる企業だと考えています。特にベンチャー系はこの傾向が強い。

で、私が現在、在籍している会社は、上記のブラック企業の定義にほぼすべて当てはまってる。でも、おかしなことに他所から見るとわりとホワイトな企業に見えるのですよ。なぜなら、労働基準監督署や厚生労働省といった関係省庁に刺されないように細心の注意を図っているからです。さらに社内でもブラック労働の証拠は一切残しません。

今回は、そんな『グレー企業』の労働の時間についてみてみましょう。

まずは、「勤務時間」についてのカラクリから。

さて、社則にある勤務時間は、9時から18時。22時以降の残業は原則禁止。これだけ聞くと非常にまともな会社に思えますが、実はいろいろと抜け道があります。

会社では22時過ぎの深夜残業はほぼありません。タクシー代ももったいないですからね。でも、朝のサービス出社には規定はありません。なので、デキル人は朝7時から仕事をします。朝5時に起きて、7時に出社、22時まで残業。これは、会社側の提示・推奨する仕事量と実際の仕事量には大きな隔たりがあるからです。本来、10人ですべき仕事量を5人で回しているようなもんです。なので、どうしても皆、仕事を終わらせるために朝早くから、もしくは仕事を家に持ち帰って作業することになります。しかし、実際に記録に残るのは、9時から19時くらいまでの非常に良識的なホワイトな仕事っぷりというわけです。素晴らしい!!

しかも、これは社員があくまで「自主的に」というのが味噌で、記録も社員自ら改ざんしているので社外で問題になることはほぼありません。ちなみに当然のことながらタイムカードの類はありません(タイムカードがない会社は多いけどね)

私は、まだ仕事量も少なく、早朝出社もなく、20時までにはなるべく社を出るようにしています。

次に、「工数管理」という名のカラクリについてです。

会社では、「日報」という形で毎日、自分たちの行動を記録し、会社に提出するのが義務となっています。これは自分がどの作業に何時間かかったのかを15分刻みで記録していくという「工数管理」というもの。で、例えばある仕事に月合計30時間かかったとします。会社の推奨時間は20時間とします。差し引き10時間分余計にかかったとすると、会社側の評価(査定)は低くなります。「なに20時間ですむ仕事を30時間もかけてやってんだよノロマ野郎!」ってことです。ちなみに会社側の提示する20時間という制限の根拠はよくわかりませんが「経験則」とのこと。その仕事の精度を上げるために資料を読み込んだり、試行錯誤を繰り返すことは推奨はされますが、考慮はされません。あくまでアクシデントもなく、集中して作業をすれば達成できるであろうベストな20時間が基準であり、ルールだからです。まあ、どんな仕事でも不測の事態ってのは起こるのが常識なんですけどね(笑)。

で、会社の言い分はさらに巧妙で、「仕事量の不公平是正のための工数管理」という大義名分まで用意しています。これはどういうことかというと、会社の基準とする時間を超えるということは仕事量が適切ではないということなので、それを考慮して仕事の数を調整します、ということ。社員同士の不公平感をなくすためにも工数管理は必要だという理屈です。「会社はキミたちを管理しているのではないのだよ、あくまでキミたちに無茶な仕事をさせないためにそれぞれの仕事量を把握するためのシステムなのだよ~(笑)」ってことです。しかし、これはあくまで建前であり、実際に工数オーバーだからといって仕事の量が減ることはありません。工数をオーバーすれば無能のレッテルを貼られるだけです。

そこで社員は、実際には30時間掛かった工数を減らして申請することになります。例えば一日、10時間働いたとしても、8時間働いたと日報には申請するわけです。そうして月合計の工数を調整するわけです。それに自分の力量のなさのせいで、他人に迷惑をかけたくない、という実に日本人的な意識が働くのもちゃんと会社は見越しているのですね。そして、実際には30時間かかった仕事も規定時間で終わらせたという事実が積み重ねられ、じゃあ、まだ余裕あるよねってことでさらに仕事が上乗せされ、その仕事も工数を調整、またまた仕事が上乗せ…という地獄のスパイラルが完成するという寸法です(笑)。よくできてるなぁ~。

ってか、工数管理自体は別に珍しくないけど、クリエイティブを時間で管理するってのは正直、驚きました。あー、この会社、俺には合わねぇわ!!って1日目にして思いました(笑)

さて、まずは『グレー企業』の「労働の時間」の話でした。
次回の『グレー企業講座』をお楽しみに!!
スポンサーサイト

古賀氏と報道ステーションについて思うこと。

報道ステーションの古賀氏の発言が物議を醸し出してる。個人的には古賀氏、テレ朝(古館氏)の左翼同士の内ゲバだという認識。

もし、古賀氏のいう政治的圧力があるとしたらそれは問題だが、テレ朝をはじめ日本のメディアは明らかに偏向報道や“報道しない自由”を駆使し、世論の操作を行っているわけで。政府としては、「放送法」にある報道の公平性や客観性を守るように指導するのは当然で、それを「報道の自由を阻害された!」というのはわりと微妙だなぁ。

以前からたびたびブログにも書いてるんだけど、日本のマスコミがエゲツナイのは、自分たちの政治的な主張を織り交ぜて報道し、それをさも公平で客観的な報道のように見せる手法。
よくある「街の声」なんかも賛成、反対の意見を平等に放映してます!ってな風に見せてるけどあんなものはいくらでも恣意的な操作ができる。賛成と反対の数はもちろん、発言者がスーツを着た誠実そうなサラリーマンと、無精ひげをはやて鼻毛が伸びてる汚いオッサンだったら、視聴者はサラリーマンの方に好印象を持つわけだ。

だが、実際問題、報道の客観性や平等性を保つことは非常に難しい。作り手が人間である以上、どうしても対立軸があるような問題ならどちらかに肩入れするだろうし、両論を同程度、報道しようにも時間的な制約もある。それを踏まえて思うのは、報道番組は自分たちのスタンスを視聴者にしっかりと開示するという方法はどうか。つまり、テレ朝の報道ステーションであれば、「私たちは中国と韓国との友好を一番に考えています。日本人は過去を反省し、未来永劫、中韓両国へ謝罪と賠償をするべきだと考えます。安倍政権は中韓に対して不誠実な態度が目立つので支持しません。これが私どものスタンスです。」と常に言っていれば視聴者側もそれを理解したうえで見ることができる。

ただし、これをすると視聴者は自分にとって都合のよい情報のみを選択するようになるし、報道する側も大衆受けする情報のみを発信することになりかねない危険性はある。でも、よく考えたらそれって今と何が変わらないの?とも思ったりして(笑)。

川崎市、電話で「SOS」を。でも相談は平日9時半から17時までな!

不安や悩み、電話で「SOS」を 
川崎市が小中高生など対象に相談窓口 (2015.3.7 産経ニュース様 クリックで記事へ)


上村さんの事件を受け、川崎市教委は6日、学校内外での人間関係などに不安を感じたり、悩みを抱えている市内の小中高校生や保護者を対象に、緊急で電話相談できる窓口「ダイヤルSOS」(電)044・200・3288を9日に開設すると発表した。
相談の受け付けは、平日午前9時半~午後5時。市教委は、全市立学校に「ダイヤルSOS」の案内チラシを配置し、児童生徒らへの周知を図る。(以下略)


・・・平日9時30分~17時。保護者なら電話できるね!でも、小中高校生は学校にいる時間だね!学生は学校の休み時間に電話してね!ってことか!
・・・アホか。せめて土曜日の午前中くらいは窓口開けておけばいいのに。結局、川崎市の教育委員会も「ちゃんと仕事してますよ」アピールのために電話窓口を開設したって言われてもしょうがないわな。もっとも仮に24時間対応したとしたって、いったいどのくらいの悩める児童が教育委員会様の開設したありがたい相談窓口に電話するんだろうね。

これは川崎市に限らない話だけど、「教育委員会」という謎組織はだいぶ前から地域の「名士」と呼ばれる人のちょっとイイ感じの「肩書き」になっているという。別に教育問題に造詣が深いわけでなくても、「当該地方公共団体の長の被選挙権を有する者で、人格が高潔で、教育、学術及び文化…に関し識見を有するもの」であれば選挙のような公選制もなく、なれちゃう実に不思議な役職なんだわ。人格が高潔ってなに?教育や学術、文化に見識を有するって具体的にどういうこと? 実は、そういう具体的な資格はなくてあくまで行政の主観で選ばれてる。だから、教育委員会の委員はわりとコネが多いそうな。つまり完全に形骸化した組織だといわれている。
ぶっちゃけ、名刺に「○○市教育委員会」という肩書がほしいだけのオッサンやオバサンも多いと思われる組織だから、児童のいじめ問題や傷害事件、自殺なんかの問題が起きると見苦しいほどの保身行動を見せる。『自分たちの責任じゃない。これは社会が悪いんだ。親の教育が悪いんだ。』そういうのが透けて見えるのが、テレビなんかでよく聞く、「児童に命の尊さを改めて教えていきたい」なんていう100回以上聞いたと思われる常套句。誰の心にも響かない、空虚なコトバ。コピペの意思表明。具体性に欠けるキレイ事。

別に私も教育委員会があるからいじめ問題や事件が起きるとは思っちゃいない。けど、教育委員会が自らの保身のために、教育の現場に圧力を加えたりすることで、問題の矮小化や隠ぺいを行いやすいというのはあると思う。今回の川崎市の電話相談もそんな問題を早期に収拾させたい、大人たちの姑息な考えが見え隠れしているようにも思うのは、私の気のせいだろうか?

少年犯罪の実名報道について 

なんか最近、未成年者による凶悪事件が多く報道されて、少年法の改正、っていうか未成年者の実名報道について耳にするね。

一般市民の意見としては、「たとえ少年であっても重罪犯は実名報道すべし!」っていうのが多い感じ。その理由としては、「18歳はもう大人である」、「更生の余地などない殺人鬼に人権の配慮など必要ない」「被害者感情を考慮して」「未成年は数年もすれば出所するから怖い」などが上がる。

どの意見も一理あるわな。でも、個人的には少年の実名報道に関しては、慎重派、どちらかといえば反対の立場。上でも書いたように、現代の市民感覚としては、少年犯罪の場合、加害者が少年法によって過剰に守られているんじゃないか、というのが一般的っぽい。で、そんな市民感覚を反映してか某掲示板などではこんな書き込みが見られる。曰く、

「こんな欠陥品(加害者)を生み出した両親も同罪だ!」
「そんな両親に育てられた加害者の兄弟もろくなもんじゃない!」


まあ、ある意味極端な発言だから掲示板とかでもほぼスルーされちゃうんだけどさ、似たような発言は複数見られる。おっそろしい。確かに家庭での教育や躾が人の人格形成に多大なる影響があることは事実ではあるんだけど、その家族が加害者本人と同罪とかは無茶過ぎだと思うわけです。

秋葉原連続通り魔殺人の加害者の弟さんが、以下のような遺書を遺して自殺している。享年28歳だったそうです。
『あれから6年近くの月日が経ち、自分はやっぱり犯人の弟なんだと思い知りました。加害者の家族というのは、幸せになっちゃいけないんです。それが現実。僕は生きることを諦めようと決めました。死ぬ理由に勝る、生きる理由がないんです。どう考えても浮かばない。何かありますか。あるなら教えてください』
私はこの遺書を読んで、目の前が真っ暗になった。彼は社会に殺されたのではないか。社会にあまねく正義や義憤に殺されたのではないかと。

100歩譲って加害者を育てた両親に道義的な責任があったとしてもその兄弟姉妹にまで責任が及ぶとは到底思えない。しかし、過剰な報道は加害者本人だけでなく、否応なしにその家族まで破壊し尽くす。この現象は、成人が加害者である場合も然りだが、その事件の衝撃度から未成年者が加害者である場合は報道は加熱し、さらにその破壊度は増してしまう。

未成年者の実名報道を求めるということは、加害者の家族、特に年若い十代の兄弟姉妹の人生をも破壊するということを思うと、私はどうしても実名報道には慎重にならざるを得ないのですよ。

【第三回】 銭湯講座 浴槽編

第三回 銭湯講座 浴槽編

【いざ、浴槽へ!!…とその前に。。。】
さあ、体はしっかりと清められました!いよいよ銭湯の醍醐味、浴槽へ向かいましょう!え?髭(ひげ)を剃っていない?大丈夫です、髭は後で剃ります。

と、その前に…シャンプーなどの銭湯道具を持ちましょう。カランは数に限りがあるので用が済んだらすみやかに道具は引き上げるのが鉄則です。最近、カラン取りのためにわざと道具を置いていく人もいますが、これは重大なマナー違反です。銭湯道具は浴室内に設けられている棚か、ロッカールームと浴室の間に設けられている棚に置いておきます。盗難の可能性は常にあります。これはどうしようもないのでシャンプーなどは小分けにして持ってくるのが正解です。もちろん、貴重品の持ち込みは厳禁です。一応、貴重品は受付で預かってもらうこともできます。ウェット剃り可能な電気髭剃りなど高価なものを持ち込んでしまった場合は、自分のロッカーにしまうなど自衛をしましょう。
自分が使った椅子と桶は軽く湯で洗い、元の場所に戻します。銭湯によっては常にカランの前に設置している場所もあるので周りを見て判断してください。

【いざ、浴槽へ!】
いよいよです。ようやくお風呂に入れます!一般の銭湯では、泡風呂、赤外線風呂、電気風呂、水風呂等が設置されていることが多いようです。露天風呂や薬湯がある銭湯もありますね。興味のあるお風呂に早速浸かりに行きましょう!その際、湯に手を入れて熱く感じるようでしたらかけ湯をして体をならしてください。当然ながらお風呂で大声で話したり、泳いだりというのはマナー違反です。また水で薄めるなどの行為も基本的におすすめできません。大概、銭湯のヌシに注意されます(笑)なお、浴槽へのタオルの持ち込みは厳禁ですが、冷たく濡らしたタオルを頭に乗せる行為は、湯あたり防止にも効果があるので推奨されています。要はタオルを浴槽に付けるのはNGということです。

●浴槽の種類
・赤外線風呂……赤い光を放つ風呂です。3倍早くなります(嘘)。遠赤外線の効果により、より体の芯から温まることができるといわれています。
・泡風呂(ジェット風呂)……泡がブクブクと出ています。赤外線風呂と同設のことも。泡が弾ける時の超音波が体を刺激し、皮膚の汚れを落としたり、マッサージ効果があるとされます。ジェット風呂は腰や足に激しいジェット噴流を流して刺激する設備です。銭湯によっては、ジェットを生み出すための空気の取入口が浴槽に見えることもあります。その際には取入口をタオル等で塞がないように注意しましょう。なお、子どもはジェット風呂に興味津々ですので危険がないよう、また長時間の独り占め使用にならないように大人が見守りましょう。
・電気風呂……皮膚に微弱な電気を流す風呂です。電気の刺激が皮膚細胞を刺激し、健康によいとされます。ただし、心臓疾患や高血圧等のいくつかの疾病や症状を持つ方や子どもの使用は推奨されていません。お風呂の説明書きが必ずあるはずですのでそれを読みましょう。なお、銭湯によっては想像以上に刺激が強く、腹筋などを強制的に運動させるので筋肉をつってしまったり、急な排泄欲求(要するに「うんこしたいッ!」)を催すこともあるのでその辺りも注意してください。浴槽内での脱糞、ダメ・ゼッタイ。
・薬湯……「やくとう」と読みます。銭湯によって違いますが要するに「バスクリン的なもの」が入っています。季節によっては菖蒲湯やゆず湯になることも。少しぬるめのお湯であることが多いので、熱い湯が苦手な人は特におすすめです。
・露天風呂……室外に設けられたお風呂です。場所によっては地下水や温泉が使われていたりします。人気の高い浴槽ですのでの譲り合いの精神を忘れずに。火照った体を冷ますクーリングスポットでもあります。冬場は特に気持ちがよいのですが、体を冷やし過ぎないように注意。
・水風呂……水温17度前後に維持された水のお風呂です。長湯やサウナで火照った体をクールダウンします。サウナ利用者は水風呂に入る前に、シャワーを浴びるか、かけ水をして入ることがマナーです。直接、汗がついたまま入るのは重大なNGです。銭湯でのトラブルはこの水風呂が結構多いです。かけ水の際には周りに人がいないことをよく確かめましょう。潜るような行為もNGです。17度前後というとぬるいような気もしますが、実際には結構ビックリするくらい冷たいので、心臓の弱い方は利用を控えましょう。
・炭酸風呂……比較的新しい銭湯や健康ランドにあります。炭酸がお湯に溶けていて非常に高い温浴効果があります。ぬるめのお湯ですが数分入っただけで本当に体中がポカポカします。珍しいお風呂ですので見つけたらラッキーです。

さあ、皆さん、たっぷりとお湯を楽しみましたか?サウナ利用は高額なこともあり、元を取ろうと何度も入りがちになりますが、何事もほどほどがよいです。サウナ後の水風呂は心臓にも負担になるので慎重に

さて、ここで男性は髭を剃りましょう。体を洗うのはお風呂に入る前でしたが、髭の場合はお風呂で適度に柔らかくなった時が剃り時です。

頭の先から足の先まで綺麗になって、ゆっくりと湯に浸かって最高ですね。人によりますが銭湯にいる時間は40分から1時間くらいが平均的です。長風呂は逆に体を疲れさせますので自分に適当な時間を見つけましょう。

さて、そろそろ風呂から上がりたいところです。風呂あがりは体が火照っているため、汗をかきやすい状態ですので軽くシャワーで水やぬるま湯を浴びたり、露天で体を休めましょう。露天で休みすぎると湯冷めをしてしまうので加減に気をつけて。
ロッカールームに戻る前に浴室で体をよく拭きましょう。これも重要なマナーです。

ロッカールームで汗を引かせたら着替えましょう。漫画などでお馴染みの『腰に手を当て、コーヒー牛乳を一気飲み』するのもオツなものです。汗をかいたので水分補給はしっかりと。女性はできれば化粧水などで顔や体に水分を補給しましょう。特に冬場は乾燥しているので風呂あがりのなるべく早い段階でお肌の手入れをすることをおすすめします。。

【家に帰ったら…】

さて、銭湯の入り方はこれでおしまいですが、家に帰ったら是非やっていただきたいことがあります。それは、足の裏を家風呂で軽く洗うことです。実は、近年、中南米から強烈な水虫が日本に上陸しています。元は柔道などのスポーツ選手の間で流行りだしたのですが一般の人にも徐々に流行りだしています。私は5年以上フィットネスジムに通っていますが、いまだに水虫に感染していないのはこの習慣のおかげだと思っています。

ーーー【第三回】銭湯講座 浴槽編 まとめーーー
・カランの場所取りはマナー違反
・水分補給を十分に
・長風呂は厳禁!自分の体力にあった時間を。
・男性の髭は、風呂あがりに剃るとスムーズ
・風呂あがりは体をよく拭いて
・湯冷めに気をつけましょう
・銭湯から帰ったら足を洗って水虫予防を!


以上が猫侍流の銭湯の入り方です。異常に詳しい内容に猫侍の銭湯愛が溢れていますね。

毎日手軽に入れる家風呂もよいのですが、足を伸ばしてのんびり入れる銭湯は格別です。他人との距離を測り、社会のマナーを学べるという意味では子どもたちの勉強の場にもなります。家風呂の普及により、町の風景からどんどんと姿を消していく銭湯ですが、後世に残したい貴重な場所でもあります。毎日とは言いませんので、半年に2,3度くらいは利用してくれると銭湯好きの猫侍もうれしいです。

では、皆さん、よい銭湯ライフをお過ごしくださいねー!

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。