スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫侍の恋愛講座 その1

先日、32歳になる友人から相談を受けた。
「28歳の同僚OLとお近づきになりたいがどうしたらいいっすかね。」と。

ふむ。Tくん、このボクに、超越独身者(別名・修行僧)のこのボクに、恋愛事を相談するとは、…たいした度胸ですね。よし、わかった、了解した、把握した、掌握した。そういうことならキミのために、ボクのとっておきを教えよう。そういって僕は女性心理学を巧みに使ったデートシミュレーションをメールにしたためた。you get mail!!(以下、月曜日深夜のテレ朝「ジョーシマ サイト」ぽく読もう)
 
★午前8時、エレベータ内にて
T「やあ、Aちゃん、今日はいい天気だね!」
※朝の挨拶は爽やかに!これ、社会人の常識だ。

A「あ、おはようございます。でも今日は雨ですよ?」
T「しかし!この青空もキミの美しさにはかなわないけどね!!」
※女性は褒められて悪い気はしない。女性心理の基本だ。

A「え?ええと、Tさん今日は、テンションおかしくないですか?」
※いつもと違う君の魅力に彼女もドキドキ!

T「ところでAちゃん、今日のランチ、一緒にどうかな!」
※急がば回れ。軽い食事などで距離を縮めよう!

A「…すいません、午後に会議があるのでその資料…」
T「ぐわわああああ!?」(いきなりエレベータ内で七転八倒)

A「どどどどうしたんですか!?Tさん!?」
T「Aちゃん、Aちゃん成分が足りなくなってきた!?」
A「わ、私、成分?」
T「そそそう!ボクはAちゃんと一日30分以上話をしないと肉体と精神に異常をきたしてしまうんギャヤアアアア!!??(プシャー!)」
※恋愛には“演技力”が重要!キミに夢中で気が狂いそう!?という熱烈アピールを全身で表そう!よし!失禁までできれば上出来だ。

A「あわわわどどどうすれば!?」
T「ぼぼぼボクとランチを!後生でござる後生でござるぅぅ!?」
※江戸言葉を混ぜて小粋な自分を演出。もし彼女が歴女(歴史好きな女性)ならさらに胸キュン指数増大確実!

A「わわわかりました!よくわからないけどわかりましたから!」
※キミのちょっぴり強引なランチの誘いに、ほら彼女だってまんざらじゃないだろう?あ、濡れたパンツは変えていけ。ああ、勝負パンツはまだ早いよ(笑)。

次は彼女との楽しいランチデート!次回も究極のモテモテ男(だけど独身)の猫侍様が恋のHow toをばっちりレッスン!期待しろよ!


スポンサーサイト

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

ジュンイチくんが女性にもてるのは?

今朝は晴れてたのに…。病院から会社に戻るとき、結構降ってました。そんな日に限って私の靴は「夏専用 通気のよい穴アキ機能付き!」なビジネスシューズだったりします。少しでも被害を減らすため、最近、歳の差20ン才の女性をGetした恋愛教祖のカレを真似しました。すなわち“ジュンイチ式直履法”。革靴を素足で履くのです。

よいしょっと…うわぁ…、革靴に残る自身の生暖かさとしっとりとまとわり付くような湿り気が究極的に気持ち悪い…あと履きづらい。ジュンイチくんはこんなんでいいの?ホントに?無理してない?ジュンジュンってばもしかしたら変態?ジュンイチ方式にあらゆる疑問符が浮かび上がります。

…いやいや、もしかしたらジュンイチくんが女性にモテるのはこの“革靴直履”に秘密があるのかも。こう、足の汗のニオイと革靴のニオイがいい感じにブレンドされ、女性を燃え上がらせるような特殊なフェロモンを発生させているのかも知れない!そう思って、直履してた自分の革靴のニオイ、ちょっと嗅いでみた。

…クンカクンカ…ん?そんなにニオわないな?こう、もっとクサヤみたいなニオイだったらネタ的に面白いのに…クンカクンカ…。

「猫侍さん…なに、してるんですか…」

神妙な顔して自分の靴に顔を突っ込んでニオイを嗅ぐ、裸足の男。
また、会社で変な噂を創ってしまいました。

今日の教訓「革靴を素足で履くと気持ち悪い」
今日の教訓「革靴を素足で履くと気持ち悪い」


テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

休日の過ごし方。

ついに独身者、禁断の扉を開けてしまいました。すなわち「独りカラオケ」。いや、人前で歌うのは苦手だけど、歌自体は好きなんで、ちょっとその、魔がさしたっていうか、その、か、カラオケも、た、たまにはいいかなーって…いや俺は誰に向かって言い訳してるんだ?別に悪いことしてるわけじゃないのに・・・(ゴニョゴニョ)と、とにかく独りカラオケに挑戦だ。…なんとうか「独りカラオケ」って声に出してみると切なさが倍増するな。なかなかの破壊力。あと不思議な罪悪感。でも少しだけ期待…。うむー、もしかしたら、ドMなのか俺は。

さてさてそんな葛藤をしつつ、日曜日、いつものように洗濯や買い物を終えた午後1時。駅前のカラオケ店。店員さんにシステムを聞くと意外とお高い、土日は特に。少し迷っていたところ、カップル2組が入場。なぜかコスプレもできるというお店に飾ってあるメイド服を見ながら、「お前着てみろよ~」「え~いやだぁ(笑)」とかイチャイチャしているのを見て、無性に申し訳ない気持ちになって、その場は退散。半泣きで。ホントごめんなさいごめんなさいごめんなさい。ふーー、自分とは住む世界が違う住民をみて取り乱してしまった…。気を取り直して駅前の店を数件見るけど「お一人様のご入場は二人分の料金をいただきます」とかある。悲しい。この世界は独り者に優しくないよ。またもや半泣き。ようやく見つけた雑居ビルのお店は一時間500円。よしここにしよう。10代のかわいい女の子の受付に「一時間、独りで」。ニッコリと6番の部屋を指差された。『あ、いまちょっと憐れみの目で見られた?』とか被害妄想は無理やり排除。半笑い。

妙に広く感じる三畳程度の室内。周りからグループで歌う声が漏れ聞こえる。まずは適当に安全地帯の「恋の予感」と「ワインレッドの心」を玉置浩二ご本人が写るPVを見ながら熱唱。うん、意外と気分よい。次に筋肉少女帯の「機械」と「くるくる少女」「小さな恋のメロディ」を入れてみる。…うわぁムズい!大槻ケンジのシャウトだから聞けるのであって、普通に歌うとかなり寒いことが判明。でも小恋(ちいこい)のラストのセリフは、ちょっとかっこよくキメて自己陶酔。

~何より もうこれ以上 キミの周りに 不幸の存在を 俺は 認めない。~

…いや、自分の存在をどうにかするほうが先だろう。気を取り直して、懐かしのユニコーン数曲。うむぅ難しい。簡単そうに聞こえるのに。などと、三畳の部屋でブツブツと独り言を言いながら。っていうか独り言の頻度が尋常じゃないな。微妙にコント仕立てになってる映像にツッコミいれてみたり。「三編みセーラー服とか、いつの時代の女学生だよ!?っていうか、どう見たって28歳のキャリアOLがナイショでしてるあやしいアルバイトだろ!!」とか。
それはそうと、今回はブンキチ?バンチキ?の「天体観測」を覚えに来たんだ。D社の営業を見習って。3回ほど繰り返して歌ってみる。オーイエイ、アハ!サビの部分は覚えたけどまだ難しいな。

しかし、切ない感じの歌詞だよ。今日と明日の境がなくて、今日の幸せが明日も絶対に続いているという根拠のない自信が支配する幼い日々。今が幸福であるとの自覚もなくただただ過ごしていた優しい時間。ある日、そんな時間がもう自分には訪れないんだと知ったときの焦燥感。それを取り戻そうとするけど、もう独りではどうすることもできないという絶望感。大人になるってのは何かを失うことなんだなと、思ったりなんかしたりして。

プルルル…。「あと10分で一時間です」。
ガチャ。「了解しました。」
ふー、ついつい独りでこもっていると、取り留めのない考えが頭に浮かぶね。のども疲れてきたのできっちり一時間で退場。

歌はいいよね。その歌詞にいろんな人の人生が見えるようで。そして時に自分の人生が透けて見えるようで。「独りカラオケ」は、狭くて広いこの冷たい空間で、歌を通じて自分の内面と会話する時間でもある。そんな風にかっこよく締めつつ、これからもちょくちょく訪れようと思います!そんなわけでお前らも「独りカラオケ」、一度やってみるがいいよ?(>なぜか上から目線)
なぜか首輪
歌に関係なく「男に首輪」

追伸:「天体観測」、ワカモノの曲だと思って覚えてみたものの、同僚に「懐かしい曲ですよね」とかいわれて「?」。調べたら2001年発表だった…。やはりエグザイルしかないのか…。千手観音しかないのか…。でも独りで千手観音は・・・。

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

太陽のクロワッサン

7月22日、46年ぶりの皆既日食。私も含め、往年の天文少年は大変楽しみにしていた日であります。空模様はあいにくだったわけですが実は東京でも生で見ることができたのです。11時過ぎ、会社の非常階段に同僚とおもむき、空を眺めます。ちょうどお昼頃なので視線は天頂付近。で、曇り空をぼぉーと眺めていますと…「でたーー!!」と近くの公園から子どもたちの歓声が。
日食
おお!!おてんとはん、しっかりと欠けてはる!コラえらいこっちゃでぇ~!?と、思わず怪しい関西言葉になってしまうほど、ふつふつと興奮が湧き上がります。古代人が日食を宗教儀式と結びつけた気持ちがわかりますね。
太陽は三日月のようなカタチに。厚い雲が黒いフィルターの役目を果たして肉眼でもその形がわかるのです。もちろん、長時間見てると目がチカチカしてくるので休み休み見るのが吉。でないと、ラピュタのムスカ大佐のようになってしまいます(「目が、目がぁぁぁ!?」)。

街行く人を観察してみると、子どもたちの歓声につられて幾人もの人が空を見上げています。カラスも大騒ぎです。ガーガー。おそらくこの瞬間、日本中の人が空を見上げているんだと思うと、ちょっと不思議な感じがします。

さて、日本では2012年5月21日に金環食という日食が見られます。“環”という漢字が示すように月が太陽よりも見かけ上若干小さく、完全に太陽を隠すことがない現象で、月と太陽が重なった時、指輪のように太陽のふちが見えることから金環食とよばれます。さて、3年後、私は誰とこの空を眺めているんですかね。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

マリーに首ったけ!!

以前、友人と食事をしながら「子どもの頃にときめいたアニメキャラ」というお題が挙がった。30過ぎのオッサンが何の話だ、というのは置いておいて、私が一押しするのは、あの宮崎駿が監督・演出も手がけたという「名探偵ホームズ」。ホームズやワトソンといったおなじみの面々が犬のキャラクターとして描かれたユーモラスなほんわかアニメで、私が尊敬する声優・故広川太一郎氏が主役を張っていた名作だ。たしか私が小学校高学年のときにあの「風の谷のナウシカ」と映画版が同時公開され、その後、テレビアニメになったんだっけ。
と、前置きが長くなったがこのホームズの作中に出てくる、ホームズの下宿先の大家さんであり、19歳なのに未亡人であるマリー・ハドソン夫人が私がときめいたアニメキャラ。
普段はおしとやかなハドソン夫人ですが、いざというときには信じられない底力を発揮して男勝りの活躍をするのですよ。特に印象的なお話は、ホームズの宿敵モリアーティ教授がロンドンで試験運用されようとする郵便飛行を妨害しようと、さまざまな破壊工作を施すという話。飛行機乗りの夫を飛行機事故で亡くしているハドソン夫人は、飛行機に対する情熱が人一倍強い。作中、モリアーティ教授の妨害工作を八面六臂の活躍で阻止するわけです!かっこいいぜ!イカスぜ!ビューティフルだぜ!いなせなマリー!!と、熱く友人に語ったところ。
19歳で未亡人!なメス犬
キミのハートも打ち抜くぞ★バキューン★(>ウザッ!)

「ああ、覚えてる覚えてる、メス犬マリーね」 
いやオマエちょっと待て待て間違っちゃいないけどその言い方はちょっとどうかと思うぞいや間違っちゃいないが不思議と俺の性癖に触れるようないやいや違うチガウ挑戦的な言い回しに聞こえたわマジでっていとりあえず正座しろ正座いすの上で正座もちろん全裸で(>アニメの話で半ギレする大人気ない男・猫侍)

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

カラオケ背景にありがちな。

数年ぶりにいったカラオケ。ジーーっと画面を見て思ったんだけど、カラオケの映像って何年経っても基本的に変わらないのね。

とりあえずぼやけた車のテールランプ、ふらふらと歩くうつろな瞳の女。雨の中、ガード下のコンクリートを殴りつける革ジャンの男。鎖に繋がれた男。グラスが暗闇で割れるぜ、スローモーション。燃えるろうそく。恋人が写った写真が灰皿の中で燃える。妙なフォームで走る男。青春系の歌なのに出てくるのは三つ編みの無理な女子高生(28歳くらい)。並木道を歩く恋人同士、女の不自然に尖らした唇はちょっと拗ねてるのよアピール。とにかくひたすら走る男。ヒマワリ畑を駆ける白のワンピース姿の女(28歳くらい)。ゲレンデでずっこける女、それを助ける男、ふたりの視線がぶつかって…みたいな小芝居。ベッドの中で目覚める男、目覚まし時計を見てビックリして飛び起きる、遅刻だぁ~!みたいな大げさな芝居、もちろんトーストを加えて町に飛び出せ!やっぱり無茶苦茶走る男。 ロケ地:横浜
ロケ地 横浜
ロケ地 横浜

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

カラオケに行ってきた。(長文注意)

金曜日の夜、クライアントの担当者様が辞められるということで、送別会に行ってきました。5人で3時まで飲んで、その後、カラオケボックスで始発まで休憩することになりました。が、カラオケボックスについたとたんに、コントローラーをいじり始める4人。・・・そして、20秒後には1曲めのイントロが。
ええー!アンタら少しは休めよ!もう6時間も飲んで騒いだじゃねぇか!?って、すでにカラオケには5曲目がストック。ま、マジっすか?あんたらやる気満々なんスね。

●NEWS「weeeeeeeeek」 あ、なんかeが多い気がするけど気にしない。この歌も聴いたことはあるな、「ナンチャラナンチャラ日月火、ほら水木回って金土日曜~ホニャラララ~もういっちょ!」これもジャニーズなの?光ゲンジと同じ流れをくんでるってのは何となくわかる気がする…。(>オジサン感想)

●嵐「Beautifuldays」 確かドラマの主題歌だよな。「流星の絆」だっけ?嵐は「宿題くん」が結構面白いよね。小倉さんは邪魔だけど。それにしてもD通マン、とても同い年とは思えない選曲です。

●BUMP OF CHICKEN  「天体観測」ん?コンビニとかで聞いたことがあっていい曲だと思ってたんだよな。しかも「天体観測」か。天文少年だった私としては琴線に触れるなぁ。(φ(..)メモメモ…) でも誰が歌ってるの?文吉?ブン乳?…バンチキ?なにそれ?(>怪訝そうな顔で)

●エグザイル「Choo Choo TRAIN」 サビは知ってる、サビは。千手観音みたいな踊りするんだよね。確か。女の子たちもノリノリです。私はタンバリンをシャランシャランして場を濁します。(どうかオレに気づかないで…)

●THE BLUE HEARTS「リンダリンダ」 …カラオケコントローラーに手すら触れない私に気づいた子がてきとーに入れてくれたらしい曲。「猫侍さんでもわかるでしょ?」いや、まあ…。とりあえず「どーぶーねーずみ、みたいにーうーつーくーしーくーなーりーたいーー!」と、銀座のドブネズミこと猫侍が熱唱します!「リンダリンダ!~」って、おい!アンタら何、飛び跳ねてんの!?こ、この狭いBOXの中で、いや、お約束って、そりゃそうだけどさ!?い、痛!?スネぶつけた!?お前ら無駄に元気だな!いま、3時40分だぜ!?ええ、「猫侍さんノリが悪い~」…結構、必死なんスけどね。あ!ビールこぼしt(略

●????「木綿のハンカチーフ」 お?懐メロか。太田裕美だったけ?都会に行った男と、田舎に残った女の切ない歌だよなぁ。最後のワガママと称して、涙ふく木綿のハンカチーフをくださいってねだるんだよなぁ、女の情念だよなぁ、昭和だよなぁ。と思っていたら、イントロがすンげーロックンロールで、椎名林檎のカバー曲だった。カムバック・昭和歌謡曲(泣)

●コブクロ「蕾」 これも聞いたことあるな!いい詞だな。「消えそうに 咲きそうな 蕾が 今年もボクを待ってる」まあ、咲くこともなく枯れ果てようする猫侍的には寂しさが募る曲ですね。うふふ(泣)。

●倖田來未「キューティーハニー」 ん?アニソン?なにこれ!スゲーPVみたいな映像じゃん!これがエロカッコイイとかいう倖田來未か!この頃流行の女のコォ~♪ああ、こういうのもいいかもね。でも、「ハニーフラッシュ!」って言いながらマイク振り回すのはやめてください。左頬にマイクが埋まりま…した(マジで)

●SMAP「ダイナマイト」 え?懐メロなの?スマップなのに?時代を感じるな…。っていうかSMAPもアラフォーじゃん(>お前もな)。なんかサビ以外は盛り上がりにかけるな。「ダイナマイトボディでもいいんじゃない?」うん、草くんも相当ダイナマイトなボディだったよ!シンゴー!?

●モーニング娘。「ラブマシーン」 え?これも懐メロなの?リリースされたのが1999年!世紀末だったのか。画面には当時のモー娘。化粧とか見ると確かに懐メロだよなぁ。Fu-Fu-とかWOWOWとか手拍子が多い。「ニッポンの未来は、世界がうらやむ」のか?などと、午前5時にニッポンの未来を考えて少し暗い気分になる。

とまあ、このほかにも10曲くらいか、私以外の4人がバンバン曲をいれて、「あ、サビしかわからん!」といっては、1分程度で停止されるというのを繰り返しているうちに朝5時30分。始発の時間です。ふわー、今日はお疲れ様~。みんな気をつけて帰ってね~。

さて、部屋に帰って、独り反省会。もちろん、全裸で。もちろん、正座で。

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

大人気ない猫侍さんのこと。

先日、部屋に帰ろうと夜道を歩いていますと、私の前を独りの女性が歩いていました。OLさんでしょうか?結構、明るい道なんですが、私、こういう場面では結構気を使いますので、なるべく女性の真後ろを歩くことなく、早足で追い抜くことにしています。

今回もおもむろに早足を開始。残り3mで追い抜くというところで女性が気づきました。そして、何を思ったのか、早足で歩き出します。 ちょっ!? 女性と私の速度がほぼ同じ。距離が縮まりません。F1ならばスリップストリーム状態で私の燃費がよくなるところです。

どうやら女性は私を不審者と認識、足を速めたようです。・・・・・・えーー、女性ならばこのくらいの防衛本能を持っていたほうが正しいですし、普段の私ならば「ま、しょうがないか」と苦笑ひとつで済ませるのですが…。私、たまーに、大人気ないことをやらかします。その日は疲れていたんです。

・・・だから、さらに足を速め、女性を追い抜きにかかります。負けてたまるか的な気分でアクセル。女性、さらに足を速める。ええ?よ、予想外の展開。しかし、一度火がついた私を誰も止めることはできません! 意地でも追い抜いてやるワン!(>本能が目覚めた瞬間) 私、さらに足を速める。アクセル。女性、必死に足を速める。彼女も本気です。…そして女性は後ろを振り返ることなく角を曲がります。ドリフト。しかし、その角の先に私のアパートもあるんです! 負けてたまるか!身体にG(重力)を感じながらギュギュン!角を曲がると5mほど先に女性の姿。 ロックオン! 歩幅を大きく! 大胆に接近! 距離、5m、4m、3m!で、そこで私の足は90度スピン! アパートの階段をカンカンカン!と軽やかに昇りますと、後方から「はぁ…!?」という女性の声。

ごめんね、大人気ないオッサンでごめんね。試合放棄してごめんね。それはそうと、キミとは5、6回は同じように夜道で遭遇してるんだからいい加減なれてください。オジサンは優しいよ?

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

ポゥ!!(>悲)

マイケル・ジャクソン、伝説になったね。彼は普通に年をとっておじいちゃんになって、孫に看取られながらポックリ、というキャラではなかったと思う。だって想像つかないもの。今回の突然の訃報も“伝説となるための必然”、という気がしないでもない。海外では“プレスリーは生きていた!”という有名なゴシップがあるけれど、マイケルも同じような都市伝説として今後、50年は語り継がれるんだろうね。

マイケル・ジャクソン、ゾンビになって復活!?

ゾンビなマイケル、エリア51で目撃される!?

うむ。どちらかといえば、こっちの都市伝説がしっくりくるな。

光と影に翻弄された、世界一のエンターテイナーのご冥福をお祈りします。

追記:二ヶ月ほど前にマイケルのベストDVDを買って、部屋で「スリラー」やら「今夜はビートイット」やらを懐かしく見ていたばかりだったので今回のことは驚いた。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。