スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライ麦畑で…

もしも君が、ほんとうにこの話を聞きたいんならだな、まず、僕がどこで生まれただの、年がいくつなのかだの、両親は何をしている人なのかだのチャチでくだんないことから聞いたがるかもしんないけどさ、僕にとってそんなことは、まあどうでもいいことなんだ。僕が今から話すのは、正直、君にとってほんとうにどうでもいいことかもしれない。でも、少しだけ時間をくれないか。なにそんなに時間はかからないよ。せいぜい猫が公園のはすっこでウンコをして、それにシャッシャと砂をかけてその場から立ち去るくらいの、そんな時間さ。結論からいうと、J.D.サリンジャーが死んだって話さ。ああ、サリンジャーってのは米国の作家で、ほら聞いたことあるだろう、「ライ麦畑でつかまえて」。やっこさん、その作者なんだ。最近では、ケネディ大統領暗殺犯と目されるオズワルドや、レーガン大統領を暗殺しようとしたジョン・ヒンクリー、ジョンレノンを殺したマーク・チャップマンらが愛読していたとも言われたりして、色物扱いされることもあるあの作品さ。まったくそんな与太話を誰が信じるのかね。まあ僕はわりと気に入ってる与太話だけどね。だけど僕はそんなことはお構いなしに、ルー大柴ぽく「ライ麦畑でキャチミープリーズ!」っていいたいんだけどさ。とにかくそのサリンジャーが死んだってこと。享年91歳。っていうかサリンジャーが21世紀に生きていたということがまずビックリ。この感覚ってのは50年後くらいにタモリさんが死んで、その葬式の参列者インタビューに黒柳徹子が現れて、「タモリさんのカレーライス、本当に美味しかったんですよ、それにすごくキレイで、あ、写真に撮るの忘れていましたけど」と言いながら、あのタマネギ頭からおもむろにあめ玉を取り出して、「失礼します。ちょっとノドの調子が…」などと言いながら悠然と画面からフェイドアウトしていく様を見て、みんなが「おいおい徹子、生きてたのかよ!」と画面に向かって総ツッコミをいれるようなそんな感覚なわけさ。とにかくサリンジャーが91歳まで生きていたというのは驚きなわけだけど、よく考えたら僕が彼の本、つまりライ麦畑でキャッチミープリーズ!!をまともに読んだことがないってことのほうがもしかしたら驚きかも知れない。10年以上前に一度手に取ったのだけれども、あのダラダラとした口語体やらAB型の人間を10人ほど集めて議論させている現場に突然ほおり投げられて「さあ、彼らの意見を集約してください」って言われているような絶望的な意味のわからなさがどうにもこうにも受け入れられなくてね。あれは思春期の少年の不安定な心を表していたんだろうね。でも物語に起伏がなくてさ、だから僕は彼の本はそれっきりだったわけ。でも、世間一般的にはこんな青年がグダグダと文句をブーたれて、老教授に呼ばれてその教授のあばらが浮き出た胸や白くて細い足首にげんなりしたり、地下鉄に忘れ物をしたりする話でも一般教養なわけではあるようなんだ。だから去年の11月頃に古本屋で105円の単行本を買って、今年に入ってからゆっくりと読んでいたわけ。そうこうしていたらこの訃報だったんで僕は驚いた。30歳をとうに過ぎてアラフォーと呼ばれる年となってから読む、ライ麦畑でキャッチミープリーズ!は、なんというかもの悲しい感じがそこはかとなく漂っていて、そのワケのわからなさも僕の母親がする「今日のモコ」を聞くよかはまだマシなような気もするけどね。もちろん母親はAB型で、ああモコというのは実家で飼っている犬のことなんだけど、そのモコがどれほど可愛いのかという話しを三日前の朝食のメニューから話し始める。母は、シマムラで買った500円のシャツの話や親父のおならが臭かった話しや僕が未だに独身であることを心配されたりしながら時よりモコに目を向けつつ、30分以上休み無く口を動かしてからおもむろに言うわけだ。「モコの可愛さに理由はないわよね」と。どうしようもない結論を出されて、同意を求められことになれた僕にとって、サリンジャーの文章はそれほど抵抗なく読めたんだ。いやいや、過去形じゃなくて実は今日も電車で読んでいる最中なんだけどさ。おかげで今日は一駅乗り過ごして10分ほど遅刻をしてしまったわけだけど。ちぇっ。その物語性のなさは正直、刺激的な日本の小説に慣れた僕としては今でも苦痛なわけだけどね。でもなぜなんだかついつい読んじゃうんだよ。本当だよ。そんなわけでみんなも超絶読みにくい米国文学の金字塔、ライ麦畑でキャッチミープリーズ!じゃなくて、「ライ麦畑でつかまえて」を再読してみてはどうだろうか。まあ、つまり何がいいたいかというと、サリンジャー氏のご冥福をお祈りいたしますってことなんだよね。

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

そんなこと、知ってるよ。

民主連立政権に名を連ねる国民新党の亀井静香氏が面白い発言をされました。

亀井氏「国民の相当数、冷静な判断能力ない」 
国民新党代表の亀井金融相は25日、衛星放送BS11の番組で、小沢民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件に関して「今の国民は相当数が大脳皮質で冷静に判断する能力をお持ちでない。新聞が『けしからん』と書いたりすると、その人(小沢氏)が何を言っても耳を貸さない」と述べた。(2010年1月26日00時48分 読売新聞)

つまり、『国民はマスコミの言うことを鵜呑みにするバカですよ』という発言なわけです。
この発言を聞いて、まず私が思ったのは、

(国民を)バカにするな!!

で、次に思ったことは

そんなこと、知ってるよ!!

亀井氏は名前とは裏腹にあれこれと物議を醸す発言をする御仁。個人的には嫌いな政治家なのですが、妙な正論を述べることが多々あるので困る。
でも、あなたが「冷静な判断能力がない」と言った国民の支持によって成立した与党にいるという事実を忘れちゃいませんか?あ、わかってて言ってるのかな?国民新党は別に支持されていたワケじゃないし。
ま、とりあえず外国人参政権慎重派の亀井氏なのでその件では応援してます。がんばれ静香ちゃん、国民の代表さん。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

マスコミと民主党 (長文注意)

最近になって、マスコミの民主党への風当たりが少し変わってきた。特に民主党の要となる小沢氏の疑惑に対しては一部のコメンテーター(鳥越氏など)が「検察の暴走」と揶揄する以外は、総じて小沢氏の説明責任を正している。そんな小沢氏の疑惑は興味深いがとりあえず置いておこう。
ここで触れておきたいのは、マスコミの風向きが変わったことだ。昨年夏の衆院選前の麻生叩きや安部叩きに見るように、マスコミはその偏執的な“報道”で世論を動かし民主圧勝の片棒を担いだ、というのが私の分析。マスコミは、自民政権が続くよりも民主が政権を取った方が自分たちにとって有利に働くと計算しての偏執報道ではなかったかと。

■民主に肩入れした場合のマスコミの利点
・新聞社の巨額な債務を補填する政府援助を民主党に期待した。
・電波利用料の大幅な値下げを期待できる。
・左派勢力の言論人(マスコミ)が自分たちの思想実現のため、民主党政権(旧社会党、社民党)を支持した。
・民主党から多数立候補したマスコミ関係者を当選させることでマスコミの影響力を高めたい。(実際、多くが当選)
・自民党や官僚を悪者とした報道が、視聴率アップにつながっている。


しかし、民主が政権を取り、100日以上が過ぎて想像以上に民主政権が“お花畑”であったことがわかりマスコミが焦り始めた。

■マスコミもフォロー仕切れなくなった民主党
・強烈すぎて放送できない鳩山夫人(はじめはおもしろおかしく報道していたけど最近は…)
・リーダーシップがなさすぎる鳩山総理(「人の話を聞く」「調整型」などのフォローを最近は聞かない…)
・マニフェストって何だったの?ってくらい約束を破りまくりな民主党をフォロー仕切れなくなった。
・あまりにも真っ黒だった、小沢一郎氏の存在を無視することができなくなった(小沢氏の土建業界との癒着や中韓との蜜月は自民党時代より有名だったが)


そして、いまマスコミが全く報道しないある問題がある。マスコミ自身の問題を指摘した原口総務大臣の発言。

原口総務大臣「新聞社とテレビ局のクロスオーナーシップを廃止したい」(J-CASTニュース)

2010年1月14日の原口総務大臣のこの発言は、ほぼ全てのマスコミで一切報道されていない。簡単に言うと、「テレビ朝日=朝日新聞、毎日放送=毎日新聞、よみうりテレビ=読売新聞 等」の新聞社がテレビを支配することを禁止したいと。なぜそうしたいのかというと、原口氏の言葉を借りると「プレス(新聞)と放送が密接に結びついて、言論を一色にしてしまえば、そこには多様性も、民主主義の基である批判も生まれないわけであります。これを法文化したいと考えています」ということになる。

原口氏は、世界的に見てただでさえ安いテレビ局の電波利用料をさらに値下げしたいなど、本来はマスコミ側の議員。しかし、ここにきて急にマスコミに鞭をふるい始めた。
マスコミとしては既得権益を守るためにもクロスオーナーシップの廃止は絶対に避けたいところ。しかし、日本のような新聞社と放送局がべったりな状況というのは世界的に見ても奇異であり、原口氏の言う「言論の質を高める」という理由も国民から見ると理解できるし、支持できる話である。

故にマスコミはマスコミ最大の力を行使することにした。俗に言う「報道しない自由」である。知らないことを国民は判断することはできない。問題そのものを闇に葬ることがマスコミにはできるのだ。

原口氏の実行力がいかほどのモノかは正直わからないが、おそらくクロスオーナーシップの廃止は(現状では)不可能だろう。それはマスコミが報道しない自由を行使するかに関わりなく、与党内の調整不足や他の問題が山積しているからだ。

しかし、マスコミはフォロー仕切れなくなってきた民主党と小沢氏。そして自分たちに牙を向くかもしれない民主党に対して一定の距離をとろうとし始めている。もちろんマスコミも一枚岩ではなく、たとえば「外国人参政権」を推進したい勢力などはこれからも強力に民主党をフォローし続けるだろう。が、多くの政治学者が予測している「民主党の圧勝」という夏の参院選の行方は、少しばかりわからなくなってきたと考える。私は日本国民のバランス感覚に期待して、夏の参院選では「民主の単独過半数」は難しいと考える。自民党から飛び出すであろう新党や「みんなの党」のマスコミへの露出度如何ではあるが(マスコミが取り上げれば新党やみんなの党が大躍進する)。

いよいよ国会が開幕するわけだが、民主政権誕生のため“お先棒を担いだ”マスコミがどういうポジションをとるか、注意深く観察していきたいと思う。

まあ、「外国人参政権」については、きっと「差別は恥ずかしい」「世界的に見ても参政権はあげるべき(嘘)」「これからの日本は移民政策をとらなければ立ちゆかない」「被選挙権を与えるわけでないので過剰反応すぎるのでは?」などの大合唱で法案成立を強力に推し進めるだろうけれども。 そうなったら…孫の代には日本という国、たぶんなくなるけどね。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

猫侍はいつだって真剣ですよ!!その2

「○○さんとは、シンケン交際なんですか!?」

朝のテレビ番組で芸能記者さんという珍妙な人たちが、必死に芸能人に投げかけるこの言葉。私はいつも違和感を感じる、「ズボンじゃなくてパンツ」と同等の違和感を感じるのだ。「真剣」か否かを聞く必要があるのだろうか。というか「真剣交際」ではない「交際」とはいったい何なのか。やはりここも今一度考えておきたい。

■真剣でない交際とは…?

不真面目交際 「めざましTV? チョーウザいんですけどっ!(笑)」
ヤるだけ交際 「うん、ぶっちゃけ性欲を満たしたいんで~」
実はホモだけど世間の目を誤魔化すため交際 「…(利害が一致したのよ、うふふ…)」
真剣の反対は“なまくら”だから、つまりあれかEDか、勃起不全交際 「EDが女と付き合っちゃいけねぇのかよ!?(逆ギレ)」

うわぁ…身も蓋もない「交際」ばかりですね。しかし、海老蔵さんや田村淳さんにはぜひこっちの切り口で取材してもらいたいです。

「田村さーん!アムロちゃんとは“ヤるだけ交際”じゃないんですかー!?」

うん、お茶の間に流せないな。(まあ猫侍的には願ったり叶ったりです)

余談だが、ロンブー淳さんとアムロちゃんの交際、正直どうでもいいんですが「ロンブーの企画」だったに「仁くん人形(ノーマル)」を賭けます。あ…、マコトくんも俺と同じ答えか…。

(チャラチャラボィーーーン…)ボッシュート!

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

猫侍はいつだって真剣です!! その1

「○○さんとは、シンケン交際なんですか!?」

朝のテレビ番組で芸能記者さんという珍妙な人たちが、必死に芸能人に投げかけるこの言葉。私はいつも違和感を感じる。「清純派AV女優」と同等の違和感を感じるのだ。彼らのいう「シンケン交際」とは、「結婚を前提にした交際」のことであると思われるが、それならなぜ「結婚を前提にした交際ですか?」とストレートに聞かないのだろう。「真剣な交際」、と言われても正直、意味がわからない。交際には真剣でない交際があるのだろうか。いや、もしかしたら僕らは大きな思い違いをしているのかもしれない。そこで今一度「シンケン交際」について考えてみたい。

■シンケン交際とは…?

「御命頂戴つかまつる」と真剣同士の斬り合い交際
●「あなたの剣は鞘から抜けてますか?」という下ネタ的な意味での真剣交際
●「恋人?いえ、彼女は むすめ です」という犯罪的な意味での親権交際
●「恋人?いえ、彼女は 神さま です」という宗教的な意味での神権交際
●中学に入ってから勉強と部活の両立に悩む俺。そんな時、サッカー部で活躍する憧れの先輩が教えてくれたのがコレ!一日たった15分の復習でみるみる勉強がわかるんだ!成績の上がった俺を見て、幼なじみの舞子ともちょっといい感じに…ありがとう!進研ゼミ!!な意味での進研交際


うん、シンケン交際って奥深い。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

人生という名の物語

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


さて、2010年も残すところあと360日を切ったわけですが、猫侍の新年の抱負は「自分が主人公の人生(ルビ:ものがたり)の再構築」でございます。どうにも自分の人生なのに積極性に欠け、脇役(モブ)のような存在であったと、今さらながら思うのです。そんな脇役人生から主役人生への変身!それこそが今年の抱負、みたいなー。(まあ、いまテキトーに考えたんですけどね)

そんな主人公・猫侍が一生に一度は言ってみたいセリフで、今年の“俺”をシミュレートしてみました。

【事件発生】
「!!なんてこった…!!」
「おい、しっかりしろ!いったい誰にやられたんだ!?」
「ヤツが…ヤツが来たのか!?」
「安心しろ…仇は…俺が…討つ!!(カッ!!)」

【急展開】
ヘイ!タクシー!!」
前の車を追ってくれ
釣りはいらねえ
「ここが…ヤツのアジトか…」
「ヤツめ、ギャフン!と言わせてやるからな…」

【好敵手、そして…】
「!こんなところで会うとは…奇遇だな…」
「お前もヤツを追ってここまで…」
「!?なに!奇襲!?クソったれ!
後は俺に任せろ…」
俺にかまわず先に行け!
「おっと、その続きは無事に切り抜けてからだ」
「…ふ…ようやく行ったか…俺のかわいい子猫ちゃん…」

【新生!猫サムライダー!!】
「…それじゃあ、遠慮なくいくぜ!」
豚ども…覚悟はいいか?


「変身!」(ぎにゃにゃにゃにゃにゃにゃー!!)>効果音


こんな感じの熱い一年を予想します。最後の「変身!」の後がめっさ気になりますが。私の身に何が起こったのか。

まあ、現実には「お、覚えてろよ!!」くらいの捨て台詞を言うような猫侍なんですけどねっ!今年こそはがんばりますよ!でも、ヒロインのいない物語なんてクソゲーだと思います-。そこはね、ほんとにね、どうにかしたいですよね、子猫ちゃん。

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。