スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しすぎる青い空すら

今朝、会社に行く道すがら側溝を走るネズミを見た。ふと、昔読んだダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」を思い出す。私の大のお気に入りだ。

心優しい重度の精神遅滞者の青年チャーリーが脳手術で究極の知性を得る。しかし、高度すぎる知性を持った彼は他人を見下す醜い心を持ち、他人と自分を隔てる“孤独”を知ってしまう。そんな中、彼と同じ脳手術を受けた超知能を持ったネズミのアルジャーノンが“自殺”のような形で死んでしまう。脳手術は未完成で自分がやがて元の精神遅滞者に戻ってしまうと知った青年。自分が自分ではなくなってしまうという恐怖。徐々に知性を失っていく青年。そして…

歩きながらその内容を思い出して、物語の最後の最後、心優しい青年チャーリーが、「あるじゃーのんのおはかにおはなをあげてください」と綴るという一文を思い出した途端に、会社の手前の公園で涙がダァーと流れてきて困った。

もし、自分が何もかもを失ったとしても、自分には何が残るのだろう。
チャーリーのように優しさだけは失わずにいられるのだろうか。それとも他人をうらやみ妬む醜い心だけが残るのだろうか。

心が疲れ、弱くなっているときは青い空にすら孤独を感じるね。
スポンサーサイト

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

「エリカが例えてあげる」

ちょっと旬を外して独り言。
沢尻エリカさんが復帰したね。正直、どうでもいい話なんだけど一点だけ気になったので。

沢尻さんが復帰する際、沢尻サイドはマスコミに向けて6か条の誓約書を提出したそうです。それに同意しない限りは取材を受けませんよーってことらしい。
で、マスコミは一斉にこの沢尻さんサイドの対応を大ブーイング。沢尻さんは自分に対してのマイナス情報をコントロールしようとして、さらに反発を強めた結果となったわけですな。

で、ここで問題の誓約書、一部マスコミによると「仰天要求」を見てみよう。
  
■マスコミに求めた6箇条の誓約書
1・沢尻の情報や声明を伝える場合、わい曲や、誤解を招く事を避けること。
2・情報を公開する前に、その信ぴょう性を十分確認し、根拠のない噂話は一切公開しないこと。
3・一方的か屈辱的な表現や侮辱的表現を、沢尻やその家族(先祖・子孫や配偶者を含む)に使わず、彼らの名誉を棄損するようなコメントはしないこと。
4・沢尻とその家族の私生活や、プライバシーにかかわる情報やコメントを、許可なく公開しないこと。
5・不明確、事実ではない、もしくは沢尻やその家族にとって有害な情報を公開した場合、きちんと訂正すること。
6・私有地、もしくは公衆の立ち入りが制限されている場所、もしくは私生活にて撮影された、アーティスト(沢尻)やその直系家族の映像及び画像の入手、またそれらを事務所の許可なく一方的に公開したり放送しないこと。

一読して思ったのは、「うん。常識的」ということ。正直、マスコミが沢尻サイドをバッシングする理由がわからない。沢尻サイドが言ってるのは「嘘を書かないで、プライバシーを侵害しないで」という当たり前のこと。なのに、マスコミの(というか芸能レポーター)の言い分は、「沢尻サイドは傲慢だ!」という感情論のみ。今のところ「表現の自由の侵害だ!」みたいなアホな発言がないのは、自分たちが「表現の自由」などという崇高な立場にないことを自覚しているからかな。
沢尻サイドがわざわざこのような誓約書を出してきたのは、一度痛い目を見たのと、芸能レポーターという人たちが、一般のモラルや常識から外れており、コントロールが難しいと判断したからだろう。
で、沢尻サイドの誤算は、芸能レポーターという人種は、モラルや常識はなくとも、メディアでは一定の露出機会があり、一方的に自分たちを非難できる立場にあったということ。休みの日に久しぶりに見た昼のワイドショーで、反論の機会もなく、一方的に非難される沢尻エリカさんの話題をみて、この国の“正義”や“空気”というのは、このように作られていくのだなーと、シミジミと思いました。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

「子ども手当の予算? これから考えるよ!」

子ども手当、正直、選挙対策のばらまき以外の何ものでもない世紀の愚策だと猫侍は思っているのですが、管財務大臣が面白いことを言っています。

■読売オンラインより
3月23日の閣議後の記者会見での話。管財務大臣は「マニフェスト(政権公約)通りに実行すればどのぐらいの費用がかかるか、 逆にそれが難しいとなった時に、例えばどのぐらいであれば税との関係がどうなるかなどを想定して試算する」と語った。 …

…ええええ!!?? け、計算してなかったの!?

月26,000円の子ども手当だと、防衛予算を超える5兆円規模の予算が必要とされており、有識者や自民党はそのあんまりなマニフェストの無茶を先の衆院選前から指摘していたわけですが…。まあ、マスコミはほとんど取り上げることなく、民主党のいう「埋蔵金」や「無駄削減」でどうにかなる…かもという伝え方をしてたわけです。
さあ、目先のお金と、これから訪れるかもしれない大増税(消費税率15%前後)。あなたはどちらを選択しますか。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

かわいい系でせめてみます。

あ、ブログのテーマ(背景とか)を何を血迷ったか、かわいい系にしてみました。

灰色の日常で砂を噛むような味気ない現実と、ポップな色使いと幸せなメルヘン世界。
この対比がなんとなく面白く感じたので。

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

子ども手当法案、通過!

あらら…「子ども手当法案」が衆院を通過してました。これで日本の少子化対策は前進しました!…なんて思っている人はおるまいな。
民主党、社民党、公明党らが全力をもって推進した本案、なかなかスゴイ法案ですぞ。「少子化対策や最低限の教育の保障のためなんだから少しくらい税金が増えてもしょうがないよ」と、多くの人は思っているのではないかと。
では、この「子ども手当」をもらえるのは、どんな人かというと、簡単に言えば“親が日本国に居れば”もらえます。国内に住んでいて税金を納めていれば、外国人でももらえます。つまり、親が日本に出稼ぎに来て、海外に子どもいてももらえます。親が「うちは10人子どもがいます」といってももらえます。今のところ特に審査は厳密ではありません。さらに養子や婚外子でもしっかりもらえます。

…この法案の危険が少し伝わりましたか? まだですか? では、こういうのはどうでしょう。

ある人が比較的貧しい東南アジアのある国へ行きます。小さな村の村長さんに「子どもを1000人集めて欲しい」といいます。男はその1000人の子どもたちと養子縁組したいと。村長さんや子どもたちの親は「?」な顔です。男はいいます。「カタチだけの養子でいいのだ。その代わり、あなた達には月1000円をあげます」 村長や親たちはもちろん了解しました。なぜなら彼らにとって日本円の1000円は5人家族半月分の生活費にあたるのですから。かくして男は12,000円×1,000人分、1,200万円の「子ども手当」を受け取りました。来年度は倍額になりますので、25,000円×1,000人分で、2,500万円の「子ども手当」を受け取ることができます。年間で3億円です。子ども手当が続く限り、毎年3億円です。厚労省や外務省は、現地確認をとるはずですが、今のところ詐欺的な申請とそうでない申請の区別はつけることは難しいようです。ちなみに例では1,000人の養子としましたが、これには上限もありませんので100,000人の養子でもOKです。繰り返しますが申請者は日本人である必要もありません。中国人でもブラジル人でもOKです。もちろん申請者は別に詐欺師であるとは限りません。あなたの隣にもよくいる正義感にあふれた人が、海外の恵まれない子どもたちのために、「あしながおじさん」をやろう!と思い立てばいくらでもばら撒くことができるのです。 海外に流れるお金は当初は年数億円程度でしょう。しかし、やろうと思えばいくらでも拡大解釈できる法案ですので、ここできっちりと国民が監視しなければすぐにン千億円単位のお金が海外に流れることになりかねません。当然ながらこのお金は私たちの税金で払います。仮にこのような事例が発生しますと、法案改正の話がすぐにあがると思いますが、海外の養子たちの人権問題にまで発展してしまう問題ですので、修正は非常に困難だと予想されます。 どうですか?なかなか面白い法案でしょ? でも、何故かマスコミは報道しないんだよね。どうするニッポン。

追伸:子ども手当法案も興味深いけど、民主と公明の接近も見逃せないですね!

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

怪奇!?ぬりかべ男

ユニクロ大好きなユニクラーな猫侍。下着は特にお気に入り。コットン製の柔らかいトランクスや天竺木綿の通気性の良いシャツはまとめ買いする勢い。ユニクロのパンツが無くなったら私はノーパンで過ごしますよ。そんな私ですので、普段着もユニクロを着ることが多いのですが、私服自体の数が極端に少ない。冬服は2着くらいしか持ってないんじゃないかな。そこでたまにはユニクロ以外を、とネット通販で服を買うことに挑戦。昔の不良が着てそうな黒い薄手のライダージャケットや裏地がピンクのジャンパーなどを購入。サイズはL、腕の丈の長さはばっちりなのでたぶん大丈夫だろうと。で、数日後、自宅に届きました。わーーさっそく着てみよー。

よいしょっと装着!!

…なにこれ、きっつ!?胸とかおなかとかきっつ!?苦しっ!?

もうね、パンパンなのよパンッパンッ。ネットのモデルはオシャレに着こなしていた服がね無残なくらいにふくらんでるのよ。腕の丈はぴったりなのに!胸とかおなかとかキッツキツ!なんでこんなにパンパンなの?これLサイズだよね!?うを!?屈んだら背中でピチッとか変な音がしたぞ!拷問かこれは?
きつすぎて姿勢が矯正されそうなジャンパーを脱皮するかのように脱ぎ、翌日、会社の若者にコトの顛末を話すと…。「最近の服は、少し小さめですよね」と。一瞬、無駄に気を遣わせたかと思いましたが、どうやらそうではないらしい。最近の十代、二十代はやせ形男性が多く、それにあわせて若干サイズが小さくなっているとの話。“美容サイズ”ともいうらしいがネットではあまり普及していない言葉のよう。ちなみに私のウエストの美容サイズは65cm。…こんなサイズで内臓が収まるのか?とりあえずBWHが100・80・80という寸胴ヌリカベ体型の私では若者の服はキツイということがわかりました。…もう、当分、ユニクロでいいや。 

ヌリカベ ー只ー (←ヌリカベな私を表現。兄としなかったのがボクの良心)

ヌリカベ
今日も全裸で反省する猫侍さん

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

【長文・中二病警報】ウロボロスの輪

猫侍は、電車の中ではだいたい本を読むか、音楽を聴くか、運が良ければ目の前に座る自分好みのぽっちゃり美人をガン見してその姿を網膜に焼き付ける作業に全力を注いでいたりします。しかし、本や音楽を楽しむ気にもならず、目の前に美女はなくスダレ頭のオッサンが鼻の穴に指を突っ込んでいる姿などを見るに至ってはため息一つ、『思考実験』へと旅立つのです。

ある日の思考実験。その日の議題は、「“絶対”と言える事象はあるか」
最高に中二病的な(中学二年生が考えそうな)お題です。
もう一人の自分、X君を脳内に住まわせ、対話を始めます。

これは“絶対”だって言えるモノってあるのかね?
X「そりゃあるさ!」

例えばどんなのがある? 「“死”だよ」   “死”か。 「うん、生命体であれば死は“絶対”に避けられない」 なるほど。安易に宇宙論に行かなくてよかった。 「宇宙は無限か有限かで絶対をはかるのは意味がないからね」 そうだね、現代の宇宙物理学でも有限派が有利ではあるけど理屈でしかないからね。 「思考実験としては最高に面白いんだけど今回はパスね」 うん、そうしよう。 「で、死は絶対だと思うんだけど、どう?」 うーん、宇宙には不死の生命体がいるかもってのはダメ? 「ダメ。空想の話しをし出すと宇宙論と同じように収拾がつかなくなるから」 死の定義からはじめるかい? 「心臓の停止、脳細胞への酸素供給の停止といった肉体の死の定義、および魂の存在ウンヌン…」 それもやめとこ。話しがこんがらがる。 「そっか。じゃあ一般的な肉体の死を死の定義としよう」 了解。それを踏まえて死は絶対じゃないと思うよ。 「ふむ?」 寿命を決定づけるのはなんだろう。 「テロメアだね」 そう、テロメアという遺伝子の情報が寿命を決定している。これは地球上のあらゆる生命体にある遺伝情報。イメージとしては一本の紐を考えてみると良い。時間を経ることに少しずつ紐の長さが短くなり、0になった時点で細胞分裂(新陳代謝)は出来なくなり、すべての生命体は死に至る。 「そう、だから死は絶対。遺伝レベルで組み込まれた生命の宿命」 しかしテロメアを伸ばしたり、再生したりする技術が発見されている。 「ほう…」 まだショウジョウバエレベルの話しだけど、将来は、死は克服できる可能性が高い。  「なるほど、寿命による死は絶対ではなくなるかもね」 ああ。

「じゃあさ、“愛”はどうだろう。愛は“絶対”だと思うね」 いきなり話しが飛ぶね。 「愛、愛!素晴らしいじゃないか!人を愛する心は絶対だよ!」 じゃあ、キミには愛する女性がいると仮定しよう。 「うん、川村ゆきえでいいよ」 なにその上から目線。 「白のワンピースが似合う、黒髪で色白でおっぱいの大きな川村ゆきえがボクのマイ・スイートハニーね」 無茶苦茶ワガママだなキミ。わかったよ。で、キミは彼女を愛するわけだ。何があっても。 「もちろん!」 例えば、キミの目の前に愛する川村ゆきえ以上にいい女が現れたとしても? 「もちろんだよ。ボクとゆきえとの間には10年もの交際期間があり、その間に培った二人の信頼関係は“絶対”だよ!」 …そういう設定か。でも今年24歳の彼女と交際10年というと、…犯罪ぽいよね。 「それはそれ。いいじゃないか」 うん、いいけどね。話しを進めよう。キミの現在の気持ちはよくわかった。 「うん」 でも彼女の、ゆきえちゃんの気持ちはどうだろうか? 「そりゃ、10年もの間に培った関係…」 例えば、彼女の目の前にキミよりもイケメンで、お金を持っていて、仕事が出来て、ウイットに富み、それでいてちょっとドジで母性本能をくすぐりまくり、セックスの上手な男が現れたとしよう。 「う、うん」 彼女は、ゆきえちゃんはきっとその男になびくだろう。 「そ、そんなこと!」 ない、とは言えないよね。 「う…」 人の心は移ろいやすい。キミはそのことをよく知っているはずだよ? 「…認めよう、彼女の心はボクから離れるかも知れない」 うん、しかし、それでもキミは彼女を愛している。 「そう、それでもボクは彼女を愛している!それが“絶対”だ!!」 想像してみよう。キミのスイートハニーは、キミを愛していない。キミではない誰か、超絶イケメンを愛している。キミの目の前で、キスをし、服を脱ぎ、セックスをする。キミの知らない顔で。 「………」 彼女の心は離れた。コトの最中、キミと彼女は目が合う。彼女はキミを一瞥する。キミは知っている。彼女の視線が台所で出くわしたゴキブリを見る目と同じだと言うことを。さあ、それでもキミは彼女を愛するって言えるかな。 「…それは…」 うん。 「…それは…」 ……… 「…言えない、かもしれない…」 そうだね、いえないかもしれないね。10年の信頼関係なんてあっという間にぶっ壊れてしまうモノだよ。愛なんてカタチの無いものこそ、簡単に壊れてしまうもの。 そうだろう?

「そう、だからこそ」
 そう、だからこそ。

『ボクは“絶対”を否定する。』

“絶対”を認めてしまうと言うことは、現在の状態を肯定するに他ならない。それはつまり“思考の停滞”であり、すべての終わりだ。“死”を絶対だと定義づけてしまっては、医療の進化は止まり、宇宙を“無限”もしくは“有限”とした途端に科学は探求の速度を急激に落とすだろう。そして“愛”も、自分の勝手な信頼のもと、相手も自分のことを愛しているに違いない!などと、信じ込み、愛する努力を忘れた途端に停滞し、終わりを告げる。

だからボクは、“絶対”を否定する。絶対なんて、絶対にないと。

結局、人って生き物は、答えが出るととても安心するんだ。そしてその安心感に寄りかかりすぎちゃうんだよ。だからその答えが“絶対”だと思い込むと、努力をすることを忘れてしまう、想像することを忘れてしまうんだ。その安心感、安定感ゆえに。
ボクはそれがイヤだから、常に何かを疑って、常に答えを求めて、常にそれを否定する。実に非生産的であり、生産的でもある。まったくもって中学生のような純粋さでボクは思考を繰り返す。オヤジのスダレ頭を見ながら。

電車は駅に着いた。ボクは荷物を片手に会社への道を歩く。思考は残り香のように意識の片隅にある。

…しかし、と、すると、絶対を絶対否定するということは、大きな矛盾ではないのか?絶対を否定するのに、その絶対は絶対にないというのは、つまり…いや、絶対っていうのは100%のことでそれは絶対にないけど、絶対というのは(略

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

【長文】2万人誘拐計画

2万人が知らず知らずのうちに誘拐された。私はその中の一人。私たちは電車に積まれて地下を行く。「逃げ出したら殺しますよ-」とかいう誘拐犯たち。仕方なく言うとおりに椅子に座り外を見る。すると、岩盤をくりぬくように巨大な鉄骨や光の線をむき出した幻想的とも言える地下都市の姿が見える。なんだコレは?やがて電車は駅ではなく、大きな部屋に着く。私の両親も一緒だ。ホッとする。

部屋ではマッチョなスーパーマンみたいなオヤジが満面の笑顔で、「ようこそ!」とか言ってる。誘拐してきて、ようこそもクソもないだろう。マッチョオヤジがいうには、この地下都市こそが新たな大地なんだそうだ。ふむー。すると誘拐された私たちはその新たな大地を耕す屯田兵、奴隷ってことか?

マッチョオヤジの元に手下らしき男がやってきて緊急事態を告げる。「ソバ製造器が壊れました!」「何!?」「7万人分のソバが作られています!」「何と言うことだ!?」慌てるマッチョオヤジ。よく見れば、マッチョオヤジのすぐ後ろにソバ製造器がある。ガチャコンガチャコン、とソバを打つ機械。

地下帝国はきっと食料が貴重なんだろうな。7万食分か、2万人だと1日3食で6万食か。…大騒ぎすることかね?と思いながらも慌てるマッチョに何故か好感。
「俺が見てみようか?」マッチョオヤジに声をかけるとオヤジは「すまない、老眼で小さな文字が読めないのだ」。機械を前に操作を試みようとするが、なるほど、停止スイッチらしきもが見あたらない。困った。

もしかしたら、システムに問題が? そう思った私は汽車の中にいる仲間に声をかける。「うん?じゃあ俺が見てくるよ」そういって、友人が部屋の奥へ。「それじゃあ俺は部品のチェックを」もう一人、奥の部屋へ。「それじゃあ、俺は…」そういって次々と自分たちの“なすべきことを”やりに行く友人たち。

誘拐されてきたはずなのに、これはどういう状況だろうか。そう思いつつも、うっすらと感じている。「もう、地上は、日本はダメなんだろうな。生きていくためにはこの地を開拓するしかないのだろうな」そんな漠然とした覚悟のようなものが生まれて、「さあ、じゃあ俺には何ができるのだろうか」そう口にして、目が覚めた。


まあ、久しぶりに夢のお話なんですけどね、結構、面白かったので整理して掲載。この夢は単純に解読すれば、今の現状に嫌気をさした自分が、新しい居場所を見つけたい。その場所で自分の才能を開花させたいという願望を表している。仲間たちは自分よりも一足先に自分の為すことを見つけた。さあ、自分はどうだろうか。地上(日本)に見切りをつけて私は何を思うのか。ってな夢だったんだけど、これまた何でも性的リビドーに結びつけるフロイト先生的には、こうなるのか。

フロイト先生「“誘拐”という強制的事案は、無理矢理従わせられたいというM的な願望、他人に意思決定を任せたいという楽な方向への憧れ。未完の地下帝国は、自分の中に眠る未開発な性的快感。それをマッチョオヤジが開発、つまり男色への憧れ。ソバ製造器の故障は、ソバ、つまり麺=MENの故障ということで自身の中の男性(男性機能もしくは男性像)の停滞や崩壊を意味する。ソバ製造器を直すため、続々と行動を起こす仲間たちは、男色に目覚めた先人たち。そして、この地で生きることの覚悟は、男色として生きることの覚悟。最後に口にした「俺には何ができるのだろうか」というのは、「精一杯、ご主人様にご奉仕しちゃうぞ☆ニャン」というドM的ド変態願望の現れです」って、テメー何様なんだよ!コンチクショーー!!俺がいくらモテないからってヒドすぎる!!??

うむ、月曜日から俺は何をしてるんだ? 残業、がんばりますニャン☆

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。