スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風評被害、生産者が加害者になる可能性について

日本政府はもちろん、一部の自治体や農業・漁業関係団体も放射能情報に関しては、「矮小化」「非公開」の原則を掲げはじめましたね。(もちろん大部分の生産者は誠実に対応されていると思います)

日本政府としては、特に欧州やIAEA(国際原子力機関)からのお叱りを受けてこれ以上の「被害」を「出す」わけにはいかなくなりました。普通なら被害を拡大させない対策を錬るのですが、正直、もう福島原発はいろんな意味で“突き抜けて”しまいましたので、今の政府ではやれることはもうあまり有りません。とにかく冷やして時が過ぎるのを待つだけです。なので、政府としては、これ以上の「被害」は「ない」ことにするしかないわけです。
「おいおい、それじゃ欧州やIAEAが黙ってないだろう」と思われるかもしれませんが、別に欧州やIAEAは日本国民の健康被害など気にしていません。彼らが気にしているのは原子力の平和利用です。現在、動いている原発建設や誘致活動では膨大な金銭が動きます。諸外国でも政治家やデベロッパーにとっては原発は本当にオイシイのです。なのに日本がヘマをやらかしまくるので、自国でも反原発の機運が高まりかねない。そこで日本は事態の収束はもちろん、あまり大げさな報道はしてくれるなよ?と釘をさしたいというのが彼らの本音だと思います。
なんだかテレビの報道などを見てると、IAEAが「核の管理団体」で「核の安全性や健康被害の調査」をしている「核のお目付け役」のように報道されているのだけど、IAEAが、「原発推進団体」であることをなんで報道しないんでしょ?猫侍は不思議でしょうがないです。

■参考 福島原発事故メディア・ウォッチ 様

地方自治体でもちょっと不安な動きが出てきています。農作物や漁業への被害が広がるにつれ、一部の自治体や生産者(以下、漁業者含む)から基準値の引き上げや放射能測定の停止などの声が上がっているようです。
現在、お茶の葉や牛乳、ホウレン草などの野菜、太平洋側の魚や貝類、わかめなど福島県や宮城県はもちろん、関東圏の茨木や千葉でも暫定基準値を超えたり、超えてはなくてもそれなりの数値の放射線を記録しています。そのような中、「風評被害につながるから基準値を見なおして欲しい」「生活ができないから基準値ギリギリだけど出荷する」「地元の野菜は安全だから地元小学生の給食に使おう」など、それぞれの自治体が独自の判断で市場に出すための雰囲気作りが盛り上がってきています。
一部畜産では、放射線レベルの高い地域の牛などを北海道に移住させて育てようといった計画もあるようです。一度、体内に蓄積された放射性物質は容易に排出されることはありません。それらの被災地の牛が「北海道産」として世に出回る可能性があります。
当然のことながら農業や漁業、酪農に従事する方は、今回の原発事故の被害者なのですが、生産者の生活問題と消費者の健康問題は別に考えるべきです。しかし、今のところ、生産する側のこうした行動に異を唱える報道機関はほとんどみられません。生産者の苦悩にばかり焦点を当てて、アンタッチャブルな存在にしてしまっては、消費者はもちろん、これから再起に挑まんとする生産者自身の“信用”という面からも良いことはなにもありません。

「風評被害」は、消費者が必要とする情報が正しく発信されない場合に発生するものです。そういう意味では情報の隠蔽や過小評価を繰り返す政府や、基準値の緩和などを求める自治体や生産者自身が風評被害の加害者になっているとも言えます。

一方、少ない情報を精査し、店頭に並ぶ福島産や千葉産の野菜などを手に取らないことを「風評被害」というのはいささか乱暴です。これは消費者にすれば、当然の「自己防衛」に過ぎないのです。

今回の震災や原発被害によって生活の基盤を揺るがされている生産者の方には心からお見舞いを申し上げつつ、補償金などに税金を投入する支援も猫侍は支持するのですが、なし崩し的に放射性物質に汚染された食材を市場に出したり、小学生に食材を食べさせて安全性をPRするなどというパフォーマンスには絶対に反対です。
国や自治体は、安全性に疑問がある食材は「疑わしきは流通させず」の原則を徹底し、正しい情報を国民に示すことで本当の意味での風評被害を食い止めて欲しいと思います。もちろん、生産者への最大限の補償を前提にして。
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

お漏らし系で女子力をアピール!!

先日、ネットで大変楽しい記事を紹介されました。
題して「合コンで男を落とす6つのテクニック」です。(クリックでリンク)

もう、表題だけで頭が痛くなりますが、ざっくり説明すると合コンで気に入った男子をお持ち帰りしちゃいたい(お持ち帰りされたい)女子に、そのテクニックを伝授しちゃお☆って記事らしいです(微笑)。

筆者は、「徹底的に女性の魅力を武器として男性を落としましょう。」と、女子を勇気づけ様々な超高等テクニックを披露していきます!とりあえず簡単に前座の5つを紹介。

1.太モモを触らせる
2.男性の手を握ってニギニギ
3.男性に指酒を飲ませる
4.八方美人は嫌われる / 複数に嫌われてもひとりの男をゲットせよ
5.お弁当女子で女子力アピール


(笑)これすでに合コンじゃなくてキャバクラじゃないか?3番の「指酒」が少し分かりづらいので説明すると、
「とにかく原液が濃いお酒を注文して、指を突っ込んで付着したお酒をしゃぶるように飲みましょう。 (略) あなたが落としたい男性に指を差し出して「しゃぶってみ♪」と言いましょう。美味しいかどうか聞いて「美味しい」と言ってくれたら、その男性をお持ち帰りできると思っていいでしょう。」

こええよ!!そんなオンナ!!(笑)地雷臭しかしねぇ!? 
しかし、こんなもんじゃ合コンの真の女王様にはなれません!! そう、最終手段が待っています。

6.泥酔おもらし女子


何をいってるのかわからない?うん、私もわかりませんでした(笑)。
詳細は是非、リンク先を読んでいただくとして簡単に説明すると、、、

「泥酔したふりをして、トイレの場所がわからないふりをしましょう。「ここで出ちゃったらやあよ! やあよ!」と言って、周囲をあせらせます。 (略) 落としたい男性に「トイレつれてって! 出ちゃったらやあよっ!」と言い、男性にトイレに連れてってもらいましょう。手をバタバタさせながら「やあよ! やあよ! やあよっ!」と言いながら移動すると男性はキュンとします。トイレに入る前に、「さびしんぼやあよモードだからここで待ってなきゃやあよモードだよ」と言い、男性にはトイレの前で待っていてもらいましょう。 (略) 「ねえねえ、あのなかで誰が一番かわいいと思った?」と言いましょう。もちろんあなたがカワイイと言ってくるはずなので、あとはそこで雑談を進めて男性をゲットしてください。

っすげげえええーー!?なんじゃそりゃーー!?っていうかオンナの口調が半端なくウザイィィィィ!!(笑)なんじゃ「やあよモード」って!! こんな女が目の前にいたら、いくら温厚な私でもレモンをたっぷり絞った唐揚げをその女の口に詰め込むほどの激情に駆られる自信があります。しかし、筆者は追い打ちをかけるように、さらなる超高度テクニックを披露してくれます。

「高度なテクニックですが、トイレへの移動中におしっこを漏らすという方法もあります。「アファーッ!」と声を出して立ち止まり、おしっこを漏らしつつ「アッファ~~ン! やあよ……やあよゆうたのに」と言い、ヘタりましょう。男性は驚くと思いますが、ここからがミラクル展開が開幕するのです。「やあよもー! こんなんじゃ、みんなのところに行けないよぉアッファ~~ン(涙)」と男性に言い、恥ずかしいからこのまま帰りたいと伝えましょう。」

(大爆笑)ミラクル展開過ぎるだろう!!オンナノコのセリフが微妙に関西言葉ぽいのもヒドさに拍車をかけていますね!いやスゴイ、「お漏らし女子」サイコー過ぎます!こんなオンナノコが目の前に現れたらすぐに連れて行きますよね!病院に!

それにしてもこの記事の筆者(恋愛マネジメント・エビオス嬢)さんは、大変面白い! 嬢とついてますが、この人絶対オッサンです(笑)! そもそもエビオスって…(苦笑) 確信的なネタ記事だとは分かっているのですが紹介せずにはいられませんでした。こんなナチュラルに狂った文章を書けるエビオス嬢さんには、ぜひ「尿検査」をうけて欲しい!(>褒め言葉です!)

さて、ここからは猫侍が以前発見した女子アピールを発表します。「お漏らし女子」は時代の先端を行き過ぎていますが、女子のトイレ系のアピールである種の男子がトキメイてしまうのは事実だと思われます。
そのアピールとは、「私、ちょっと便秘気味なのよね…(苦笑)」とか、「さっき食べたかき氷で下痢気味なんです…」とか、生活につながるウンコネタをサラリというのです。するとある種の男は「おっ?このオンナ面白い!!」と意外な好感度につながることがあります。もちろん、TPOは、わきまえてくださいね。食事中とかには普通にNGです。まあ、中には「ウンコ食ってる時に、食事の話をするな!」とシュールなボケをかます物好きな男もいますが。
さて、実はこの手のあっけらかんとした発言は、姉や妹がいて女性に幻想をいだいていない人や、ツンとスマしたオンナノコを敬遠する草食系男子に意外とアピールできるのです。
大概の男は女性の下ネタはドン引きするのですが、うんこおしっこは少し別、妙に親近感を覚えます。「あ、この女となら一緒に暮らしても息苦しくなさそう…」的なホッとする感情さえも芽生えたりします。お見合いならば「飾らない人柄に惚れてしまいました…」という感じですか。
もし、あなたの気になる男性が、姉妹餅だったり、強気な女性が苦手な草食系男子であるならば、このテクニックを使って、クサい仲、になれるかも♪(>ドヤ顔で)

ちなみに、上記のテクニックで「うんこおしっこ」が物理的に大好きなある種の男子が食いついてくる可能性もありますが、・・・まあ、その、頑張ってください。

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

【フィクション】 この国の終わりの始まり。

ザザザッ…こちらは--○○区役所ーー防災センターですーー

11月のある夜、私は近所の防災スピーカーから聞こえてきた硬質な男性の声で目が覚めた。枕元の時計は午前4時を回っている。

本日ーー午前4時40分ーー首相官邸からーー国民にーー

もっとよく放送を聞こうと部屋の窓を開けようとして、その手を止める。
慌てて、テレビを付ける。

なお、緊急ー放送はーーアナログテレビーーラジオでもーーお聞きになれーー

NHKではアナウンサーが緊張した面持ちで、画面の外にいるスタッフから原稿を受け取る様子が映っている。スタッフの怒号がマイクに拾われている。

「えー、皆様、落ち着いてください。現在、時刻は4時20分、…21分になりました。あと20分ほどで首相官邸より緊急記者会見が行われるとの情報が入りました。午前4時40分に首相官邸より緊急記者会見が行われるとの情報が入りました。詳しい内容が入り次第、お伝えいたしますので、そのままテレビをつけてお待ちください。」

なんとなく予想はついた。この緊急記者会見は、最悪の事態を発表し、日本にとって最悪の時代の始まりを告げるものになる。いや、日本の終わりの始まりを告げる声となるのか。

私は風呂場に行き、ざっと風呂釜を洗うと水を溜め始める。次にガムテープを使って、部屋の窓の隙間、玄関の隙間に目張りをした。

…隣の部屋の住民も動き出している気配を感じる。窓の目張りをしながら外を見てみると、白み始めた空の下、いくつもの部屋の明かりが見えた。近くの道路には父親と母親がダンボールを抱えて、パジャマ姿の子どもを車に乗せているのが見えた。耳を澄ますと別の声も聞こえてくる。

コンビニは!? 閉まってる!? どうすんだよ!!

パソコンをつけて、ネット掲示板に繋ごうとするが、繋がらない。どうやらみんな情報を求めて同じことをしているらしい。検索に「福島第一原発 ライブカメラ」と入力するもリンク先は、「503」表示が出るだけだ。そう、みんな想像はしていたのだ。こんな日が来ることを。

「時刻は4時40分を回りました。映像は…首相官邸ですね、記者会見はまだの…あ、枝野官房長官が部屋に入りました。菅総理もその後ろから入ってきました。」

報道陣のフラッシュがテレビ画面を白く染め、耳障りなシャッター音がこだまする。そして、神妙な面持ちの菅総理が、国旗に一礼し、壇上に上がる。

「えーー、こ、国民の皆様に大変重要な、大変重要なお話がございます。緊急を要する事態でしたので深夜ではありましたが、各市町村の防災無線を利用し、テレビやラジオ等の視聴のお願いを指示させていただきました。」

そんな話はいい。早く「大変重要な」話をしてくれ。

「本日、午前3時20分頃、現在、復旧作業が続けられております福島第一原発3号機にて、小規模な爆発事故が発生したとの報告を受けました。」

…3号機…プルトニウム…MOX燃料…。

「現場の作業員に負傷者が出ているという報告も受けておりますが、現在、全員の一時撤収が行われております。」

…全員撤収?それってまさか…。

「総理、全員撤収って、それじゃあ誰が原発の制御を…」

会見場の独りの記者が声を上げると、会場は怒号に満ちた。異様な光景だ。

「み、みなさん落ち着いて聞いてください。落ち着いて聞いてください。まだ発表は途中です!!」

官房長官の声が響く。ガシャガシャとパイプ椅子の蹴り倒される音とともに。

「3号機の爆発は水蒸気爆発と見られており…」

記者の怒号が響く。
「水蒸気爆発って放射能は、放射能はどうなんですか!?」


「水蒸気爆発と見られており、原子力委員会からは、…幾ばくかの放射性物質が周辺地域に降下する可能性が指摘されております。そ、その範囲は、…」

この発表の時間が嘘でないのなら、午前3時20分…その6時間後だから午前9時過ぎか…。

「放射性物質の降下範囲は、大部分は太平洋側に流れると予想されますが…」


この期に及んで希望的観測…。

「その一部は、北からの風に流され、福島県、宮城県、茨城県、栃木県、埼玉県、千葉県…」

一拍おいて総理は言った。

「東京都の…全域、静岡県、山梨県、群馬県、山形県の一部地域に」

どよめきが会場を埋める。

「現在、空間線量を各地域で測っておりますが、福島県の一部地域を除き、比較的安定した数値を…」

どこまで政府の発表する数字を信じればいいんだ…。

「ただし、これから風の流れによって先程の地域に、比較的高い数字、えー、1時間あたり15マイクロシーベルトから120マイクロシーベルトの放射線量を観測する可能性が…」

「人体には影響があるんですか!!」

若い女性記者が叫んだ。

「えー、人体にすぐに影響がある数字だとは思いませんが…」

「それは“すぐ”じゃなくて、いずれは影響が…!!」

女性記者が総理の言葉を遮るように言葉を発する。

「現在の予想では、一時的な線量の増加であり、長期的な、…被曝でなければ人体に大きな影響は…」

被曝、という言葉を言いよどむ総理は本当に正直者だ。愚かなほどに。

「政府としては、該当地域での一時的な自宅待機を要望します。政府は国民の健康を守るという立場から、当該地域にお住まいの方は、今日、明日と部屋から出ずに待機していただきたく…」

バタン!隣の家から車の荷台を閉める音が聞こえ、程なくエンジン音。さっきの親子とは別の家族が避難したのか。

「なお、該当地域からの移動は、極力避けてください。道路の渋滞が予想され…」

いつの間にか、総理は壇上から姿を消し、官房長官が話を続けていた。

「関東地方への放射性物質の降下は、事故発生から4時間から8時間後と予想され…」

つまり、もう、手遅れってことだな。3000万人以上の人間が西を目指してわずか8時間で移動することなど不可能だからだ。

「ご自宅の窓を締め、可能であればガムテープや新聞紙などを使って、隙間に目張りを…」

政府のいう毎時120マイクロシーベルトというのが、どのくらいの線量なのかは、具体的にはわからなかったが、たぶん、一時的ならば問題ないのだろう。一時的ならば。でも政府の言う“一時的な”時間ですべてが収束するとは思えない。そして降り積もる核物質は、MOX燃料の破片なのだ。半減期“わずか”二万四千年、人類史最強の毒物の破片…。万が一、吸い込んだ場合の肺ガンの発症確率は…。

私たちは、籠の鳥の実験動物として関東に居続けることになるのか。

「明日の証券取引は、停止とし…」

カーテンの隙間から朝を感じる。東の空の白さを増し、スズメたちの声が聞こえてきた。

「政府機能の一部を大阪に…」


今日もよく晴れそうだ。いつもの平和な日常の始まりとまったく変わらぬ朝の風景。だけど、そんなのは幻想だった。3月11日のあの日から、この国はすでに狂い始めていた。皆そのことに気づいていたはずなのに、気づかないふりをしていたに過ぎなかった。生活のために会社に行き、将来のために学校に行っていた。すぐ側に破滅の足音が聞こえていたのに。目に見えない悪魔が近づいていたのに。まったくよく訓練された、国民だ。自分を含めて。

「1号機、2号機、4号機については現在のところ安定しており…」
「でも、作業員はみんな避難しちゃったんでしょ!?」
「それにつきましては東電から説明していただ…」

私は台所の換気扇を即席のダンボール蓋で目張りし、流しの下にある備蓄食料を見る。…一日一食で三週間から一ヵ月ってところか?問題は水だなぁ。というか、この一ヶ月を生き延びたところで次の一ヵ月は、次の一年は、次の三年は、次の・・・。とりあえず今日と明日は強制的にお休みだ。ゆっくりと考えよう、いろいろなことを。私は窓から空を見る。そして意を決して窓を開けた。乾いた冷たい風が頬を撫でながら部屋に流れこむ。心地良い大気。私は思いっきり大きく、最後の深呼吸をした。目に見えない悪魔に冒される前の最後の大気を。さあ、窓を閉め、テレビを消し、布団を被り、再び夢のなかに落ちていこう。そう、起きたらすべてが夢であることを願って。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

【戦慄!!】ヒトカラの恐怖【旋律!!】

土曜日の午後、炊事と洗濯を終えた私は“いつものように”カラオケボックスへと足を運んだ。小一時間ほど口を動かし、ストレスを発散。その後、一週間分の食材を買いに行こう。もちろん手にはエコバック。

「いらっしゃいませ」
「独りですがいいですか?」
「はい、ではお名前とご住所を」
「…(カキカキ)…」
「ご利用時間は?」
「一時間で」
「サービスドリンクは“トマトジュース”ですね?」
「え?」
「え?」
「…」
「…」
「…はい、トマトジュースで」
「…では3番の部屋へ」
「…ありがとう」


お、覚えられてる…!! め、面が割れている…!! 私の健やかなる一週間の終わりを締めくくる独りカラオケ…!! よりによって…!! よりによって…!! うわーーーーん!!!!!

あー、あれだ、きっとあれだ、このカラオケボックスでは私が来ると、、、

「あー、また来たよ、トマト王子(苦笑)。今日もあれだ、独りであれ歌うのかな-? ユニコーンの「大迷惑」(笑)個室を独りで使う王子の方が大迷惑だっつぅーの(笑)。ああ、田原俊彦も好きだよねー、「抱きしめてトゥナイト」?「悩み事を隠すのぉ案外下手だァねぇ↑」とかキメ顔で歌うのヤメれ!(苦笑)トマト王子、年いくつなんだよ。そういえば筋肉少女帯は高音が出ないから最近あまり歌わないよなー、俺、意外と「地獄なんだわぁぁぁぁぁぁ…(ゲホゲホ…)!!!」って無理やりシャウトしてるトマト王子、気に入ってたんだけどね(17の幼いキミに問いかけるような笑顔で)。 ああ、トマト王子といえば、「津軽海峡冬景色」も外せないよな。「ヒュゥルリィィイィヒュルリィララ…」とか、小節聞かせて歌うトマト王子!最高だよな!(聞き分けのないオンナの笑顔で)ホント、年いくつなんだ? こんど受付用紙に〈年齢〉の欄も作ろっか。それにしてもトマト王子は選曲に一貫性がない!なさすぎる!! 一昔前は「天体観測」とか少しは今ぽい歌も歌っていたのに(午前二時の踏切でキミを待っていそうな笑顔で)、最近はアニソンにはまってて、サイボーグ009の「誰がために」とか、妖精帝國の「鮮血の誓い」とか歌うんだよ、あの顔で〈まじかる☆ぽかーん〉とか超ウケるんですけど!!(お口ぽかーん)あと〈ストロベリー・パニック〉の「少女迷路でつかまえて」だけは、勘弁して!勘弁して!!俺を笑い殺す気か!!(今にも地球温暖化の弊害を語りそうなあやしい笑顔で)そーいえば先週なんか魔法少女まどか☆マギカのOPとEDをセットで歌うとかどんだけまどかにはまってるんだよ!っていうか、あの顔は絶対恋愛で苦労してるな!まどマギでいうならさやか派だな!あの顔はさやか派だ!ま・ち・が・い・ないっ!!(「私ってホントバカ」っていう淋しげな笑顔で)いやまあ、俺はほむほむ派だけどな!!(「その必要はないわ」っていう顔でニヤリ)

とか、店員同士で噂し合ってるに違いない!? 俺にあだ名をつけて嘲笑っているに違いない!? 次回からはカルピスを頼む!ちょっとタンみたいのが絡むけどカルピス頼む!!…あ、そしたらあだ名は「カルピス王子」か!? うぎゃーー!?なんかAV男優みたいでいやーーー!!?? もうね、今日の俺は誘われたらジャイアンとだって喜んでカラオケボックスに行くほどの精神的ダメージを受けた! 独りカラオケの恐怖を味わった!! カラオケボックスの店員に面が割れたことによる精神的苦痛!PTSD(心的外傷後ストレス障害)確定!! いいい慰謝料と謝罪を要求する!!!

そんないつもの土曜日です。

……あ、ちなみ私は、「まどか派」なんでそこんとこシクヨロ(円環の理に導かれそうな穏やかな笑顔で)

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

犬とおまわりさん

犬を拾った。





会社帰り、駅へ急ぐ私の前を茶色い塊が走り抜けた。

!?

犬?暗い公園から飛び出してきたのは一匹の長毛種の犬。軽快な足取りで私の目の前を走り、そのまま車道へと飛び出した。

!!

幸い、車の少ない時間だったので犬はそのまま向こうへと渡り切る。

『ヲイヲイ、飼い主はなにやってんのよ!』

辺りを見渡すがそれらしい人は見当たらない。私も小走りで車道を横断し、犬の後ろに行く。リードを付けてない…。コイツ、脱走兵か…?さてどうしよう。

『…あ、このまま真っ直ぐ行くと…』

テトテトと早足で歩く犬の約80m向こうは交差点。交通量も多い。

『とりあえず保護せんと…!』

30mほど前をのんきに走る犬に追いついたのは、交差点の5m手前のラーメン屋の前。ヒョイとすくい上げる。ぜ、全力疾走キツイ…。

「ハァハァ…間に合った」
「ハッハッハッ…」

1kg程度くらいしかないと思えるヨークシャーテリア。ピンクのリボンを付けている。先程まで結構な速さで走っていたのに、抱き上げた途端におとなしくなった。

『…どうしよう』
「ハッハッハッ…」

信号機前で小脇に子犬を抱え、ハァハァいってるサラリーマン(ネクタイは猫ちゃん柄)。少し怖い絵面だ。さて、まずは飼い主がそばにいるかも知れない。というわけで、犬が飛び出してきた公園に向かう。

『誰もいない…』
「ハッハッハッ…」

節電対策で街頭がすべて消されて真っ暗な公園には、人の気配がない。
2分ほどウロウロするがやはり誰もいない。さて、…この時間だと近所の動物病院は開いてないし、まさかゲージもなしで電車に乗って家に持ち帰るわけにも行かない。うーん…。厄介な落し物だな…。あ、「落し物は交番に」。

私は公園から直線で800mほど離れた場所にある警察署を思い出した。レッツゴー!!

「……」ジッ…

ビックリするくらいおとなしい犬を抱きかかえ蒸し暑い夜を歩く。っていうかこのワンコは中々のカイロ体質だよ…腕と胸の辺りに汗が流れる。
10分程度で警察署に到着。節電対策で正面入口は開け放たれ、受付の電気は薄暗い。

「あの…犬、拾っちゃったんですが」
「犬?」
「……」ジッ…

カウンターの向こうに4人の私服警察官。みんなデカイ。みんなオッサン。

「おおっ!可愛い犬じゃないか!!」
一番、年上っぽいガタイのいいオッサンがそう言って近寄ってきた。

「……」ジッ…

ワンコは動じない。

「あー、とりあえずゲージとかないから、ダンボールで家つくろう」
「一箱だと狭い?じゃあ二箱つなげたら」
「おい、誰か水もってこい水!」

なんか私のことをほぼ無視して、勝手に動き出すオッサンたち。気がつけば宿直室に行こうとしていた私と年の変わらぬ男性などが加わって6人のオッサンどもが犬の周りに集まりだした。

「……」ジッ…

動じないなぁ。震えてもいない。ってかなんでオッサンばかり。若い婦人警官とかいないのかい?

「じゃあ拾得物の書類に必要事項明記して」
「あ、はい」

ようやく話が進んで、書類にペンを走らせる。えーと、落とし主に2割の謝礼を要求? いや、ワンコの2割の肉とかそんな猟奇的な謝礼は嫌だよ。

「あー、一番最初の権利の放棄って欄にチェック入れれば?」
書類を書き終えたと同時に受付の電話がなった。

「…はいはい。…ええ、犬が逃げた?…犬の特長は…はいはい。その犬なら多分うちで保護してますよ。ええ、はい…」

「飼い主、今から来るって。スピード解決だ」

「「「おおおお…!」」


残り5人のオッサンどもが一斉に歓声を上げた。
ああ、警察官ってやっぱり犬が好きなんだなー。やっぱり「犬のおまわりさん」だからか?ねぇ、どうなのよ?、この公権力の狗どもめ…!!

思わず声に出しそうに…、グッと飲み込む。だって、このオッサンたち妙な威圧感があるんだもん。さすがに私も余計なジョークは言わないように自粛した。

さて、すぐに来るなら直接飼い主に手渡しして気持よく帰ろうか。
受付の前でオッサンどもがかわるがわる犬を撫でまくる。

と、その時、独りのオッサン、一番年上だと思われる犬好き警官が5mほど離れた場所でしゃがんでワンコを呼ぶ。

「よーし、こっちこい!」

椅子の上にいた無口なワンコがジッとその様子を見て、そして…

ピョン!!ダダダダダッ!!!

猛スピードで開けっ放しの正面玄関から逃走!!アイツ、直角に曲がったぞ!?

「「ああああああっ、逃亡したぁ!!??」」


逃亡者
逃亡、3秒前…(ニヤリ…へへへっ、油断してやがるな・・・!)

ヒィーー!?警察署の目の前は道路!真っ青になって猛ダッシュ!!

まっまま待って、待ってって、ちょ待てよー!?(キムタク風に)

ハァハァハァ…。捕っかまぁぇたぁぁぁ!!っていうか、逃げるときはあんなに必死なのにオマエあっさり簡単につかまり過ぎだろ!?抵抗とかしないんかい!?

50mほど全力疾走して捕まえたワンコを署に持ち帰ると、全員が安堵の表情。「と、逃亡犯、確保しました…」「お疲れ様(ニカッ)」ってか顔が怖ええよ!!笑った顔でも怖ええよ!!

その後、15分ほど飼い主を待つが、中々来ない。時刻は10時を回りそう…。

「飼い主のおばあちゃん、遅いなぁ…」何気なくつぶやいた受付のオッサンの一言が私の背中を押してくれた。よし!帰ろう!!(>我ながらゲンキンすぎる。笑)

最後に受付のオッサンに抱かれた犬の顔を撫でると、ペロリペロリと私の手を舐め返してきた。うーん、オマエ、人の姿に変身して恩返しにきてもいいよ?っていうか来い。

「あ、こいつ、オトコノコだ」
え?
「ほら、オチンチンある」

抱っこされてお腹が丸出しになったワンコにポツネンとオチンチンが。

犬耳娘のご恩返しという妄想もさせてくれないのかよ。…まったく夢もキボーもありゃしないっ!!

ちなみに翌日、両足がよどよい筋肉痛になっていました。(笑)

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

しおらしくなった東電ちゃん

政府が「ホントはね、1号機、メルトダウンしちゃってた☆」と、衝撃の告白をしてから、何かタガが外れたかのように非常に怖いことをサラリ連続して発表しています。まるで、「ぜ、絶対お漏らしなんてしてないんだからねっ!?」と意地を張っていたツンツン娘が、「…本当は、少し漏らしちゃってたの…、でも、す、少しだけなんだからねっ!」とデレたかのようなしおらしっぷり。まあ、東電ちゃんがお漏らししちゃったのが放射能汚染水やら核燃料やらというのがシャレにならないのですが。

■5月16日(月)読売新聞様(クリックでリンク)
2号機、3号機もメルトダウンの可能性。

細野豪志首相補佐官は16日、政府・東電統合対策室の記者会見で、「2、3号機も(炉心の溶融が)ありうるという前提で考えたい」と述べた。

-------------
………冗談抜きで、楽しい仲間がぽぽぽぽ~ん!!するかもね。

■5月16日(月)読売新聞様(クリックでリンク)
住民が受けた放射線の推定積算量

「計画的避難区域」に指定され、避難が始まったばかりの福島県飯舘村では、原発から30kmを超える地域でも一部で20mSvを超えた。同区域指定の目安となる年間積算量の20mSvを2か月で既に超えた形だ。

 最も高い50mSv以上の積算放射線量となったのは、20キロ圏内の警戒区域にある同県双葉町と浪江町。20~30キロ圏内でも、同町の一部で50mSvを超えた。

-------------
えーと、震災前の国民の人工放射線の年間許容被曝量は、1mSvね。原子力発電従事者(妊娠可能な女性を除く)の年間許容被曝量は50mSv。
で、福島原発事故があって緊急時だからと一般人の基準値を20倍の年間20mSvにしちゃったわけです。大人も子どもも。

飯舘村では2ヵ月で20mSvですので、このままだと年間120mSvとなります。ちなみにこの数字は、「空間線量」だけですので、微細な放射性物質を吸い込んだなどによる「体内被曝」の数字は含まれていません。つまり、福島第一原発に近い人ほど体内被曝の確率が上がり、その数字も積算されることになります。

そしてさらに、子どもの場合、大人に比べて放射線の感受性が5倍程度とも言われています。つまり、飯舘村にもし子どもがいたら、すでに100mSv相当の空間線量に晒されていたことになります。繰り返しになりますがこれに「内部被曝」の数字が加わるわけですので…正直、福島原発近くに住む子どもさんは非常にヤバい状況といえます。

以前も書きましたが放射線被曝の影響は現在でもまだよくわかっていません。そのような中でも一応経験則的な基準はあって、100mSvが人の健康に確率的な影響が出ると証明されている放射線量の最低値となります。

ちなみにチェルノブイリ事故では、年被曝量が5mSvで避難勧告がでたそうです。(情報が複数あり、年被曝量10mSvとしているサイトもあります。ちなみにそのサイトでは年26mSvで避難命令だそうです)まあどちらにしても日本の基準は異常なほどユルユルなような気がします…。

さて、あれほど情報隠蔽や捏造に定評のあった政府、東電らが今になって、なぜ急にしおらしくなったのか。いろいろと理由はあると思います。不意打ちのように事故レベルをチェルノブイリ事故と同レベルのレベル7へ上げたように。

そのなかで猫侍が予想するのは、

1.そろそろ本気でヤバい状況になりそうなので、実際にコトが起きてから「情報隠蔽だ!」と糾弾されないように情報を小出しにしておこう説。別名、「メルトダウンなんて目じゃないような強烈なネタの準備中説」とも。
猫侍は、再度の水素爆発や水蒸気爆発はもちろん、3号機のプルトニウムと、ストロンチウムの放出情報が非常に非常に気になっています。

2.なんか隠蔽するのもあきちゃった…説。菅総理なんか場当たり的に言いそう。

3.東電も潰されることも国有化もないし、ボーナスも一応貰えそうだし、退職金問題もまあ、減額されるけどしっかり貰えそうだし、そろそろヤバい情報を流してもいいかな?という、最低限の保身の準備が完了したから説。

4.アメリカさんが「てめぇ!ふざけんじゃねぇよ!!」とお怒り説。

5.やっぱり誠心誠意の姿勢こそが国民に対する謝罪になるよね!と心を入れ替えた説。

…5はないな、5は。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

メルトダウン認めちゃったよ!!(三村風に)

東電があっさりと「メルトダウン(全炉心溶融)」を認めました。

東電のいう「メルトダウン」は、いわゆる「チャイナ・シンドローム」と呼ばれる溶融した燃料棒が格納容器外に漏れ出した、という状況ではないのですが燃料棒がその形を保てないドロドロの状態になって、圧力容器の底に溜まって、さらに数カ所の穴も空けてしまっているという状態。で、東電とマスコミは、「溶け出した燃料棒も冷やされているので問題はない」と発表しています。…ええっと、冷却に使った10,000トン近い強烈な汚染水の行方が気になるのですが。あとこんな状態で1号機の屋内に人はいれるの? っていうか、なんで今さら「計器に異常が!突発的な事故で今気が付きますた」みたいな小芝居をうってるのよ。

マスコミも東電に同調して、「え!?メルトダウン!?(棒読み)」とか青天の霹靂のような反応で思わず苦笑いしたよ。お前ら、メルトダウンしてたこと、ずっと前に知ってただろ(笑)だから、青山繁晴氏以外のマスコミ連中はほとんど福島第一原発には近づいてないわけで。

そもそもメルトダウンの可能性は3月12日の震災翌日に、当の経済産業省の原子力安全・保安院の中村氏がそのものズバリ指摘しています。以下、3月20日当時の「週刊ポスト」様の記事。

地震発生から菅政権は混乱の度合いを深めていった。地震発生翌日の3月12日夜、原発より先に暴発したのは、菅直人首相だった。

 その日、経済産業省原子力安全・保安院の中村幸一郎・審議官が、「(1号機の)炉心の中の燃料が溶けているとみてよい」と記者会見で明らかにした。ところが、菅首相は審議官の“更迭”を命じた。

「菅首相と枝野官房長官は、中村審議官が国民に不安を与えたと問題視し、もう会見させるなといってきた」(経産省幹部)

「国民を不安にさせた」という理由で中村氏を更迭し、問題の矮小化を図ろうとしていたわけですな。ちなみに「国民を不安にさせた」のが更迭の理由なら、菅さんや枝野さんはとっくに議員辞職ですけどね。

参考までに福島第一原発の事故を時系列で追って見ると、政府や東電、原子力保安院らが、いかにいい加減な発表を行ってきたかがわかります。「チェルノブイリとは構造が違う!メルトダウンなど絶対にありえません!」とかテレビで何度も主張していた大学のセンセイたちは、今どの面下げてテレビに出てるのでしょうね。(←原発事故の矮小化を図ろうとしたセンセイたちは現在ほとんどテレビに出てきていません。そっと息をひそめてるのね)

■2011年03月12日 14時23分18秒 GIGAZINE様
福島第一原発1号機の核燃料が溶け出た可能性(クリックで記事にリンク)

「炉心溶融は、想定されている原発事故の中で最悪の事態だ。これが進むと、爆発的な反応を引き起こして広く外部に放射能をまき散らす恐れもある」とのこと。

東京大学の関村直人教授は「燃料のごく一部が溶けて漏れ出たのだろうと思われるが、原子炉はすでに停止しているうえ、冷やされている状況だ。ほとんどの核燃料は原子炉の中におさまっているので住民には冷静な対応をお願いしたい」と話しています。

↑3月12日の午後には、一部の炉心融解(メルトダウン)を報告しています。“ほとんどの”核燃料が外に出てないので、「安全だから冷静にねー」とのこと。


■2011年03月12日 20時57分 GIGAZINE様
福島第一原発1号機爆発について、何が起きたかが判明(クリックで記事にリンク)

・枝野官房長官、「格納容器の中に原子炉はあり、格納容器に損傷はない」。
・枝野官房長官、「放射能のモニタリングも確認したが爆発前と比べても濃度は上昇していない」。
・福島第一原発の周辺の避難の範囲を半径10キロから20キロに拡大。
・海水注入を開始。



■2011年03月13日 02時12分 GIGAZINE様
現時点で、炉心溶融が進行しているという事はないとのこと(クリックで記事にリンク)

・かなりの確率で炉心が破損していると考えられるが、現時点で、炉心溶融が進行しているという事はないとのこと。

↑この「現時点で」というのがミソね。「ただちに」と一緒に使われることの多かった枝野テクニック。


■2011年03月16日 16時00 (Twitpic 川井拓也様)

東電からの追加報告。 (クリックで記事にリンク)
一号機
・冷温停止中、水位は制御範囲内で安定、外部電源は受電有
・原子炉格納容器内での冷却材漏洩なし
・圧力抑制室の平均水温は100度未満を維持


■2011年3月23日 読売新聞様 
中性子線を検出、12~14日に13回(クリックで記事にリンク)

東京電力は23日、東電福島第一原発の原子炉建屋の約1.5km西にある正門付近で、これまでに2回だけ計測されたとしていた中性子線が、12~14日に計13回検出されていた、と発表した。
観測データの計算ミスで見落としていたという。

↑強力な破壊力を誇る中性子線の観測を、計算ミスで見落としちゃう。しかも10日過ぎてからの発表。スゲー…、ド素人の私でもドン引きした事件。


■2011年4月4日 産経ニュース様
ノーベル物理学賞受賞の学者さん、言い切る。(クリックで記事にリンク)

ノーベル物理学賞を受賞した原子物理学者でもある米エネルギー省のスティーブン・チュー長官(63)は1日、米紙ニューヨーク・タイムズのインタビューに答え、「詳密なモデリング(仮説実験)の結果、(福島第1原発の)ひとつの原子炉(圧力容器)は70%損傷しており、別の原子炉の核燃料棒は33%が溶融していることが分かった」と言い切った。

↑「ああ、言い切っちゃったよ…。いや、政府も東電も、もちろん日本のマスコミもわかってたんだけどね。でもそれを大きく発表するとさ、色々と問題が出ちゃうでしょ?」って、頭を抱えた人がたくさんいたと予想します。

とりあえず1号機関連だけでもこのあり様。こんな政府、東電とマスコミなので、海外のマスメディアの記者たちはもうすでに相手にしていません。嘘ばかりつく相手に取材をしても意味がないことを彼らは知っているのです。

以下、個人的には1号機爆発映像にも負けず劣らずな衝撃的な映像。東電の海外向けの会見に出席者ゼロ!でもお役所なので出席者ゼロでも会見はやります。お役所仕事此処に極まれり!!…これ、ホラーだよ。

■4月25日 無人で開かれた外人向け保安員・東電の記者会見

そして 誰もいなくなった。(クリックで記事にリンク)

さて、事故発生から2ヵ月。テレビは過去の出来事のように伝えていた原発事故でしたが、ここに来て再び黄色信号が灯りました。猫侍的には、再度の水素爆発、水蒸気爆発が当面の問題じゃないかと。とりあえずまだ終わってないので、皆さん、情報の収集と水の確保だけはしっかりとね。

追伸:「福島原発に関する報道規制及び言論統制状態まとめ」という面白いまとめを見つけたのでリンク。クリックで記事にリンクしています。先をこされてちょっと悔しい(笑)

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

変態紳士録

皆さん、よいゴールデンウィークを過ごされましたか? 猫侍はカラオケボックスに4回、漫画喫茶に2回(6時間コース)行きましたよ!ええ、もちろん独りで。クソクソクソッ!!!

さて、そんなこんなで「みんな死んじゃえばいいのに(笑)」と、三日に一度は心の中でつぶやく猫侍ですが、いつもそんなに殺伐としているわけじゃありません。普段の猫侍は、ふわふわと柔らかな猫を愛し、甘いアイスやお菓子に目がなく、ご飯のおコゲの部分が美味しかったとか電車の席に座れたとか日常の小さな幸せに喜んだり感謝したり、電車の真向かいに座ったOL様の膝と膝の間の▼スポットが見えそうで見えないというもどかしさに思わずズズズッと背もたれにずれ込み座高を1cmでも低くしようかと涙ぐましい努力を続ける癒しの探求者であったりするわけです。そんな癒し系オッサンから本日は、ホンワカと微笑ましいニュースを一つご紹介。

大阪府の警察がメールで町の変質者情報を逐一リポートしてくれるというすばらしいメールマガジンから。

全国の安全・安心メール(クリックでリンク先へ)

04月25日19時15分頃、寝屋川市寿町14番先路上で、女子中学生が通学中「すいません、すいません」と言いながら下半身を露出した男に声をかけられるという事件が発生しました。

犯人は、30歳後半の男1名、黒色短髪、身長175cm位、中肉、緑色ジャンパー、紺色ジーパン、ショルダーバック所持。
身の危険を感じたら大声で助けを求めましょう。
発信:寝屋川


ふむ。謝ってるんだからしょうがないよね。「あいさつすればトモダチふえるね」ってテレビでも散々言ってたし。きっとトモダチが欲しかったんだよ。この変態紳士は。ぽぽぽぽーん!!

そんなホンワカニュースを見ていたら、ふと昔メモった「変態紳士録」を思い出したのでメモ帳から記載。特に「業が深いなぁ」と思ったフェチぽい変態紳士たちを列挙してみました。

・女子高生の上履きを盗みコピーしたものを見て楽しみ、逮捕。その後、今度は女子中学生の上履きを盗みコンビニでコピーし、再逮捕。←ええと、のっけからこんなんですが付いてきてくださいね。さて、上履きそのものではなく、コピーというところに変態紳士のコダワリが。

・女性宅に侵入し何も盗らずPCのスクリーンセーバーをエロ画像に変えた男。←その想像力を次世代エネルギーに使いたい。

・自分に浣腸をしてPAの排水溝に排泄を 3年間続けてた北海道の男性教諭。←せんせ、なにしてはるんですか。マーキング的なもの?

・女子中学生がランニング中、「パワーつけろよ」と言って下半身を露出しながら並走する男。←「パワーつけろよ」っていうセリフに愛を感じる。追いかけるのではなく並走というところにも。

・女子中生のヘルメットに尿のような液体をかけた37歳男、自転車のサドルも78個盗み「見て楽しんだ」と供述。←サドルフェチか。言われてみればエロいよね。笑笑で飲みながら「川村ゆきえの黒ストッキングになりてぇなぁ!」などと暴言を吐いた自分なんてとてもとても…(>謙遜)

・工事現場から約100足の地下足袋を盗んだ男。「履き古した地下足袋の臭いをかぐのが好きだった」←そいや昔飼っていた猫さんは、近所の工事現場から軍手をよくくわえて来てたなぁ。

・電車車両内にミールワームの幼虫数千匹をばら撒く男。「女の子が虫をぶちっと踏み潰す姿に興奮」←何気にもっとも背筋がゾッとした猟奇臭漂う変態紳士。潰される虫に自分を重ねていたのだろうか…。

・「おれは足フェチだ」などと言い女子中学生の左足ふくらはぎを触った公立高校1年の男子生徒(15歳)←こいつは〈足フェチ〉って言いたかっただけちゃうんか、と。本物の変態紳士は、観察→妄想という昇華システムでご飯が3杯食べられます。

・「おむつをくれませんか」と話しかけ断られ、乳児用布おむつ5枚を盗んだ無職(60歳)「赤ちゃんのおむつに興味があり、集めていた」 ←あと10年もすれば、自分もおむつのお世話になってるのに。

・約1,400枚の下着を窃盗し、お気に入りを○×で区別。鍋敷きなどにも使用。←鍋敷きか。実用本位の変態紳士です。ボクなら出会いの道具としたいですね。(ハラリ…)「あ、おじさんポッケから何か落としたよ?」「おや?失敬、これはボクのおパンティ型のハンケチーフではないですか。お嬢さん、拾っていただいたお礼にお茶でもいかがですか。(にっこり紳士)」あと、○と×の審査基準も知りたい。

・オークションで購入した女性の衣服を着て撮影、出品者に「おはよう かっちゃんです」と送信。←かっちゃん(45歳)←きれいな顔してるだろ?でも変態なんだぜ?南も悶絶。

・「つばの曲がり具合に興味があった」ので野球帽398 個、他グローブやジャージー、サッカーシューズ、テニスボール310点を盗んだ男2人。←局所的なフェチズムを持つ人間が2人も!奇跡!!

・「水を出しっぱなしにすると興奮した」ので蛇口を盗んだ男。←液体へ執着するフェチズムは結構普通だけど蛇口を盗むほどとは…。

・「請求書の名前を見ると興奮する」女性(42歳)宅から下着と水道代の請求書を盗む。←これも水フェチの一形態なのだろうか…。女性が水を使う姿を想像してハァハァ?

・下着窃盗。「とても良い体形を想像します。次は上下セットで干しておいてください」とメモを残すトラック運転手。←ドン引き。QBだって叶えらない願いがあるんだよ!

・銭湯の女湯に侵入、浴室でうたた寝、タオルが外れて御用。「私は女よ」などと容疑を否認。←どんだけリラックスしてるんだよ。とりあえず股間についてるそれが証拠さ!(ビシィ!)

・女子生徒2名に、「ルーズソックス見たら興奮したわ、ありがとう」等と声をかけ、投げキッス。←え?これで犯罪者になるの? 『おっぱい見たら元気になったわ、ありがとう!』一日一度はそんな感謝の言葉を胸にしまい込むボクはセーフだよね?


いやー、世の中いろんな性癖(フェチズム)を持つ人がいるんですねー。
こんなん見るとメガネの女性にハァハァする自分なんて、ホント可愛いもんですよね!ね!!ね!?(>キラ☆キラとした素晴らしい笑顔で同意を求める)

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。