スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【同調圧力?】クラス全員年間無欠席!!【伝説誕生?】 

個人的に疑問符が出まくっている「美談」がネットで話題になっているので捕捉。

達成なるか、クラス全員年間無欠席 東海大四高3年5組
朝日新聞社様 2012年2月26日

 札幌市南区の東海大四高校(白川裕久校長)3年5組のクラス全員35人(男子25人、女子10人)が、1年間無欠席で学舎(まなびや)を巣立とうとしている。記録達成は1964年の開校後一度あるだけで、残る登校日は29日の卒業式練習と3月1日の卒業式の2日間。学校側はこれまでの生徒の頑張りと団結の強さに拍手を送っている。

 担任の河上清孝教諭(60)によると、クラスでは昨年4月下旬、「無欠席・無遅刻・無早退」が続いたことから、クラス全体が「記録」を意識し始めた。けがをした運動部員や具合が悪そうな生徒をクラスメート同士で気づかい、携帯メールや電話で励ましあった。

 昨年9月、体調不良で欠席が確実と思われた女子生徒が登校した時は、教室内に「来た~」と歓声が響きわたり、「クラスが楽しいから来たんだよ」と女子生徒は答えた。河上教諭は「感激しました。生徒全員の心が一つにまとまっていたんでしょう」と振り返る。

 授業は1月31日に終わり、現在は家庭学習期間中。生徒たちは「クラス全員1年間無欠席」の快挙達成を目前にしながら、3月1日の卒業式を待っている。(亀山敏)


・・・ドン引きですわ、マジで。クラス全員の年間無欠席のためにクラスが一丸となってがんばります!ってな話なんだけど、なんというか日本人的な同調圧力が激しく気持ち悪い。この記事を読んで素直に「すごいなぁ!みんな頑張れ!」なんていう人がどのくらいいるのかわかりませんが、ぶっちゃけ朝日新聞社様は“わかっていて”記事にしたのかなぁとか思ったりしたりして。

で、もう少し詳細な記事を探していたら「東海大四高校 3年5組」の学級新聞(?)を見つけたので掲載。…これ、なんかの宗教か?

楽しく元気な3年5組
(サイズ大きいので注意)

この河上教祖…失礼、教諭。『「出席率100%」は担任を持てば誰もが達成したいと思うはずだ。』断言して始まります。後半に『無理矢理にに学校に来させるつもりは毛頭なかった』なんて書いてるけど、学級新聞を読むに河上教諭の『出席率100%』への偏執…失礼、情熱は隠しきれていない気がします。

この記事は河上教諭の言葉で書かれているので客観的にどうなのかはわからないのだけど、『女生徒の親からで「体調が悪く休みます」と。(略)私は朝のSHR(ショートホームルーム?)で「終わりました」と報告。皆は「は~」怒りマーク100%であった。』…河上教諭がホームルームで無念な表情で「終わりました」と報告をする姿を想像するに、この先生は生徒の健康よりも出席率100%が大切なんじゃなかろうかとの感想を持ったわけで。で、その後のクラスの「は~」が本当に『怒り100%』だったなら同調圧力ってのは本当に恐ろしいなぁと。

まあ35人もいれば、このチャレンジに疑問を持つ子もいたはずなので、この「は~」には、『これで同調圧力から解放される』と安堵していた子もいたと思いたいです。というかそういう子がいなかったら逆に不健康な気がします。「無欠席」は“目標”なら構わないけど、“目的”になっちゃうと話は違うわな。ちなみに、この体調不良の女生徒は『(略)こんなんで無理して学校来て身体壊したら誰が責任取るのさ!(略)』といいながらも学校に来るんですがね。いや、これがこの子の本音じゃね?

このあとも3年5組のチャレンジは続き、『40度近く熱があっても点滴を受けての登校』『インフルエンザか否かでの高熱の中、病院と学校を行ったり来たりした生徒(結局は風邪だったという)』などのドキドキのアクシデントを消化して、出席率100%へと邁進しているわけです。体調の悪いクラスメイトに「休むなよ!」とメールやら電話やらをかけまくって励まし合って…。うひょー、“目的”遂行のための団結かー、…これ一歩間違えばイジメやシカトの構図と同じじゃね?

正直、この河上教諭と生徒たちの関係は、第三者の僕らが窺い知れるものじゃなくて、本当に心から信頼しあえる師弟なのかもしれないので、一方的に否定しきれるものじゃないんだけど、少なくとも猫侍は、この先生が担任だったらノイローゼになる自信がありますな。

世の中には、「38度の熱くらいで休むな!」とか「親が死んでも会社に来い!」など、結構、無茶苦茶なことをいうブラックな会社もたくさんあって、こういう精神的な強要をありがたがる人も結構いるんで、ある意味、「社会人の理不尽」を先取りした教育とも言えなくもなくもない。

個人的には、卒業式当日に、猫侍のような“ひねくれ者”が、“うっかり休んじゃいました~テヘ☆ペロ♪”的なオチをいぢわるにも希望したいところです。
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

【シモネタ注意】除毛男子は女装男子!(>うまいこと言った)

お腹がかゆい…。行きつけの美熟女のいる皮膚科に行くと「猫侍さん、タイツぽいの履いてるでしょ?」「あ、ユニクロのヒートテック履いてます」「お腹のところ汗かいてちょっとした汗疹(あせも)状態よ。ま、タイツ脱いで過ごしなさいな」「あい」ということで、お薬もらってお腹に塗り塗りしてたんだけど、・・・この年になると汚い話なんだけど“腹毛”ってのが生えるのね。おへその周りにもさもさーっと(笑)。薬が塗りにくいのでヒゲソリで処理したんだけど数日経つとチクチクするのな。そのたびに剃ればいいんだけどまたチクチクするのは目に見えている。そこでネットで男の除毛について調べてみると「除毛剤」ってのがあるらしい。主に女性が足のムダ毛処理なんかに使うんだそうで。ふむ、値段も手頃だし買ってみるか。と、Amazonで男性用の泡状除毛剤を買ってみた。さっそくお腹にムシューと泡を付けて変な臭いに我慢して5分放置。ティッシュでふくとゴッソリとれました。すげー。どうやらヒゲソリで剃ると毛先が尖るからチクチクするんであって、薬剤で毛を溶かせば毛先は丸くなるのでチクチクしないとのこと。なるほどー、なかなか便利だわ。というわけで猫侍のお腹の汗疹も順調に治りましたとさ。

…というのが長い前置き。

さて、数日後の昼休み、Amazonで買い物をしようとアクセスしてみると、「あなたにおすすめの商品があります」とか「この商品を買った人はこんな商品も買っています」的な欄があって、そこにいくつもの商品がおせっかいにも自動的に表示されるんですけど、そこになぜか…、、、「オンナノコになりたい! もっともっと、オンナノコ編~」「男の娘!」「XLサイズのミニスカート」「男性用ストッキング」などなど…なかなかに素敵な商品が…。

…なるほどなー、除毛男子は、女装男子でもあるわけかー(>ドヤ顔で)。などと旨いこといいながら、何気なく男性用ストッキングの詳細を見てみると…

こ、これわ…!!

「下向き牽引用ペニストッキング(前カバー付きタイプ)Lサイズ」
(あえてリンクは貼らないのが猫侍のジャスティス)

商品説明:
もう立ちションとはおさらばです。従来にはなかった、陰茎を下向きに、長時間引き伸ばし気味に固定できる画期的なアイテムです!女性の体にあこがれ、そうなりたいと願っている、社会的性別が男性の皆様!邪魔物のペニスを、長時間下向きに、安定して股間に収納出来る保持具が開発されました。手術を、とお考えの前に、先ずは女性股間の擬似体験はいかがでしょうか。

Oh…。こ、こんなニッチな商品まで取り揃え、オススメしてくるAmazonさん恐るべし…!それにしてもこのストッキング、使用状況を説明した図も小さくてよくわからんのだけど、あれか、おティムティムを下向きに収納ってのは、つまり股間に挟むようなカタチで収納できるっていうわけか?いやだって、“普段の状態”だと普通に下向いてるよな?あとタマタマはどうすんの?あれは変に押さえつけるとヤバイだろ、つーか色々と窮屈そう…。あと邪魔者扱いされてるおティムティム、かわいそう…、おティムティムだって付く人を選べないわけだし…。それにしてもなんだな、生まれついての性ってのはどうすることもできないわけで、趣味として女装を楽しむ人はもちろん、性同一性障害を持つ人も色々と大変なんだろうな。などと、割りとまじめに社会問題にまで思いを馳せていたら、背後に気配がががが。

「・・・!」
「・・・」

「いや、これは、その、ちがうんだ」
「・・・」

「じょ、ジョソウのことを調べていたら、なんか女装のことが」
「・・・」

「いや、ジョソウじゃなくて除毛な、除毛。は、腹毛がさ、汗疹でさ…」
「・・・」

ポン、と優しくボクの肩に手を置く。そして独り頷きながら無言で去るAくん。

・・・あー、なんだ、この状況は。とりあえず女性がまた縁遠くなりそうなそんな状況なんだな。うん。

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

【ワタミ】「自殺する人間の心が弱いんだ」

居酒屋チェーン店の「和民」で働いていた26歳の女性社員が自殺しました。女性は自宅近くのマンションから飛び降りて自殺したのです。入社2ヶ月間の時間外労働時間は計約227時間。月約140時間以上ですね。連日午前4時から6時まで調理業務、午前7時間の早朝研修やらボランティア活動、リポート提出と働き詰めだったことがわかります。

このような状況踏まえ提出された遺族の労災認定を神奈川県の労働者災害補償保険審査官はようやく労災と認定しました。しかし、この認定には実に4年もの歳月がかかっています。(横須賀の労働基準監督署は労災申請を一度不支給としています)
当然、労災認定に時間がかかったのは遺族と会社の間で争議があったからだと想像できるわけですが、この和民の代表である「渡邉美樹」氏は、この女性の労災認定があった後にこのようにツィートしています。

渡邉美樹氏:労災認定の件、大変残念です。四年前のこと 昨日のことのように覚えています。彼女の精神的、肉体的負担を仲間皆で減らそうとしていました。労務管理 できていなかったとの認識は、ありません。ただ、彼女の死に対しては、限りなく残念に思っています。会社の存在目的の第一は、社員の幸せだからです

猫侍はこの渡邉氏のツィートに戦慄しました。

「彼女の精神的、肉体的負担を仲間皆で減らそうとしていました。」

もし、本当に和民という会社が、彼女をフォローしたなら月140時間の時間外労働はありえません。一体、和民はどんな支援をしたんでしょうか。もうね、実際彼女の身に起きたことと渡邉氏の口から出た話が矛盾しまくりなわけです。

「労務管理 できていなかったとの認識は、ありません。」

渡邉氏は、月140時間の時間外労働に対し、人員の増強やメンタルのサポートなどまったくしていないにもかかわらず「労務管理はできていた」というわけです。和民は大きな会社ですので渡邉氏が一人ひとりの現場社員の労務管理をすることは当然無理なわけですが、トップとして労務管理に対する姿勢や体制を作る立場にあります。しかし渡邉氏に言わせると月140時間の時間外労働は〈常識的な労働に過ぎない〉わけです。

そしてとどめの一言、「会社の存在目的の第一は、社員の幸せだからです」。…開いた口が閉まらないとはこのことです。

くわえてこの判決後に、こんなツィートも書かれています。

渡邉美樹氏:バングラデシュ 朝、五時半に、イスラムの祈りが、響き渡っています。たくさんのご指摘に、感謝します。どこまでも、誠実に、大切な社員が亡くなった事実と向き合っていきます。バングラデシュで学校をつくります。そのことは、亡くなった彼女も期待してくれていると信じています。

和民は企業のボランティア活動の一環として、バングラデシュに学校を作っているそうです。で、そのことに言及する際に、自殺した彼女に触れているのです。「死人に口なし」とはよく言ったもので、亡くなられた彼女が真に望んでいたのは、遠い異国の地の学校づくりではなく、自分たちのまともな労働環境だったのではないでしょうか。

和民という会社は、過去にもノロウィルスの隠蔽事件(2010年11月)や賃金の未払い問題(2008年6月)など、様々な問題を起こしています。しかし、経済誌やテレビ、週刊誌などでは、このような問題はほとんど取り上げられることはありません。代わりに渡邉美樹氏をカリスマ社長として成功体験や経営哲学、人生哲学ばかりが取り上げられます。そういえば、前回の都知事選では渡邉氏本人が都知事に立候補しましたね。マスコミもこぞって時代の寵児のように扱っていました。

経済的に成功した人が、本当に正しいのでしょうか。他人を幸せにできるのでしょうか。成功の陰に、苦しんでいる人や泣いている人はいないのでしょうか。猫侍はマスコミの吹聴するそんな「美談」に常に「裏」を感じてしまうひねくれた人間のようです。

最後に、自殺した女性は自殺する前にこのようなメモを残しています。

体が痛いです.
体が辛いです.
気持ちが沈みます.
早く動けません.
どうか助けて下さい.
誰か助けて下さい

願い
細く力のない、だけど整った精一杯な文字を読んで、猫侍は目頭が熱くなり、強い強い怒りを感じました。

猫侍は度々自殺に関する話をブログで扱っていますが、本当に今の日本の状況は異常だと思うのです。病苦ではなく、貧困や過労働、精神的な問題などで人が自ら命を絶つという状況。その数は3万人以上。自殺認定する検視官の絶対数の不足のせいで、実際にはその3倍以上という話もあります。誰だって本当は死にたくないのに、痛いのは嫌なのに、苦しいのは嫌なのに、そのすべてを受け入れてまで死を望むというこの国の閉塞感。「自殺するのはそいつの心が弱いからだ」などという暴論をいう人間に、「それは絶対に違う!」と真正面から言える、そんな空気の読めない人間に猫侍はいたいのですよ。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

【魔法中年】魔法少女まどか☆マギカ をいまさら感想【やはぎ★マギカ】

先日、芸人さんのおぎやはぎの矢作さんがラジオ番組の企画で視聴率が低い20代の男子の気持ちを理解するために流行りのアニメを観る、という企画がありまして、そのお題に「魔法少女まどか☆マギカ」が選ばれました。
はじめはあくまで「義務」ということで観ていた矢作さんが、あっという間に12話最終話まで鑑賞し、ガッツリハマる様子が1年前の自分を見ているようで、個人的に矢作さんの好感度が上がりまくりました(笑)。特に「俺たちがこうやって幸せに平和に暮らせているのは全部まどかのおかげなんだよ」としみじみと語り、お気に入りのキャラクターを聞かれた際の「どう考えてもほむらちゃんだよね、俺はほむらちゃん、ほむらがまぁ~、やっぱずーっとほむらだよね、ほむらが最高だよ、ほむらがねぇ~いいね、昔のほむらがいいから付き合うなら」というほむほむイチオシ発言や「11話、12話なんか泣いたっていいんじゃないかな?」という力強い言葉に大笑いしてしまいました。
homuhomu
↑矢作さん一押しのほむらさん

それはそうと、猫侍も過去ログを参照いただければ分かりますように、まどか☆マギカ(以下まどマギ)にはドハマリした人間。数回にわたりまどマギの話題を書いていたのですが過去ログを見てみたら最終話を観た時の感想をアップし忘れていたんですね。そんなわけで遅きに失した「魔法少女まどか☆マギカ 感想」をアップしたいと思います。

-------
懲りずに「魔法少女 まどか☆マギカ」の話題でございます!

さて、猫侍も最終回はしっかりと全裸視聴したわけですけど、広げた大風呂敷をどう畳むのか、とても興味深かったのです。で、見終わった第一声は「円環の理(ことわり)すっげー!!」でした(>意味不明で意味深長)。いやもうね、エライ作品ですわ、ホンマに。
視聴者にあえて議論の余地を残しつつ(エヴァのそれよりずっと理解できる範囲で)、それでも物語としてしっかりと完結してくれました。本当に毎週いいところで次回へ!となるので、次の放送が待ち遠しくて待ち遠しくて(笑)。

ごくごく普通の女子中学生である鹿目まどかちゃんが導き出した、「魂」と引き換えにしても叶えたかった「奇跡」は、SF好きなら予想範囲内だったかもしれないけど、それでも全12話のアニメという媒体で、しかも「魔法少女」というタイトルからは想像もつかないようなハードな幕引きは賞賛に値するかと。

潰れた饅頭みたいな可愛いキャラクター(もうこのキャラデザしか考えられない!)、印象的な音楽(荘厳で物悲しく血湧き肉躍る!)、不気味で斬新な演出(別名イヌカレー空間)、声優さんの熱演(10話で泣かされた)、物語が進むごとに魔法→SF→宗教と切り口が変わり、視聴者を飽きさせない脚本など、エンターテイメントにあふれた作品だと思います。視聴者に超絶に嫌悪されつつ愛されるという「キュゥべえ」という非常に特異なキャラクターもアニメ史上に名を刻んだと思います。放映終了後もたびたび新聞や文芸誌に取り上げられるのも当然だわなぁ、と。それだけのインパクトがありました。

それにしてもはじめ観たときは、「どうせロリロリな魔法少女たちが仲良くキャッキャウフフする萌アニメなんでしょ?」と別の作業をしながら片手間で観ていたのに、第一話の途中から「あれ?なんだこの世界?」と魔女空間の造形美に目を奪われ、第三話のマミ先輩の衝撃的なラストシーンで「おいおい!マジかよ!?こんなのってないよ!?」と夜中に思わず立ち上がってしまうほどのストーリーの巧みさはハンパないです。

「魔法少女」なんていうぬるーいタイトルといかにもなキャラデザなので、普通の大人は進んで観ようとは思わないかもしれませんが、それはちょっともったいない。特に演劇が好きな人は思わず唸るような演出や造形、BGMが盛りだくさんですので、ツタヤやGEOがお近くにある人は、勇気を出して視聴することをオススメします。その際には矢作さんがツタヤで実践した「あー、魔法少女?まどなんとか、とかいうの?なんか話題の、まど…なんとかあるかなぁ?」などと『友人に薦められてイヤイヤながら借りに来ました』という体でどうぞ(笑)。というか私の周りには「まどマギ談義」を熱く語れる人がいないから寂しいのです(笑)。

猫侍の過去ログ「まどマギ リンク」(クリックでGO)
2011/02/13(02:02) : 日想 : 魔法少女まどか☆マギカ

2011/02/18(18:37) : 日想 : 魔法少女まどか☆マギカ が売ってない。

2011/02/19(02:40) : 日想 : 魔法少女まどか☆マギカ で胃が痛い。

2011/04/20(18:39) : 日想 : まどか☆マギカ を 全裸☆正座 で 


★魔法少女まどか☆マギカ公式サイト リンク
TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

【自殺予防】「GKB47宣言!」が国会に取り上げられて…。

GKB47の件が国会でも取り上げられました。

GKB47宣言は不適切?…首相「私も違和感」
読売新聞様 2月6日(月)20時6分配信

 参院予算委員会の石井一委員長は6日の予算委で、内閣府が3月の自殺対策強化月間のキャッチフレーズに決めた「あなたもGKB47宣言!」について、委員長としては異例の「見直し要請」を政府に行った。
(中略)民主党の松浦大悟氏は6日の予算委で「(人気アイドルグループの)『AKB48』をもじったものだ。人の生死と向き合う自殺対策の言葉としては不適切だ」と指摘。松浦氏によると、自殺対策に取り組む全国の72団体が、このキャッチフレーズに反対しているという。

 これに対し、自殺対策を所管する岡田副総理は「(キャッチフレーズは)昨年11月に決まったことだ。与党(の一員)なのだから、決定前に意見を言う機会があったのではないか」と突き放した。

 しかし、石井委員長は「松浦氏の主張は非常に胸に迫るものがある」として、政府側に見直しを要請。野田首相も「私も率直に言うと違和感を感じた」と松浦、石井氏側に同調した
------


前回のブログでも書きましたが、このキャッチフレーズ自体は正直、私も良いものとは思いません。でも、自殺をしようとする当人よりもその周辺にいる人達へのメッセージとしては間違いじゃないです。真面目に「自殺を止めましょう」なんて広告表現、いったい誰が気に止めるんですか。国会議員様は「自殺を考えている人」向けのメッセージだと勘違いしているようですが。

ポスターの絵面を見ていないのでなんとも言えない部分もあるけど、やはり広告表現は「みられてナンボ」なんです。人の記憶に残ってはじめて意味があるんです。100人が100人納得する表現なんてありゃしない、記憶に残る表現は時としてお行儀が悪かったり、ひとりよがりだったりもするんですが、そういうことも含めて広告ってのは見る人によっていろんな意見があって然るべきだし、否定的な意見を含め、話題になることは決して悪いことじゃないと思います。

でもね、権力を持つ国会議員様がひとつの表現に対して「けしからんから見直そう」などと言うのは別の話。猫侍的には“表現への挑戦”とすら感じます。また、一連の国会の動きには、『叩きやすそうだから叩いておこう』『みんなもそう思うでしょ?正しいことを言ってる俺様カッケー!』という議員様方の腹の中がミエミエで猫侍は本当に気分が悪いです。

そもそもこの人たちは国政の場で何を言ってるんでしょうか?国会は一日開くのに1億円ほどの運営費がかかると言われています。この貴重な税金を使った場で「キャッチフレーズがけしからん!」て。他にやることあるんじゃないの?自殺する若者は国が定めたキャッチフレーズなんてどうでもいいと思っているはずだよ?それより、この異常な閉塞感をどうにかしようよ。クソ安い賃金で奴隷のように働かされる現状にメスを入れてくれよ。それ以前に数少ない就職先になんで外国人が国の税金まで使って優遇されて入ってくるの。アホなのバカなの死ぬの?

民主党の松浦氏も何を言ってるの?「人の生死と向き合う自殺対策の言葉として不適切だ」って。こういう耳さわりのいい言葉で正論を述べて本人はさぞ満足だと思いますが、この方はいままで自殺対策に何をしてきたんでしょう。人の生死がかかるキャッチフレーズは、もっと真面目でもっと心に響く言葉がいいのでしょうか。あのね、正論過ぎる言葉って誰も見向きもしないんですよ。誰も見てもらえない言葉にはなんの力もないんですよ。そもそもキャッチフレーズ一つで自殺を止められるなら世の中もっとハッピーですよ。

岡田氏も何言ってるの?「(キャッチフレーズは)昨年11月に決まったことだ。与党(の一員)なのだから、決定前に意見を言う機会があったのではないか」て。あのね、日本にこういったポスターやCMを作っている役人の天下り先である外郭団体がいったいいくつあると思っているの?それらの団体が年間につくるポスターやら冊子は50や100じゃないよ?国会議員様は卓越したセンスでこれらすべてのキャッチフレーズやら広告表現やらを審査してくださるっていうの?あんたら議員はもっとやるべきことがあるんじゃないの?

猫侍はあまりブログでは汚い言葉は使わないようにしているつもりなんですが(おっぱいとかはいうけど)、ちょっといいたいわ。

「うっせーボケ!他にやることあるだろうが!!!」

近年、国会における「クイズ大会」を見て、この人たち本当に国の代表なの?と常々疑問に思っていたのですが、やっぱこの人たちじゃ日本を変えられないわ。この国難の時期にこんなアホな話やコーヒーを飲む飲まないやらでやいのやいの言ってるんだもん…。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

黒猫 「ヨッシャ!ワシが泣き止ませるわ!…ほらな!(ドヤッ!)」

ちょっとヤバイくらいに素敵な映像を知ったのでご紹介。

グズる赤ちゃんを黒猫さんが魔法の「ペシ」でスヤスヤにする映像です。

Cat soothing crying baby to sleep - too cute!
http://youtu.be/PWXigjFm4TM

どうよ?ニヤニヤが止まらんでしょ?黒猫さんが「ペシ!」とした後、赤ちゃんはあっという間に夢の中…。黒猫さんが最後に素晴らしい“ドヤ顔”を見せてくれるのにも注目です!

黒猫って西洋では不吉だとか言われてるけど、不思議と気性が穏やかで頭のいい子が多いって印象。どんな猫もかわいけど黒猫と鯖トラ(お腹白)は別格だなぁ…(ウットリ…)。

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。