スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爺さんが死んだ。 「一杯やろうか?」

爺さんが死んだ。老人用の医療施設に入院して4年、ポックリ逝った。

当日の昼まで元気だったらしいが、いきなり意識が混濁し、あっという間に逝ったらしい。夜中の1時に親父から電話で知らされて驚いた。

正直、爺さんの思い出といっても、アル中になって料理酒にまで手を出している姿や、強迫観念から部屋中のコンセントを抜く姿、「俺の財産を盗もうとする奴がいる!」とありもしない資産を守るため他人を罵る姿、そういうあまり思い出したくない姿ばかりが脳裏に浮かぶ。

病院に入院してからも、悲惨な姿の記憶しかない。まだらボケが始まり、正常と混濁を繰り返す意識の中で話す意味のない言葉、泳ぐことすらしない濁った目、寝たきりでガリガリにやせ細った胸、なのに胃ろうのせいで必要十分な栄養を与えられ妙に艶やかな肌。意識と肉体のアンバランスが見せるある種、グロテスクとも言える生(せい)。

爺さんが死んで改めて思う。人間の尊厳というものを。

以前にもブログで取り上げたのだが、長生きがよいこと、という価値観は見なおすべきだと思う。「健康な」という但し書きが付かぬ限り、ただ長生きするだけでは、人は人らしく死ねないのではないだろうか。爺さんの死は、あまりにも不自然に長引かされたせいか、爺さんのカタチをした“モノ”が“止まった”かのような錯覚すら覚えるのだ。

大好きな酒を取り上げられ、ベッドの上で拘束され、管を通した流動食を直接胃に流し込まれ、おむつの中で垂れ流しという状態で4年もの時を過ごした爺さんを想う。果たして、爺さんは幸せだったのだろうか。

実の父を送った母は言葉を濁したが、私と父は、「可哀想なことをした」と自責の念を口にした。爺さんをこの真っ白で変化のない牢獄につないだ張本人たちがいうには余りにも無責任に思える言葉。しかし、そんな当事者に言い訳の機会を与えてくれるのなら、「当時の状況から入院は仕方なかった」のだ。そして、想像以上に「寝たきり」というのが壮絶であったということだ。

子どもの頃、浦賀の山で虫取りをやった姿、一緒に海釣りをした姿、庭で飼っていたお猿のミミと遊ぶ姿、一緒にファミコンのテトリスをする姿。そういう温かい思い出すらも悲しい思い出が上書きしてしまう老人の末期医療のあり方は、超高齢化社会を迎えている日本において、一刻も早く変える必要があると思う。

人間の尊厳と寿命。難しい問題だが、私はより自然な「死」を肯定したい。管につながれて不自然に生かされている状態より、老衰でサボり始めた内臓が食べ物を受け付けなくなり、体から活力が失われ、徐々に、徐々に、しぼむように命が小さくなり、呼吸が浅くなり、やがてろうそくの炎が消えるように旅に出るーーそれが理想のような気がする。

何十年後かに必ず訪れる自身の死を思い、その時、あの世で会うかもしれない爺さんにかける言葉を考える。

「あの時は済まなかったね。それじゃあとりあえず、一杯やろうか?」


過去記事:メメントモリ 人間の尊厳
http://nekosamurai00.blog25.fc2.com/blog-entry-317.html
スポンサーサイト

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

【冤罪】 PC遠隔操作と警察 【断罪】

世間ではあまり話題になってないけど、「PC遠隔操作事件」による無実の被害者の話は怖いねぇ。
簡単に書くと、殺人や飛行機の爆破をネットやメールで予告したとされる42歳のアニメ演出家の人が実は誤認逮捕でしたって話。警察は当初、男性のパソコンからメールが発信された、として逮捕したわけだけど、よくよく調べてみたら男性のパソコンにはネットを経由して第三者が男性を騙って操作できるウィルスが仕込まれていたことがわかったと。この事件の背景、色々と考えさせられて怖い。あまりに色々怖いので羅列するわ。

1.「被疑者」の段階で実名報道。

男性はオタの間では割と有名なアニメ演出家ということで、ネット界隈ではすぐに話題に。ネット上では早くからウィルスによる第三者による「なりすまし」の可能性が語れていて、「冤罪では?」という声も多かった。でも警察もマスコミも「被疑者」の段階で実名発表。おいおい、嫌疑が固まる前にいいのかよ。これ、普通のサラリーマンだったら実名報道の段階で「人生終了」ですぜ。男性は「アニメ演出家」といういわゆる手に職がある人だから嫌疑が晴れたらすぐに職に復帰できると思うけどね。それだけが不幸中の幸いだね。

2.なりすましウィルスの恐怖。
実はネットでのなりすましの危険性はずーーっと前からいわれていて、その方法もウィルスだけじゃなくて、OS(windowsなど)のセキュリティの脆弱性を狙ったハッキングや無線LANを経由した不正アクセスなども。私も一応、フリーのウィルス検索ソフトやファイアーウォールと言われる不正アクセスを遮断するソフトは入れているけど安心できない。ある日突然、自分のパソコンから犯行予告、なんてシャレにならんよ。

3.警察の横暴がマジでヤバイ。
今回、これが一番ヤバイんじゃないの?実は「なりすまし」の犯行予告は、演出家の男性だけじゃなくて、複数の人間が嫌疑をかけられて勾留されています。
(A)小学校における殺人予告をしたとして明大生(19)を逮捕
(B)幼稚園における殺人予告やタレントの殺人予告をしたとして福岡県の男性(28)を逮捕
(C)伊勢神宮の爆破予告をしたとして三重県の男性(28)を逮捕。

この3人の方が「冤罪」での誤認逮捕といわれてる。3人とも逮捕当初から犯行を否認していたんだけど警察は聴く耳を持たないで長期に勾留し、なんと(A)の19歳大学生は、「楽しそうな小学生を見て、自分にない生き生きとしたものを感じ、困らせてやろうと思った」と容疑を認める供述をし、家裁に送られて保護観察処分を下されています。えらく具体的な供述ですなー、まるで誰かの作文を読まされたかのような(>棒読)。さらに(B)28歳男性も容疑を認めています。
つまりですな、警察の取り調べの過程で、「罪を犯していない人間が、罪を認めた」わけですわ。 で、一度でも罪を認めたような供述をしちゃうとその後に誤認逮捕だとわかっても、「実は19歳男性も28歳男性も本当はやったんじゃない?」などと、世間からあらぬ疑いをかけられ人生しゅーりょー。

「やってないならやってないって言い張るべき!」なんて、いう人もいるけど、実際、警察の取り調べって本当にえげつないといわれています。

無実を主張する人間に対する警察の取り調べの一例として、youtubeを一本紹介。


「お前のことやぞぉ!?うぉおい!うぉお前のことやぞぉ! おぉぉい!」
「赤ちゃんみたいな目しやがって」
「お前の関係してるところ全部ガサ(捜索)いくぞお前?脅しやないで」
「お前の家にも行くわ全部。お前の実家も全部行くぞ」
「お前の家族が何回便所の水を流したか全部調べたるぞ」
「お前の人生めちゃくちゃにしたるわ」

これ全部、正義の味方、一般人の味方、警察の内部で行われている捜査です。でも警察様は、「捜査は適正でした」でしゅーりょー。

取調室という完全に第三者の目のない個室に閉じこめられて、国家権力という絶大な力をもった警察官が入れ替わり立ち代り、罵声を浴びせられる日々。罪を認めなければ勾留は延々と続きます。出口なんてないんです。政治家やら街の名士でもない普通の一般人には。

私はかねてから、死刑制度に反対だったり、取調室の可視化に賛成だったりするんだけど、意外と世間では理解されないのね。「犯罪者を取り締まるためには多少の間違いは仕方ない」とかなんとか、他人事みたいに。
でも、今回の事件のように第三者の悪意で何もしていない人が犯罪者に仕立て上げられることは事実として存在するし、一度、「容疑者」のレッテルを貼られたら社会的に抹殺されかねないのが我が国ニッポンなわけです。

冤罪を故意に作ることは今回の事件もそうだけど結構簡単なのよ。小遣いが欲しい女子高生に金を渡して、気に入らないヤツに電車で近づいてもらい、「このヒト痴漢です!」って一言叫べば、痴漢にされた男は人生しゅーりょー。気に入らないヤツのカバンの中にロリ写真を忍ばして、警察に匿名で「◯◯ってヤツが児童ポルノを所有しています」って密告すれば、人生しゅーりょー。(事前調査やらの過程をすっ飛ばした仮定の話ですよ)。町で警察官の職質を無視していこうとして、警官の肩にちょっとでも触れたら公務執行妨害で人生しゅーりょー(「転び公妨」ってヤツですね)。

私的には検察側にベッタリで三権分立をちょっと履き違えている最近の警察のあり方や、権力を傘にきた見せしめ的な逮捕や見当違いな見込み捜査の多さを非常に懸念しているわけですわ。やはり権力を持つ側にはそれなりに襟を正してもらわないと。そんなわけで、世間はもっと国家権力とネット犯罪の恐ろしさを知るべきだと思います!(小学生並の感想で締めてみる)

資料1:PC遠隔操作の恐怖(上) 発信元偽装 想定外の壁
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121017/crm12101700250001-n1.htm

資料2:<PC遠隔操作>警視庁 福岡の男性再聴取へ 誤認逮捕か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121017-00000011-mai-soci

■参考にした大阪府警の取調べの様子が、削除されていたので、文字起こし。以下の追記「続きを読む」で。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

おい、「まどか☆マギカ」、映画やってるじゃねーかよ!

やだー、いつの間にかに9月が終わってるじゃないですかー!とうとう夏休みがとれなかったじゃないですかー!!んで、「魔法少女まどか☆マギカ 劇場版(前編/後編)」が公開してるじゃないですかー!!

「魔法少女まどか☆マギカ 劇場版(前編/後編)」は、テレビ放映された内容を一部改定した前編120分、後半90分のアニメ。なので結末はわかっている。でもしかしそれでも、観たいなー、「魔法少女まどか☆マギカ 劇場版(前編/後編)」

でも、「独りぼっちは寂しいもんな…」、ですよねー。

こういう時にホント、カノジョがいたらなぁー、などと妄想しちゃいますね。一緒に映画観て、その後、食事でもしながら感想を言い合うってステキですよねー。

俺「いやー、キュゥべえの営業トークは劇場でも冴え渡ってたね!」
女「はじめはぬいぐるみぽくてカワイイって思ってたのに…」
俺「あのギャップがたまらないよ」
女「ほら、あのキメ台詞。『ボクと契約して魔法少女になってよ!』だっけ?思い出すだけで鳥肌が…」
俺「ねぇ、まどかちゃん…」
ま「?なぁに?」
俺「僕と契約して、猫侍女房になってよ…」
ま「え?」
俺「…」
ま「それってもしかして…」
俺「うん。プロポーズ」
ま「…私、あなたの、猫侍女房になる!」
俺「!!奇跡も、魔法も、あるんだよ!!!」


なんてなああぁぁぁぁあぁ!?!?おいおい、俺のまどかちゃん可愛すぎだろ!!そりゃアルティメットでハイパーまどかビームだわ!!ウェィヒヒヒヒ!!(>笑い声)

だが、しかし、俺よ、リアルに戻れ。現実に戻って来い。ウェルカム トゥ リアル・ワールド。(真顔で)

カノジョは2次元の存在!さらにまだ中学生!!なのに俺はムッチムチな巨乳好き!しかしながら俺には3次元の出会いがない!!そんなツライ現実に、俺のソウルジェムがますますドス黒く濁りまくりますなぁ!?この濁りは重曹使ったって落ちやしないぜ!!(>独身なのに主婦の知恵)

そんなわけで、ボクのこの口惜しい気持ちは「八つ当たりエネルギー(負)」に換えたいと思います。具体的には、映画館のカップルに、『部屋を出て駅についた途端に「あれ?鍵閉めたかな?」とか「エアコン消したかな?」とか気になってしょうがなくなる』という魔男の呪いをかけておきたいと思います。あ、『冷蔵庫を開けると必ず卵置き場に陰毛が一本落ちている』っていう呪いでもいいなぁ。うふふ。

そんなことを考えながら、ボクの休日の夜は更けていく…。

★魔法少女まどか☆マギカ公式サイト リンク
TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

【妄想】OL様とパン屋さん【爆発】

あ、ども。最近ヨガにはまりつつある猫侍です。

少し前の話になるのだけど、公園で独り、弁当を食べていたのですよ。ちなみに480円の幕の内弁当ね。50円の割引券を持ってたので430円ですよ、ワオ!お得!

で、黙々と妙に脂っぽいきんぴらゴボウを食べていると、公園の前に聞きなれたBGMとともに移動パン屋さんが停まったのね。で、「焼きたてのパンはいかがですかー」とかスピーカーから流れているわけ。それを公園の人妻たち・・ゴクリ…いや、奥様方が、子どもたちのオヤツなのかなー、パンを買って行くのをほほえましく思いながら見ていたのね。あの奥さん色ッペーなーとか、パンツの線が見えてるなーとかは一切考えずに。純粋にほほえましく、見てたのね。そりゃもう善良な一般市民として。

で、10分くらいかな?パン屋さんはまた移動を開始するために車にエンジンをかけたのよ。と、同時くらいかな、二人のOLさんが公園内を小走りでやってきた。息を切らせながらね。ああ、ザンネンだけど、間に合わないなー。とか思いながらやけに脂身の多いから揚げを口に運んでいたら、OLさんの一人が大声で叫んだのよ。

「はぁはぁ、ま、待って、いかないで~」

「はぁはぁ、あああっ・・・い、いっちゃうの~?少しだけまって~」

「ああっ!い、いっちゃうの?だめ、いっちゃ、、いっちゃ…らめぇ~!?」

紺色のタイトなスカートの制服を着たOL様が。ピンクのカーディガン羽織ったOL様が。やけにデカイ財布を小脇に抱えたOL様が。叫ぶわけですよ。 息も絶え絶えに叫ぶのですよ! 公衆の面前で! いろいろと持て余しているボクの前で!? うわわわわぁ!?あのやけにデカイ財布にはきっと男の夢と希望と妄想が詰まっているのですよー!? そんな心の叫びとは関係なく、無常にもパン屋さんはイッてしまわれました。ボクは公園の雀にご飯粒を投げ与え、「午後も張り切ってイくぞ(ニッコリ)」と、気持ちも新たに爽やかな笑顔で公園を後にするのでした。

追伸:ボク、ちょっと疲れているかもしれません。今宵はジムでヨガってきます。

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

「苦労は買ってでもしろ」という格言に潜む嘘と欺瞞

「苦労は買ってでもしろ」っていう格言、猫侍はいつも疑問に思うのです。
だって、この格言は資本家、経営者の側から発せられた洗脳キーワードにしか思えないから。

「若いうちは苦労は将来のためになる」という意味を言いたければ、そういえばいいのに何で「苦労を買ってまでする」必要があるのん? 若いうちに壁にぶつかりそれを乗り越えることで一皮むけるってのは実際あることなんだけど、その苦労に対する「報酬」を放棄することが尊いって?むしろ買ってでもしろって?アホか。

社会に出ると資本家でも経営者でもない人間が、まんまとこのキーワードに洗脳され、「時間ないけど土日出社すればできるよね?若いうちは苦労は買ってでもするものだよ」なんてしたり顔で言いやがります。しかも金曜日の夕方とかにね(笑)。で、土日は休みたい、なんていうものなら、すごく怪訝そうに、もしくは激怒されるわけです。「お前は仕事を何だと思っているんだ!」と。んなの、9割方、飯(オマンマ)食うために決まってるじゃねーか(笑)。

別にすべての会社での不条理を断固拒否する!なんてことは言わないよ?私だって資本主義社会に生きるサラリーマンだからね。月に1、2回の休日出社くらいなら従事するさ。でもさ、それが月5日土日を潰してでも仕事を完了させろ!代休はなし!しかも給料は据え置きで!っていうなら話は別じゃん。そうなったら会社に対してスケジュールの管理ミスを指摘したり、報酬への上乗せを交渉したりするべきじゃね?度を越した要求に対してはやんわりと拒否してもいいと思うんだよね。少なくとも私は、納得出来ないなら会社側に不満を表明し、改善策を提示している。嫌な顔されるし、それが受け入れられることはほぼないとしても。

でも私のこういう理屈や態度は、日本の社会一般では否定的に捉えられることが多い。「子供っぽい」とか「社会人としてなってない」とか「責任感がない」とか言われてね。私は日本が大好きなんだけど、実はこういう過度な同調圧力とか自己犠牲とか洗脳されちゃった人とかは正直、苦手。空気を読みすぎる社会が正直、嫌い。「KY」とか何様じゃボケ。俺はB型なんじゃい。

どう考えても無茶な仕事の話になると、「責任感」とか「社会常識」とか「我慢してるのはお前だけじゃない」とか、もっともらしい言葉を振り回しちゃう人はさ、会社側の無茶な要求を受け入れる代わりに、心を壊したり、過労死したり、自殺したりする人のことどう思ってるのよ? やっぱ「自己責任でござい」ってシレっと言ったりするわけ?
たかが上司にきつく言われたからって嫌々ながら必死こいて徹夜したり、土日に出社したり、時給計算でマックのバイトより薄給なのに文句一つつけない人はさ、「自分はただ言われたことを諾々と引き受けるだけの奴隷でござい」って宣言してるもんじゃないの?

そりゃどっちも悲しすぎるじゃないの…。

だからさ、特に若い人にはもう一度考えて欲しいのよ。
「苦労は買ってでもするべき」って言葉の嘘と欺瞞に。

最後に、この世界で働くすべての人へ。
とりあえず自分の心と体をいたわってあげて。
お願いだから“たかが”仕事くらいで死んじゃわないでくれよ。
そんで、空気なんて読まず、元気に行こうぜ!!

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。