スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オッサンの】 電車で化粧をする女性に言いたいこと 【主張】

あのね、電車の中で化粧をする女性に言いたい。一言、言いたい。

まあ、個人的には粉物をパタパタするんじゃない限り、別に電車での化粧は気にならない。アイラインを入れる鉛筆が電車の揺れで目に刺さるんじゃないかとヒヤヒヤするけど。

でもね、だけどね、やっぱりね、……〈アイプチ〉を人前で装着するのだけはやめて欲しい。

今月で2度目だよ、目の前でアイプチを使ってパッチリ二重に〈変身〉する女性を見たのは!? 眉のないセミロングの女性が15分ほどできゃりーぱにゅぱにゅの一歩手間にまで変身する様は、まさに魔法(マジック)!スゴイよ、確かにスゴイ! でもさ、男の前で変身しないでよ!フリーザー様の変身を目撃した孫悟空なみに驚いちゃうんだよ、男としては!!

「別にアンタのために化粧してるんじゃないしー」とか言われたらその通りなんだけどさ、何というか、この気持ちはなかなか言語化するのが難しいんだけど、“男の夢を壊さないで”?とか、“一応、男である俺の視線も気にしてくれ”?とか、なんかそんな感じのモヤモヤした感情が湧き上がるのよ(笑)。

男だって化粧前と化粧後の女性の顔が“別人”なことくらいは知っている。知ってはいるけど普段それを口に出すことはしないのよ。それは「公然の秘密」なわけだから。でもその「公然の秘密」を自ら暴いちゃうってのは、どうなのよ?男的には非常に戸惑ってしまうわけですわ。あ、化粧やアイプチ自体は別にしてくれたって構わんのよ。その工程さえ隠してくれれば。

たとえるならば、清純派女優の喫煙現場を目撃した。好きな子が「ブェクション!!っちっくしょーめー!!ガーーペッ!」とオッサンばりのクシャミをしておまけにノドに絡まった痰まで吐き出す瞬間を目撃した。地味な感じの気になるあの娘の黒のパンツがチラリと見えた…とか、そんな感じの「見てはいけないものを見てしまった…」感がつきまとうのよ。まあ、人間だからしょうがないよね…と納得しつつ、心のどこかで納得できないモヤモヤ感。わかるかなぁ~?

そんなわけで女性には、公衆の面前でアイプチの装着だけはやめてほしいと切に願う猫侍なのでした。

…あ、でも「地味なあの子のパンツは黒」ってのは、…うん、ちょっと背徳感があって燃えるな、うん。ボクは地味な下着のほうが好きだけど。シルクより綿素材の方がいいよね。うん。(>何の話だ)
スポンサーサイト

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

銀杏を拾ってきたよ。

近所の神社で銀杏を拾ってきた。10分で100粒くらい。地域で親しまれている神様の足元で育った銀杏なので神気をたっぷり吸ってご利益ありそうですぞ。
ただ、すっげー臭いの。う ん この臭い。神様はなんで銀杏をうんこの臭いにしたんだろう?などと疑問に思いながら、部屋に帰ってすぐバケツに水を汲んで銀杏を実ごとぶち込み、ベランダへ。3日ほどしてから種だけを取り出す予定。

栄養価が高いと言われる銀杏だけど、食べ方は炒るか、焼くか、茶碗蒸ししか知らない。他に食べ方あるのかね?
とりあえず殻を割って塩炒りと、塩焼きは確定。あとは栗ご飯の要領で銀杏ご飯も作ってみるか。食べ過ぎると体に毒だから練り物に出来ないのはつらいな。あ、ハンバーグに数粒入れて焼くってのもいいかも。

独り暮らしが長いと、公園や道端の紫蘇やらヨモギやら銀杏やらを採って食う、自給自足な技術が磨かれる。犬のおしっこコース?関係ないね。猫のウンコ?関係ないね。近所のおばあちゃんが行方不明?お嫁さんが深夜の公園で穴を掘ってた?今年は公園の桜がやけに綺麗だった?……か、関係ないね!!関係ないね!!関係ないねェェェ!? というわけで、得体の知れない栄養素で元気に育つ自然の恵みをモリモリいただく俺って、ワイルドだろうぉぉぉぉぉ!?(>すでに死語になりつつある)

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

【科学】ビールで筋肉の老化を防ぐ!

先日の健康診断で、「脂肪肝の疑いあり」との診断を下された猫侍です。私、お酒はほとんど飲まないのに…、なんで人間フォアグラ状態なのよ…。(と、嘆きながらグリコのビスコをサクサク食べる私。…!?こ、これが原因なのか!?)

さて、今回は科学ニュース。ビールの原料であるホップに含まれる物質に筋肉の老化を抑える作用があったというお話ね。

ビールが筋肉老化抑える 寝たきり防止期待も 徳島大(←リンク。産経ニュース様 2012年9月20日)
ビールの原料のホップに多く含まれる「プレニル化フラボノイド」が、寝たきりの原因になる筋肉の老化を抑えるとの研究結果を徳島大の寺尾純二教授(食品機能学)のチームがまとめ、20日付の米オンライン科学誌プロスワンに発表した。
今回の動物実験の結果をヒトにあてはめると、ビールで筋肉の老化を防ぐには毎日83リットル~2万リットルと大量に飲む必要がある。寺尾教授は「飲み過ぎは良くないが、少量でも習慣的に飲めば効果が期待できるかもしれない」と話している。(後略)


老人の寝たきり生活を改善する可能性につながるかも!…と一瞬、喜んだのだけど…、「毎日83リットル以上飲む必要が」
アホか!そんなに飲めるか!!飲む前に溺れるわ!さらに筋肉の老化を防ぐ前に、肝硬変で死んでしまうわ!! でも、寺尾教授の「少量でも習慣的に飲めば効果が期待できるかもしれない」というコメントは、世の晩酌好きなお父さんたちのよい言い訳になりそうだね。まあ、83リットル~2万リットルは「飲み過ぎ」というレベルじゃないと思うけど(笑)

「83リットル~2万リットル」のせいで、少しバカニュースぽく見えるけど、こういう発見が将来の新薬につながることもあるだろうし、科学ニュースというのは奥深いものです。科学の光が人類の未来を、老人医療の未来を照らし出しますように。

別ソース
日本経済新聞社様(←リンク)

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

人間ドック、初体験!

人生初の人間ドックに行ってきたよー。人間ドックといっても、「この薄汚いオス犬め!」とか、罵られに行ってきたわけじゃないから間違わないでね(この寒いギャグこそがオヤジギャグの真髄!)。

さて、検便の容器が妙にオシャレだったり、受付のお姉さんがドストライクな美人さんだったり、検尿しようにもおしっこがなかなか出なかったりと、小ネタは色々だけどとりあえず、俺が言いたいのはさ、「X線検査…っぱねぇ!!」ってことね。

先輩方に散々バリウムを飲んでの胃検査については嘘も真もひっくるめて聞かされまくっていたんだけど、実際にやるとなると結構、ワクワクする。いくつになっても新しいことにチャレンジするのは楽しいよね!それが例えバリウムでも(笑)。

3つほどの検査の後、大きめのレントゲン室に呼ばれて、まずは小さなアンプルに入ったビーズ粒々のようなものを手渡される。
「これが炭酸です。胃の中で膨らんでレントゲンで写りやすくなります」
ふむー。お菓子みたい。と思いつつ、口の中へ。で、おちょこぐらいの小さなコップで水を含むと…、がわわわわっ!?口の中がドンパッチ状態!? 痛い、ノドが痛い!驚いて目を見開き、目の前の先生を見る。「そのまま飲んで。飲み込んで」。涙目でゴクリ。「あ、ゲップ我慢してね」え?ゲップ?「わ゛がり゛ま゛じだばぁ~」「ダメよ!胃の中で膨らませるの!我慢してね」「あ゛い゛」「だめよ!しゃべっちゃ!」 コントか。

なんとか強烈に胃の中から這い上がるゲップを飲み込みレントゲンの台に立つ。左手には大きめな紙コップ。これが噂のバリウムか。「では、左手の紙コップからバリウムを3口飲んでください」。ゴクゴク。あれ?プレーンなヨーグルト飲料?まずくない。むしろ旨い。「はい。右向いて~」右ってどっちだっけ?「私の方ですよー」体を右に。「うつ伏せになって」グルリとうつ伏せに。「はい。そのまま真正面を見てツバを飲み込む仕草」えーと、ごくん?「バリウムを半分くらい飲んでー」ゴクゴク。「ゲップ我慢してくださいねー。台倒しますー」え? グォーンとモーター音がなり、体が横向きに。スゲー、レントゲン台が動くのか。「はい。右斜めに体傾けてー」グィーン…。ほぉ、カメラだかX線照射装置だかがグリグリ動くのな。「うつ伏せになって~」。「はいそのまま、真上を見て息を止めてー」うっ。「押しますー」押す? グリン! ?ドラえもんの手みたいな丸っこいマニピュレーターが私の腹を押しまくるグリグリ。ちょ、ちょっといきなり、げふぅ。「あー、ゲップ我慢して~」そんなん言われてもッ(グリグリグリ)…げふぅ。ガチャ。「ちょっと胃の中のガスが少なくなってきたから炭酸もう一つ飲んでください」。まじっすかーーー。そんなわけで、追加炭酸をワンショット飲み、レントゲン撮影は継続。写真だけではなく、映像として食道や胃の動きを見ていると予想。医療機器の進歩に感動したわ。

あと、台の上で右やら上やら下やらを向くことを指示されるんだけど、あまりの注文の多さとその要求に答えるために必死になってしまい、思考が一瞬なくなるのね。「はい、パンツ脱いでー」と言われても何も考えずに脱いじゃったり、森光子ばりのでんぐり返しでも要求されても何も疑問に思わず素直に聞いちゃうような催眠状態に。考えさせる余裕を与えないで矢継ぎ早に仕事を与え続けて働き続けさせるブラック企業の恐ろしさが少しわかった気がした。

最後に女医さんとマンツーマンで体の不調を聞かれる。うーん、夜眠れないことがあるけど、それ以外は特に。「あまり無理しないで。ストレスを溜めないでください」。そりゃわかってるけどね。うん。

その後、会社に帰った私は、朝6時まで徹夜でコンペの用意をするのだった。ホント、健康ってなんだろうね。

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

【孤高の】 深夜の夜食テロ!! 【ハナズボ】

深夜に帰ってきて、あまりの寂しさにテレビをつけるのが日課になってしまっている猫侍です。さて、深夜の「お慰み番組」はアニメが多かったのですが、最近、2つの実写ドラマがお気に入りです。

一つは、「孤高のグルメ Season2」。サラリーマンのゴローさんが全国の飯処で脳内でペチャクチャと独り言を言いながら食事を堪能するというただそれだけのドラマ。オッサンが独りで黙々と飯を食う。本当にそれだけ。でもたまにオネエ言葉(笑)。ゴローさんの脳内独り言が「食」を気持ちいくらいにリスペクトしており、見ていて腹が減ってしょうがない。まさに「夜食テロ」!!見た後は「明日の昼飯は何を食おうかなぁ~」と考えつつ、眠りにつくのが定番です。

もう一つは、「花のズボラ飯」、略して「ハナズボ」。夫のゴローさん(孤高のグルメとは関係ないよね?)が単身赴任中の主婦の花さんが、ダラダラと日常を過ごしつつ、「独りだし、まっいいっか!」(>大変共感できる)と、ずぼらなご飯を作って食するっていうだけのドラマ。これもレベルの高い夜食テロなんだけど、主演の倉科カナさんが無茶苦茶可愛くて、夜食テロ以上にヤバイ。花さんがダイエットと称して、変なヨガを踊るシーンでは、たわわわわわなオパイがふよんふよん揺れまくって、深夜のテンションもあってか不覚にも「ふおおぉぉ!!ハナパイ!?ハナパイ!?」と意味不明な雄叫びを上げてしまいました。猫侍はこういう太眉のポチャとした女性に弱いんだよ!!ハナパイ!ハナパイ!

そんなわけで、深夜は「夜食テロ」で胃袋を、「倉科カナ」さんでハートを直撃されつつ、翌日の鋭気を養う猫侍なのでした。でも、独りのご飯って本当に寂しいんですよねー。(>あ、フツーのブログっぽい!!)

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

【ベスト】剛力彩芽さんの受賞実績【オブ・ザ・イヤー】

【ベスト】剛力彩芽さんの受賞実績【オブ・ザ・イヤー】
オスカープロモーション、剛力彩芽さんの受賞歴2012年版。

10月22日
日本 メガネ ベストドレッサー賞 特別賞「今後メガネをかけて欲しい人」
メガネが最も似合う各界の著名人。剛力さんは、特別賞「今後メガネをかけて欲しい人」に選ばれた。

「今後メガネをかけて欲しい人」…???い、意味がわからん。メガネっ娘フェチな猫侍的には、許せない伊達メガネっ娘ですのでこれは完全にアウトで。

11月1日
読者が選ぶ・講談社広告賞「ベストキャラクター賞」
講談社刊行雑誌の読者から構成される9,096人の読者選考委員の投票によって各賞が選ばれることになっています。今回、剛力さんが受賞した「ベストキャラクター賞」は「いま、最も輝いているキャラクター」「いま雑誌広告に一番出演してほしいキャラクター」という選考基準で選ばれたそうです。


「いま雑誌広告に一番出演してほしいキャラクター」…???読者選考員9,096人のどのくらいの人が剛力さんに投票したのか知りたい。

11月3日
ベストレザーニスト賞
レザーの似合う著名人。剛力さんは「ファッションが好きなのでうれしい。レザーの印象はあまりないと思うが、(レザーの似合う)新しい剛力彩芽を見てほしい」と笑顔を見せた。


「レザーの印象はあまりないと思うが」。うむ、正直でよろしい。このぶっちゃけ方は好評価。

11月8日
ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2012 著名人部門
全国の日本歯科医師会会員6万5,000人の投票で選ばれた。
剛力さん「わたし自身、常に笑顔でいることを意識しています。笑顔はいいものを引き寄せますよね。今回こういうステキな賞をいただけたのは、そうやって頑張ってきた成果なのかなと思うし、うれしいです。(後略)」


「笑顔はいいものを引き寄せますよね」。その通りだとは思うのだけど、剛力さんの場合は、金にうるさい“大人の事情”も引き寄せてるように思います。


剛力彩芽さんって、auとヤクルトジョアのCMでしか見た記憶がない。wikiにある映画やドラマも一つも見たことがない。私があまりテレビを見ないというのも大きいとは思うんだけどね。
なんとなーく、事務所のオスカーさんが「第二の上戸彩」を狙っているってのはわかるんだけど、ちょっとやり過ぎかもです。一応、広告業界の末席に身を置く私としては、「ヘッタクソな売り込み方!」と思わず言っちゃいます。世間では「ゴリ押し剛力」なんていう人もいるみたいだけど、こればかりは「うまいこと言うなー」と思わず膝を打っちゃいました。

事務所もまだ20歳の前途ある女の子の女優人生なんだからさ、「露出機会の拡大=認知度、好感度アップ!」なんてDが得意としている様な古いマーケを鵜呑みにしないで、少し時間をかけて、じっくりと育ててあげたほうがいいんじゃないかな。そのほうが世間の認知度と実績のバランスがとれて、剛力さん自身も肩身の狭い思いをしなくて済むんじゃない?

なんとなく、ベストスマイルの賞をもらった剛力さんの記者会見上の笑顔に、暗い影を感じて、可哀想になってしまったので思わず書いてしまいました。本当に言わされてる感が隠しきれなくてお人形みたいだったし。「話題のベスト◯◯、4冠達成!」などというゴシップの見出しに含まれる、揶揄や嘲笑は、たぶん彼女自身が一番良くわかっていると思うし、辛いんじゃないかな。ホント、事務所はタレントをもう少し「人間」として育ててあげればいいのに。。。まあ、大人にとっては「商品」そのものなんだろうけど。

そんなわけで猫侍は、事務所のアホ判断でちょっと可哀想なことになっている、剛力彩芽さんを陰ながら応援します。ただし、伊達メガネをして、「私、メガネっ娘です!」的なことをいうのは許しません!いいですか?メガネっ娘とは、メガネというアイテムが持つ、知的な雰囲(以下、メガネっ娘に対する猫侍の愛が語られますが割愛します)

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。