スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【女の生き方】 「ねぇねぇ、『女性手帳』って知ってる?」 【男の逝き方】

ねぇねぇ、「女性手帳」って知ってる?猫侍は♂ですのであんまり興味もなかったんですけどね、なんか今、問題になってるんですって!(近所のおばちゃんぽく)

▽女性手帳の配布撤回 内閣府、「生き方介入」批判相次ぎ
(2013年5月28日 朝日新聞様)

さて、この女性手帳なるものは、政府が女性を対象に10代からの身体のメカニズムや将来設計について啓発することを目的に作られようとした手帳。内容は、医学的に30代前半までの妊娠・出産が望ましいなどを周知し、社会問題化している「晩婚・晩産」に歯止めをかけるのが狙いらしい。たとえば30代後半からは妊娠しにくくなったり、不妊治療の効果が得られにくくなることも明らかになっているけど、学校教育で取り上げられていないので手帳で啓蒙することには意味がある、と。

んで、この話に当の女性たちが噛み付いたわけです。「余計なお世話!」「人の人生に口出ししないで!」「戦前の富国強兵を思い起こさせる!」と。結局、女性手帳は、限定配布→配布中止になっちゃったみたい。ふーん。

で、男であり、しかも女性と縁のない独身者の負け犬が口をだすような話でもないんだけど、これって本当にこれでいいの?世の女性は、980円のパスタランチを食べながら「国が考えることはセンスが無いよねー」とか、激怒プンプン丸な感じなだけでいいのぉー?どうなのぉー?(>加藤鷹ぽく)

いやね、女性たちへの啓蒙の手段として「手帳」というのがいいかといえば、広告屋としては「う~ん…」と唸ってしまって、もっとうまいやり方もあったんじゃなかろうかとかは思うんだけどさ、そういう方法論とは別に政府がやろうとしていた女性への若いうちからの啓蒙活動ってのは間違いじゃないと思うし、やらなきゃマズイんじゃないかと思うのよ。

ちょうど、この女性手帳が話題になった頃と時を同じくして、「マツコ・有吉の怒り新党」という深夜番組でマツコさんがなかなかに辛辣なことを言っているのを見て、余計にそう思った。以下、マツコさんの番組中の発言をテキスト化したサイト(「世界は数字で出来ている」様)のリンクを貼るから興味ある人は読んで欲しい。で、マツコさんの発言の気になる部分をチョイスすると…。

ーー以下「怒り新党」テキストーー

マツコ・デラックス「もう無理。もうね、晩婚化が普通になっちゃってるから、30歳くらいだと、『まだ30じゃん、私』って思うけど、それは男の人だったらいいよ?30歳なんって、結婚なんか考えもしてないじゃん。それと同じ感覚で女性もやっちゃうんだよね。『30歳で結婚なんか、今はまだ良いよね』って、男と同じ感覚でやっちゃうのよ。仕事をしてる女であればあるほど」

有吉弘行「うん」

マツコ「でも、35 歳になったとき、男はまだこれからよ。これから結婚して、全然それは普通よ。でも、女の人が35から結婚して出産するって、そんな簡単なことじゃないよ」

有吉「うん」

マツコ「出産って、もう今の感覚では、風邪引いて病院行く、くらいの感覚で思ってるけど、命懸けの作業だからね。あれを初産で30歳後半でやるって、やっぱり大変なことなのよ」

有吉「うん、うん」

マツコ「そこを、あなたくらいの年代から考えておきなさいって言ってんの。考えたことある?」

夏目三久「考えたことありませんでした…」

(この後、夏目ちゃんが涙目に…。)

マツコさんの冷徹な分析を突きつけられて思わず涙目になる夏目ちゃんに、猫侍も思わずハァハァしてしまったという話は置いておいて、うーん、マツコさんの話しは、辛辣ではあるけどその通りな気がする…。マツコさんの言うとおり、どうもいまどきの女性は、社会進出が普通のことになってしまって、男性と同じような人生設計を考えてしまいがち。『結婚は30過ぎてから考えるかー』とかね。でも、妊娠には確実に“適齢期”ってのが存在してるんだよね。
社会も女性の権利や自由、人権という“大正義”“大正論”を目の前にしてその事実を言うことがはばかられているし、当の女性も社会に出て、仕事でもプライベートでも自分の力を試したい!という気持ちがあるから、うっかり「結婚適齢期」とか、「妊娠適齢期」なんて言葉を口に出すような輩がいたらそりゃ、もう、ボッコボコよ(笑)。
番組の最後、有吉さんが「女性スタッフが辞めちゃうから!この話止めよ!(笑)」と話をまとめてるけど、実際、現場の女性スタッフは本当に頭をガツン!とやられるくらいの衝撃だったんじゃない?(スタジオの雰囲気が明らかに異様だった)

話を戻して、「女性手帳」に関しては、大阪の女性市民グループ「全日本おばちゃん党」なる団体が女性の権利とかを声高らかに言って大反対してるんだけどさ、そういう「正論」は結構だけど、どうにも女性を巡る「現実」を無視しているように思える。私がいう「現実」ってのは、女性の晩婚化やそれに伴う不妊などの個人の話しにとどまらずに、その後に続く少子化→労働人口の減少→日本の産業構造の崩壊まで引っくるめた日本の危機のこと。

でも、マスコミはそのあたりの「現実」をまったく表に出さないんだよ。「自由」やら「人権」やらの奇麗事を並べて、少しでもキツイ表現があると鬼の首でも取ったように騒ぎ立てる。
橋下さんの従軍慰安婦発言でも感じたんだけど、マスコミや市民団体様やらが問題の本質を取り上げないで、発言の言葉尻を実にセンセーショナルに“編集”し、さも大問題のように取り上げるってのが多すぎなんじゃね。しかも、そういう取り上げ方をするのがどうも反日的なマスコミや団体ってことが多いように思う。朝日新聞とか毎日新聞とかは水を得た魚のように叩きまくる(笑)。うがった見方ではあるとは重々承知なんだけど、ある特定のマスメディアや市民団体は、日本の名誉を落としめ、日本から活力を奪うことを目的に報道と言う名の情報操作を繰り返しているんじゃなかろうかと、割と本気で思ったりしたりして。

さて、論旨が女性の話と、マスコミ批判の二つになっちゃったけど、要は「猫侍なら、結婚を前提にお付き合いできるのになー(チラ)」ということです。さあ、世の女性たちよ!猫を愛してやまない、もうすぐ無職になる(絶賛就活中!)、趣味:天体研究と深夜アニメ視聴で、おっぱいが大好きなおっさんに興味がある人は今すぐメールプリーーーーズゥゥゥゥゥ!!!

参考リンク:
▽政府、10代から「女性手帳」導入 骨太の方針で調整 何歳で妊娠? 人生設計考えて(2013年5月5日 産経ニュース様)
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

「従軍慰安婦さん、かわいそう…」

いやー、「従軍」慰安婦なる不思議な問題が日々でかくなってきてるなぁ。橋下さんの発言は中途半端であり、迂闊であるんでさほど擁護する気にもならないんだけど、マスコミと韓国(イコールで結べるが)が橋下さんの言葉尻を捉え、故意的に編集した内容を国内外に喧伝しまくっているのは見逃せないわなー。

私的には、第二次世界大戦中に女性が兵士の慰安のために体を売っていたという事実はあったと思う。というか当時の資料を読む限りそれは日本に限らず、国営じゃないにしても他の国でもあったわな。売春は人類最古の商売って言われるくらいだし。

で、現代日本に生きる私たちの常識や倫理観ではそりゃ眉をひそめる向きも多いのもわかる。わかるんだけどそこは冷静になろうよ。1940年代の、しかも戦争中の常識や倫理観を無視して、現代人の視点から「けしからん!」ってのはいくらなんでも乱暴だろ?

例えば、戦国時代に「日本人同士で争うのは愚かだ!」ということにどれほどの意味があるの?「日本人同士で争うのは愚か」ってのは現代の常識ではその通りなんだけどそれを戦国時代の人に言っても意味ないわけです。だってそれが当時の価値観だったわけだから。例えば、江戸時代に「封建制度は野蛮だ!」ってのどれほどの意味があるわけよ?「封建制度」が時代遅れだなんて現代の常識ではその通りなんだけどそれを江戸時代の人に言ってどうするの?徳川幕府の封建制度は当時の人々の生活にしっかりと根付いていたわけですから。

韓国やマスコミ、キレイ事をいいたい識者の方々は、『現代の常識というものさしで、当時の行いを裁く』という、大変おろかしい行為に終始しており、しかも一般の善良なる多くの人は、その欺瞞に気づいていない。
私的にはこの欺瞞が国内のみならず海外にも垂れ流されて、「日本は女性を性奴隷として扱う鬼畜国家」という認識が、なんと現在進行形で喧伝されているという事実の方が怖いです。

あと、余談ですが現在、韓国の元従軍慰安婦だったというおばあちゃんが来て、日本で講演をやってるって話だけど、正直疑問だらけ。ちょっとこの記事を読んで貰いたいんだけど、反日マスコミの代表である沖縄タイムズの記事ね。(←クリックで記事へ)


一部抜粋します。
>金福童(キムボクトン)さん(87)(中略)金さんは
>14歳のころ旧日本軍に「軍服を作るために日本へ行く」
>と言われて連行され台湾、広東、香港、マレーシ
>ア、スマトラ、インドネシアなど前線地で8年間、
>22歳になるまで慰安婦として従軍させられた。

とあるのね。金さんが今年87歳ってことは、1926年生まれ、慰安婦として連行されたのが14歳で1940年。それから8年間慰安婦として働かされたので慰安婦から開放されたのは1947年か48年となるわけです。(終戦間際に日本軍は自分たちの蛮行を隠すために金さんを看護婦にしたそうですが)

で、終戦は1945年…終戦後の2~3年、金さんはどこに従軍してたんでしょ???戦争終わってるのに。

この金さん意外にも従軍慰安婦と自称されている方たちの話には疑問があって、証言がコロコロ変わることでも有名です。(「従軍慰安婦の真実」で検索)

別に慰安婦の存在自体をウソだと言う気はないです。当時、時代に翻弄されて自らの意志でなく慰安婦にされてしまった女性がいたことは想像に難くないんだけど、20万人(!)いたとされる慰安婦がすべて「強制的に」連行されたなんてのはあり得ないんじゃないかと。事実だとしたら慰安婦の運営費だけで国家が傾くレベルですわ。あと、最近になって従軍慰安婦は70万人(!!)と主張しだしている団体もありますが、20万人説でさえ物理的(移動方法や距離)、経済的(移動にかかる燃料や賃金)、体力的(日本軍の兵隊さん的に)に無茶過ぎるのに…。はっきりいって自称従軍慰安婦さんたちの言動は、ゆすりたかりの類でしかないと思うのです。

またまた補足ですが、私が自称従軍慰安婦さんたちの言動を胡散臭く思うのは理由があって、ぶっちゃけ当時の新聞で「慰安婦募集」の広告がでてるんだもん。つまり、当時の慰安婦の多くは自ら体を売ってお金を稼いでいた(当時の兵隊さんよりも高給取り)商売人の女性だったと考えるのが自然だと思うのよ。もちろん先に書いてあるように騙されて慰安婦にされた人もいるとは思うけど、それに日本軍が関与していたという証拠は見つからないのですよ。なんかマスコミは必死になって「意志を奪われた性奴隷としての従軍慰安婦」ありきで報道しているんだけど、そもそもそれが間違いなんじゃないのかね。
慰安婦募集
「慰安婦募集」の広告記事

最後に繰り返しになりますが、私は1940年代の狂った戦争時代は正しいとは思いません。でも、当時の国際情勢や価値観を無視して現代に生きる我々が当時の行いを断罪するということに大きく違和感を覚えます。まあこのあたりは橋下さんと同意見なのかね。さらに証拠もないのに感情論のみで「元慰安婦の方に謝罪と賠償を!」などといえちゃう日本人をとても浅はかに思います。このあたりは橋下さんとはちょっと違うね。

みなさんもマスコミが語らないこと(特に朝日新聞!!)を少しばかり調べてみると、「従軍慰安婦問題」の真実が見えてくるかもしれませんよ。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

【バカ】ボクは地図がわからない。

ボクは地理が苦手だ。実はボクの数多いコンプレックスのひとつでもある。

具体的に言うと都道府県の位置がいまだによくわかっていない。スマホに都道府県の位置をクイズ形式にして出題するというアプリがあるのだが、これも散々な結果になる。

まず関東甲信越地区がヤバイ。毎日、天気予報で見てるのにヤバイ。群馬、栃木の位置がごっちゃになる。あと長野や新潟が「関東甲信越」という東京と同じ地域に属しているという事実に今更ながらに驚愕する。新潟が関東ってことは日本海に浮かぶ佐渡ヶ島も関東甲信越の仲間なのか。蟹が蜘蛛の仲間というくらいの意外性。すごすぎる。

北海道。あのでかい島がまるまる一つの都道府県。分りやすすぎる。ステキ過ぎる。北海道はでっかいどう。地理に弱いボクでも間違いようがない。ご飯も美味いし、女の子は巨乳が多いと聞くし、大好き北海道。

東北地区。3.11以前は岩手と宮城の位置が分からなくなることもあったが(リアス式海岸のおかげで致命傷にはならずにすんでいたが)。あと青森県は県章にそのまんまの津軽半島の形をモチーフにしているくらいにわかりやすい形。日本地図をパズルのピースにした場合も余裕だろう。と思ったのだが、愛知県と鹿児島県が微妙に形が似ていることに気がついて不安になってしまった。

中部地区。岐阜と三重の位置がわからん。そもそも岐阜県という県があることを忘れている。というか岐阜の「阜」という漢字は「岐阜」以外に使うことがあるのだろうか?疑問に思って調べてみると、阜財(ふざい:財産を増やす。また豊かな財産)、阜螽(ふしゅう:いなご)、阜成(ふせい:立派に仕上げる、大成する)などがあるのだがまったく見たことがない。というか「阜」の字だけ見てるとゲシュタルト崩壊を起こしてしまい、漢字に見えなくなる。…強いて言えば「焼き鳥」?→阜阜阜(ネギマ・レバー・ぼんじり) それと愛知県を名古屋県と覚えていた。私のパソコンでも「名古屋県」で一発変換できるし。でも形がインベーターぽいので場所は間違わない。福井県は若狭湾でわかる。石川県も半島があるからわかる。しかし、富山県、キミはよくわからない。関東からほとんど出たことのない私が珍しく仕事で出張した県でもあるにもかかわらず、いまだに位置がわからなかった。夜の9時に県庁所在地のある駅前から人影がなくなる富山県さん、ごめん。

関西(近畿)にも目を向けてみる。大阪府と兵庫県が別の都道府県であることに今更ながらハッとする。兵庫県出身の人間が何故か「俺、大阪やから」とか言っていたのを真に受けていた。そういえばダウンタウンも兵庫県尼崎市の出身だが何故か大阪を代表する芸人ぽい雰囲気を醸し出している。何故だ。あと淡路島は大阪なのか兵庫なのかどうしても迷ってしまう。奈良と和歌山も悩みどころだが和歌山はみかんのイメージがあるのでより温暖な南側の出っ張りと覚えればOKだと理解した。それはそうと滋賀県。でかい琵琶湖が県のほとんどを占めているので間違いようがない。関西地区で私が唯一躊躇なく答えられる県、滋賀。でも県のほとんどが琵琶湖である滋賀県人はどうやって暮らしているんだろうか。水中都市だとかっこいいがさすがにそれはないだろう。とすると水上に都市を作ってるのか?私の中ではタイのプーケットあたりの海上コテージのイメージがある。

中国地区は難解である。まず島根と鳥取がどうしてもごっちゃになる。嫌がらせか、と思うくらいにごっちゃになる。最近、竹島問題がクローズアップされてようやく島根=竹島という連想が脳内に刻み込まれてた。もっとも鳥取と島根を思い出す際にはエスカレーターとエレベーターを判別する際に生じる一瞬の“間”のようなものは必要だが。とりあえず、ありがとう竹島。岡山は桃太郎のイメージはあるのだがそれだけ。位置はわからん。広島もヤクザとお好み焼きのイメージがあるが位置はまったく分からなかった。というか本気で関西のイメージだったので兵庫あたりの位置にあるものだと思っていた。どちらも「仁義なき戦い」つながりで。

四国地区。四国というくらいなので四県であることはわかる。その四県が愛媛、高知、徳島、香川であることもわかる。だが位置がわからん。四国は渇水のイメージがあり、香川県が早明浦ダムの水をうどんを茹でるのにガバガバ使いまくって他の三県に呆れられているイメージ。あと深夜タクシーの運転手さんが香川出身で「うどん?そりゃ香川の赤ん坊は離乳食にうどん食いますからなぁ(笑)」と驚愕の豆知識を教えてくれた思い出。本場の讃岐うどんは生きが良すぎて食べた後も胃袋で動いているのがわかるそうだ。小麦粉に命が宿る県、香川。少し怖い。

ラスト、九州・沖縄地区。沖縄、鹿児島はわかる。ナンクルナイサ~。長崎も知り合いの出身地なので最近、覚えた。だが、それ以外の県は壊滅的だ。北九州の大都市、福岡は朝鮮半島に近いというイメージで(深い意味はない)なんとなーく日本海側のイメージだが佐賀県とバッティングする。佐賀県は、はなわが「佐賀~佐賀~♪」と歌って知名度が格段に上がったはずなのに位置はわからん。ごめん佐賀。大分、宮崎、熊本の位置が判然としない。そもそも大分県ってあったっけ?

…そんなわけで、いい年したおっさんが日本の都道府県の位置すらよくわかっていないというのは、とてもつなく恥ずかしいこと。今回、この記事を書くにあたって日本地図を眺めつつ改めて思いました。とりあえず47都道府県の名前と位置を間違えずに言えるように勉強したいと思います。あと旅に行きたくなりました!一日の大半を迷子状態で過ごす旅とか最高ですよね!!アクシデントは旅のスパイスってね!!でも、まぁ、独りなんだよね!!は、はは、はははは…。

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。