スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ED】私のママチャリを盗んだ者に告ぐ【特殊性癖】

12年乗ってたママチャリ盗まれた…。とりあえず盗んだヤツに呪いをかけることとする。

『今後、イクときはママンの顔(もちろんアへ顔)が脳裏に浮かぶこととする。』

EDになるか、変な性癖に目覚めるか、2つに一つだ!!ファハハハハッ!!!

追伸:新しい自転車買いました。24000円也。超乗り心地良い。ご近所のスーパーまでひとっ走りだぜ!イェイー!!
スポンサーサイト

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

【炎上】『叩ける奴は叩け!俺は間違ってない!』【Twitter】

少し前の話題になるけど、Twitterとかで若者のアホ投稿が問題になってたねー。アホな若者が飲食店で「これ面白くね?」とか気軽な感じで不衛生写真を投稿するって件。こういう連中は間違いなく迷惑なんでバイトを首にして、ダメになった商品代金の返済とかのある程度の制裁は必要だとは思うんだけど、正直、世間様(主にネットね)の反応は過剰というかやり過ぎだと思うんだよね。

例えば、コンビニのアイスケースに入ったアホがいて、そのコンビニが営業停止したり、アイスケース本体や営業停止の損害賠償(下手すりゃ数百万から数千万円)を求めるとか聞くと、「そりゃやり過ぎじゃねーの」と。蕎麦屋のバイトが皿洗い機に足を突っ込んだってんで蕎麦屋が閉店して損害賠償を求めるってのも正直、理解できなかった。コンビニなんかの企業の場合は、自分たちに批判の矛先が向かないように過剰なまでに反応するという「大人の理論」が透けて見えて正直、引きました。

コンビニの件なら、アイスケースの商品を全部買い取らせて、ケースの清掃・消毒代を請求すれば十分な制裁になると思うし、蕎麦屋の件ならバイトを首にして皿洗い機の買い替えをさせればそれでいいんじゃないの?

ってなことを思いながら、ネットの論調を見てみると私と同じようなことを言っている人も少数ではあるけどいるんだよね。で、そういう人の書き込みに同調する人は少なく、『自分ならそんな店、絶対に利用したくないです!』、『アホを野放しにすれば次も同じようなことをしでかすんだよ!』とかね。

あのさ、こういう事件でよく言われる『こんな店、使いたくありません!』的な発言を聞く度に思うんだけど、じゃあキミはいままでその店を使ってたの?もし、こんな事件がなければその店を使ってたの?ぶっちゃけ、その店にキミは関係してなかったし、これからも関わる気なんてないでしょ?ってこと。

コンビニにしても、個人営業の蕎麦屋にしても、実際の客は大半が周辺地域の人間なわけ。執拗にアホ学生を攻撃する人が普段からそのコンビニや蕎麦屋を使ってましたってことならまだ理解できるけど、実際にはそんな人はほとんどいない。なのにひとたび炎上騒ぎが起きたら、突然、“善良なイチ消費者”になって『こんな店、使いたくありません!』って。なんだそりゃ。

もし私のお気に入りの定食屋で炎上騒ぎが起きたとして、『不衛生だ!こんな店使いたくありません!』とかいう地域外の人がいたら、『キミらが必要以上に騒ぐから私のお気に入りの店がなくなったじゃねーか…』ってものすごく迷惑に思うわ。

コンビニなんかはいわゆる“企業ブランド”があるから、中途半端な制裁だと企業ブランドの信用に関わるってなもっともらしい話も聞くけど、アホ学生を徹底的に叩いて社会的に抹殺したり、問題の店舗を営業停止すれば企業ブランドは守られるの? んなアホな…。要は衛生問題や個人情報保護の問題なんだから、社員の教育を徹底します。衛生に今以上に気をつけます。アホな客にはそれなりの損害賠償を求めます。でいいんでないの? というか単発のアホどもやそれを面白がって叩いているネットの住民に対して、企業や社会が振り回されすぎ。

あと、このTwitter事件で改めて感じたのは、やはり最近の日本人の不寛容さはちょっと異常だなぁ、と。

若気の至りってのは誰にでもあるもので、このアホ学生たちも然りなわけです。なのに彼らアホ学生を『次も同じようなことをするに違いない!』ってよく知りもしない他人の未来まで声高に断定する聖人様が多いこと多いこと…。そしてその聖人様は、他人に更生の余地すら与えず、罰することのみに心血を注ごうとするわけですわ。

アホ学生は、バイトを首になったり、それなりの賠償金を請求されたり、まともな友人知人から後ろ指をさされたり、親類縁者から絶縁されたりと恐らくそれなりの制裁を受けるはず。これ以上、追い込んでどうするんのさ。自殺させれば満足なのか?

結局、ネットの大騒ぎを見てると『叩ける奴は叩け!俺は間違ったことを言ってない!』っていう陰険かつ独善的な歪んだ『正義感』が透けて見えるんだよ。 決して自分は傷つかない安全圏からの“正義の鉄槌”ってか。

あと、そういう人から感じるのは、他人の迷惑も考えずに自分の思うがままに生きている“リア充”への果てしない憎悪。
私も“リア充”には程遠い生活をしてる毒男だから“リア充爆発しろ!”という気持ちは痛いほどわかる。だからといってむやみやたらに“リア充”を叩くのは悲しすぎるだろ…。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

熟女スキー

不動産屋の兄ちゃんと世間話をしていて、「レオパレスに住めば、藤原紀香がついてくるんでしょ?」的なアホ話から「当代の美熟女」の話になった。

「猫侍さんは藤原紀香好きなんですか?」
「熟女は好きだけど藤原紀香はタイプじゃないね」
「オススメの熟女は?」
「井森美幸、島崎和歌子、杉本彩あたりは鉄板だよね」
「あー、なるほど。わかります」
「井森、島崎ときたら森口博子も外せないし、永作博美や原田知世あたりのロリ系熟女もよい」
「な、なるほど」
「でも、私はあえて八代亜紀を押したいね」
「や、やしろあき?」
「八代亜紀、実はそれほど厚化粧じゃないし、胸も大きいんだよ」
「そ、そうなんですか」
「色白巨乳の八代亜紀が部屋で肉じゃが作って待っていてくれるって最高じゃね?」

「そ、そうっすね」
「ねぇ、八代亜紀標準装備の部屋ってないかね?」


不動産屋のお兄ちゃんは引きつった笑顔になった。

何故だ。。。

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

『劇場版 まどか☆マギカ』を買ったわけだが。【感想】

もう、何度目だ、この話題。さて、先日、「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」のBlu-rayを購入してしまった…。映像メディアを買うのは、カール・セーガン原作の「コンタクト」以来2本目。(「コンタクト」は、SETIプロジェクト(地球外知的生命体探査)を柱に、人類と宗教、科学、政治、地球外生命などをテーマとする硬派なSF映画。宇宙人とか出てこない地味な作品ですがあの余韻が好きなのです)

TV版は6枚で全部揃えると15,000円くらいするんで値段とスペース都合で躊躇してたんだけど、TV版の再編集版は2枚組で本棚にも収まるし、価格も半分以下だったので衝動的に買ってしまった。

で、休みにガッツリ視聴したんだけど…、やっぱり面白いわ。TV版の総集編的な位置づけなんだけど新規映像もばっちり入っていて、しかも作画や音声も一部書き直し、録りおろし。制作者の愛が感じられます。TV版も3回ほど通しで見ていたけど変更点を見比べるのも乙なものです。

ネタバレになるので詳しくは書かないけど、主人公のまどかちゃんは、最後に無茶な決断をしてトンデモナイことになっちゃう。あわわ…、まどっち、その願いは…ヤバイっすよ…。その結末を知っているが故に、冒頭で流れる新規オープニングでいきなりいきなりやられた。主題歌のルミナスが流れるなかで、まどかちゃんが生まれてからの成長記録が入ってるのですよ。ハイハイするまどか、小学校の入学式でモジモジするまどか、パパとママに手を引かれはしゃぐまどか、お昼寝するまどか、生まれたばかりの弟の世話をするまどか…。お母さんとお父さんに見守られながら幸せに、健やかに成長していくまどかちゃんの姿がね、もうね、オッサン、この時点で我慢できずに涙腺崩壊ですわ。(T_T)マドカァ…

「何言ってんだオッサン…」などと言わずに一度、見て欲しい!そうすれば、オッサンがまどかちゃんに感情移入して、オープニングの時点で(T_T)な意味がわかるから!独身のオッサンでさえ、(T_T)なわけだから結婚して子どもがいる人はさらに感情移入できるのではなかろうか(憶測)。

そんなわけで、「まどか☆マギカ」については、過去に何度も取り上げているんで詳しくは書かないけど、レンタルビデオ屋で見かけたら是非見て欲しい作品です。

オッサンの周りの人は真人間ばかりなので誰も見てないんで語り合える人がいないのが実に寂しいです(笑)。本当は『まどか×ほむらの頬すり合わせイチャイチャシーンは是か非か』とか、『マミさんの「もう何も怖くない!」の片足乗っけシーンの変更は是か非か』とか、『まどかの願いは本当にベストな解決方法だったのか』とか『冒頭の夢のシーンのカットは是か非か』とかとか、酒でも飲みながら熱く語り合いたいんだけどね(笑)

ああそうだ、東京MXにて「魔法少女まどか☆マギカ」の再放送が始まってます!この機会に是非どうぞ!
第一話のあらすじは、こんな感じ。(←過去記事リンク)

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

【情熱】私がフィットネスジムに通う理由。【後悔】

かれこれ5年以上、会社近くのジムに通ってるけど、まったく体重や体型の変化が見られない猫侍です。
まあ、この歳だと『現状維持』できてるだけでも儲けものなんだけどね。

たまに「健康維持のためですか?」とか、ジム通いのことを言われるんだけど、そういうとき私は、曖昧な笑顔で「まあ、そう。独身だと生活が不摂生になるからね」と返すわけだけど、一番の理由は別にあるんだよ。

私はこれまでの人生で『絶対にやり遂げたい!』と思うことに出会ったことがないのよ。それは仕事だったり、恋愛だったり、趣味だったり。なんとなくいつでも情熱が足りない。他人やちょっとした不運を理由に100%の力を出さない自分。そんな自分がものすごく嫌なのですわ。ホント、不甲斐ない。
でも、これからの人生でもしかしたら、何かを犠牲にしてでも、万難を排して『絶対にやり遂げたい!』と思えることに出会えるかも知れない。仕事とか、恋愛とか、趣味とか。そういうものが出来た時、一番の障害は、多分、自分自身の『体力』だと思うのよ。
だから、私はとりあえず体力を維持しておくためにジムに通う。未来の情熱を、自身の体が足を引っ張るような無様だけは晒したくない。未来の自分に情熱を邪魔するのが過去の不摂生だと後悔させたくない。これが私がジムに通う一番の理由。
だけど、これを面と向かって他人に言うのはいささか恥ずかしい。
まあ、二番目の理由は、『たまに女性の薄着姿や揺れ動くおっぱいを見ないと、自分が男であることを忘れちゃうから』なんだけど、これも他人には言えないわなぁ(笑)。

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。