スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移民の受け入れ否定は差別なのか?

以前から経団連とかが『移民の推進による外国人労働者の受け入れ』を推進しようとしているね。少子高齢化が進む日本において、労働人口の確保は移民の受け入れでしか達成できない、ってのが大まかな主張。

でも、私は移民の受け入れは、基本的に反対。

昔、そんな話をしたら「猫侍さんって右翼とか差別主義者なの?」とか見当はずれのことを言い出した子がいた。んじゃ、キミはどう思うの?と聞くと、「日本の人口維持も大切だし、若い人が嫌がる職業もあるわけだから外国人労働者を受け入れるべきだと思う」という。

あのな、どっちが差別主義者なんだよ。


結局、いま、外国人労働者の受け入れを是とする人の結構な数の人が、移民の方たちに『日本人がやりたがらない単純作業労働(工場勤務やサービス業等)や危険作業をやらせたい』とか思ってる。日本人の経営者の無策や政府の怠慢を外国人労働者で補うことが正しいことだと言うわけだ。これが人種差別でなくて何なんだと。移民は3K(キツイ、キタナイ、キケン)専属のロボットじゃないんだよ。

私が移民の受け入れに反対なのは、こんな風に外国人労働者を奴隷か無機質なロボットのように考えている一部の日本人の浅ましさが透けて見えることが一番の理由。

で、第二の理由は単純に日本の社会制度が彼らを受け入れるに足りるだけの法整備がなされていないことなのな。

仮に移民を受け入れたとして、第一世代は、働いて衣食住さえある程度保証されればそれで満足っていう人は多いだろう。でも彼らだって結婚し、子どもを産むわけですわ。で、第二世代からは第一世代のような衣食住さえあれば満足、なんてことには絶対にならない。人間には向上心や欲ってのがあるからね。

よりよい職場、よりよい教育、よりよい社会保障システム。

そういうものを求めて、移民の方が声を上げることは予想できるわけよ。もちろん、それ自体は正当な権利なんだけど、問題は移民の中には、自分たちの意見が通らなければ、結託して日本社会と衝突する可能性が高い国の人も多いと言うことなんだよ。

北京オリンピックの際、日本を走る聖火ランナーを守るためにどこからか沸くように出現した数多くの中国人留学生たち(これは本当に不気味だった…)、日本人のヘイトスピーチに抗議するという名目で新大久保に現れた在日韓国人たち、郊外の団地を占拠し我が物顔でいる中南米人労働者たち。彼らの姿に眉をひそめた人も多いと思う。ぶっちゃけ、中国の例なんかは、中共政府の息のかかった学生たちが日本国内で活動してたりする証左だったりする。本国の政治信条を他国日本で大手を振って主張するって…それを許す日本はどんだけフリーダムなんだよ。

で、今の日本にはそんな“不良外国人(便宜上こう書く)”を取り締まる法律やらシステムやらが圧倒的に不足してるんだよ。あとそういう不良外国人を手引する日本人を罰する法律がね。特に反日を掲げる某国対策として「スパイ防止法」の制定が必須なわけだけど、一部の議員さんの大反対でそれすらもままならない。まさかスパイ防止法が制定されたら困る議員さんなんかいないでしょうけどねー?ハクシシュ!?あー、何かくしゃみが出たわ。

そんなわけで、私は移民の受け入れには基本的に反対。受け入れ条件としては、ある程度の知的水準にあり、職業技能を持ち、出身国と政治的なつながりがなく、反社会的勢力と組みしないこと。そして、万が一、日本国内で反社会的活動をしようものなら厳重に処罰を下せる法整備が必須だと考えるわけです。

でも、一番の労働人口の減少対策は、産業のオートメーション化と、女性が子どもを産み育てる環境づくりをすすめることだと思うけどね。

あと、30過ぎの独身男性には政府もあの手この手で『婚活』を推し進めて欲しいね!!なんだったら私がその実証モデルの被験者になって上げてもいいよ!!たとえば一夫多妻制とかさとかさ!!マジでマジで!!(必死な形相でアッピール)
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

紅い薔薇のトラウマ

あなたには他人には理解できない“嫌い”なものがありますか。知り合いにはリンゴを齧る音が嫌いな人や、猫が死ぬほど嫌いな人なんかがいます。一般的にはそれらは子どもの頃のトラウマが関係していることが多いとも言われています。

さて、あまり好き嫌いというものがない猫侍にも、嫌い、というか苦手なものはいくつかあります。今日はそんな猫侍の苦手のお話ーー。

私が苦手なのは、ズバリ『薔薇』です。もっと限定的にいうなら『花瓶に挿された』『紅い』『薔薇』です。

ボクが小学生の頃、クラスの女の子の誕生日会に招かれたことがあります。利発で可愛らしい子でしたが、ボクは別にその子に興味はありませんでした。彼女がボクを招待してくれた理由は、彼女が好きな男の子がボクの友だちだったから。その彼を呼ぶ口実にボクも誘ってくれたのです。女の子の誕生日会に呼ばれて、一つ困ったことがありました。それは女の子へのプレゼントなんて、まったく見当がつかないということでした。ボクは数日間悩んだ挙句、紅い薔薇の花束を送ることにしました。物は人の好みがあるけれど、花が嫌いな人はいないと思ったからです。

誕生日会当日、ボクの薔薇は彼女の家の白い花瓶に飾られ、つつがなく誕生日会は進み、そして終わりました。

そして、数日後、ボクは偶然、彼女の家の前を通ります。朝の早い時間です。彼女の家の前に青いゴミ箱があり、ボクはその中に頭から乱雑に突っ込まれている薔薇を見つけました。色あせた青いポリバケツに、くすんだ紅い薔薇が妙に映えていたことを今も覚えています。

この時のボクの気持ちを今となっては正確には思い出すことはできません。ただ“なんとなく”悲しくて、早足にその場を立ち去ったのだと思います。

その後、ボクは彼女とは普通の知り合いでしたし、彼女に対して悪い感情は何一つありませんでした。でも、その頃からテレビなどで演出として現れる『花瓶にささった』『紅い』『薔薇』を見ると、胸の奥にチクリと、文字通り薔薇の刺が刺さったような仄暗い痛みを覚えるのです。

ボクは彼女に対して、恋愛感情などは一切ありませんでしたし、誕生日会に呼ばれた理由も友人を呼ぶための口実にしか過ぎないことも、薔薇も日が経てば枯れてゴミになることも幼いながら十分に理解していました。

そこまで頭で、理屈で、理性で、わかっているにもかかわらず、割り切れない感情が胸の奥に生まれてしまう。そんな人間の心の不思議を、今日、友人から伝え聞いた、彼女が結婚したという吉報とともにふと思うのでした。

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

「ちょっと使い古した下着がいい」

部屋で就活のための「SPI試験」の本を読んでいたらテレビから、「ちょっと使い古した下着がいい」という実に共感できる…いや、身勝手な犯行動機を語る下着泥棒のニュースが。ちなみにボクは下着は白やグレーの飾り気のない清楚系が好みですが中身のほうがもっと好きです!ニッコリ。(>サイテー)
それはそうと、映像にはズラリと机に並べられた女性用の下着したぎシタギ…。ブラとパンツも上下が綺麗に揃えて並べられてて担当警察官の隠し切れない こ だ わ り が感じられる。

問.この下着の山を机に並べる警察官の気持ちを100字以内で答えなさい。(10点)

回答.
同柄のブラとパンツは上下に並べて、暗い色を左に明るい色を右に。ブラはサイズでA、B、Cと上から大きさ順に。紐パンはちゃんと結んで。少女のスポブラは特別だからカメラ写りを考えて右最前列かな。うん、よし。
(100文字)

よし、SPI対策はバッチリだな。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

「鉄腕ダッシュ」を見て、男泣きした夜

日曜日に実家に帰って、夜、ご飯を食べながら両親と「鉄腕ダッシュ」を見た。
鉄腕ダッシュは、私が唯一、深夜アニメ以外で楽しみにしている番組なんだけど、この日は無人島で作っていた舟屋が完成するというスペシャルな日。ワクワクしながら見てたら終盤、思わず泣いてしまった…、不意打ち過ぎだろう…。

舟屋ってのは、船をしまうことができる2階建ての小屋なんだけど、TOKIOたちは土台の石組みから瓦まですべて廃材やら手作りやらで約1年半かけて作ってる。でも、2階建てなのに2階に上がるための階段がない!なんていう衝撃の凡ミスなんかもあって笑いながら終盤へ。
ラスト近く、2階の床張りをリーダーの城島さんが一人で黙々とやってるのな。他のメンバーは他の作業に出かけてる。で、他のメンバーが帰ってきた頃に城島さんの作業も終わって、おー、すげぇ!なんて感じだったんだけど、城島さんが自分の失敗を告白するのよ。「あ、階段のこと忘れてた…」。視聴者的には爆笑モノの失敗なんだけど、その後がヤバかった。
TOKIOメンバーの松岡さんが失敗に落ち込む城島さんを「とりあえず(2階の床張り)が完成したことを祝おうよ!」「これめっちゃ広いよ!宴会できるよね!」と面白おかしく城島さんの失敗をフォローするわけよ。で、城島さんのアップ。な、泣いとるがな…!?「松岡は、いつもいつも、優しい…」とか言いながら。松岡さんも驚きと照れで「なんで泣いてるの!?」とかいつも以上にテンション高く笑ってるんだけど、そんな彼の目にも涙が…。もうね、ここで無理、無職のおっさん、食卓で男泣き。横を見ると親父もティッシュで目元で抑えてる。あー、年をとると本当に涙もろくなっていけねぇや…。

あー、自分でもこの涙はよくわからん。いま、この文書を書いてるときも涙が出てきてしょうがない。理由は本当にアホらしいことなんだよ。2階建ての小屋を建てたのに2階へ続く階段を作り忘れました!っていう。でも、その後の城島さんの真摯な姿勢と松岡さんの失敗を明るくフォローしようとする気持ち、そして松岡さんの気持ちを読み取って感謝を述べる城島さん、その気持をさらに汲み取って思わず目頭を押さえる松岡さんという、二人の以心伝心が胸を打つわけですよ、マジで。

城島さんは私と年が近いということもあって、TOKIOのメンバーでも一番好きで感情移入もひとしおなんだけど、TOKIOを見てると、「あー、俺もああいう仲間と一緒に仕事がしたかったなぁ」と、18年間働いてきた職場を後した無職のおっさんは思ったりもするわけで。ホント、仲間って大切だよなぁ。

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

わりとリアルな無職生活の話 その2「無職のヤバさ」

無職生活のヤバイところ。

無職生活ってやっぱり色々とヤバイです。精神的に追い詰められていくってのがとにかく大きいんだけど、日常生活でも色々と不具合が出てきます。今回は無職生活のヤバイところを幾つか上げていこうかと思う。

・生活リズムが無茶苦茶
これはよく言われることだけど、とにかく就寝時間は午前2時以降がザラになる。就活資料作りに熱中しすぎたり、保存食を深夜に作っていたり、ダラダラとスマホゲームをしたりなんてしてると朝チュン(朝の雀)の声を聞くこともしばしば…。危機を感じてどんなに遅く寝ても朝9時には起床というルールを作った。

・食事が適当になる
ほとんど一日部屋にいるのでお腹の減りが遅い。なので朝昼晩の兼用の食事一食とかで平気になる。しかもシリアルとか外食一食とか。ヤバさに気づいて今は一日2食まで回復。自家製ピクルスや温野菜を積極的に摂ることでバランスを取ろうと努力中。

・体力がなくなる
日課であったジム通いをしなくなって手足の筋力が明らかに減ってきた。体重まで減ってきた。でもダイエットじゃなくて適当な食事と筋肉減が主な原因だと思われ。あと、血流とか自律神経の変調だとかが原因だと思われる手足の末端の冷えがヤバイ。ヤバさに気づいて腕立て伏せを始める。

・声が出なくなる
人と話す機会が極端に減る。下手すりゃ二日くらい一言も喋らない日もある。コンビニの店員さんや定食屋のおばちゃんと一言二言交わすくらい。そりゃ声帯も衰えるわ…。先日、会社を辞めて1ヶ月ほど経った日に古い友人と飲んだんだけど久しぶりに人と話すことが嬉しくて、妙にテンションが高くなって我ながら驚いた。あと、久しぶりに口を開いたら声がかすれてて二度驚いた(笑)。週に一度は独りカラオケに行くことを再開するつもり。いわゆるリハビリやね。

他にもいろいろとヤバイことはありそうなんでそれは次の機会に。

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

わりとリアルな無職生活の話

どっこい生きてた猫侍です。ご無沙汰しております。
いやー、無職生活って時間の感覚がなくなるって本当ですね。
1月末に会社を辞めてからはや1ヶ月半近く経つけど、あっという間な感覚。世間様との時間のズレがだんだんと大きくなっていく感じ。これは怖いよ…。

今回はまったく推敲して文章を書かずに短時間でババッと書いていく。自分メモってヤツね。

さて、猫侍は現在、絶賛就活中でございます。と言っても1ヶ月半ずぅーーと就活しているわけではないです。
最初の一週間で、「国民年金保険」と「健康保険」を個人に変更する手続きをしたり、ハローワークに「失業保険受給申請」に行ったりで結構、ドタバタ。
次の1週間で就活に使う「履歴書」「職務経歴書」「仕事集」を作成。民間の就職コンサルタント会社に連絡をとって面談。大体ここまでで2週間。
その後、就職コンサルタント会社からの求人情報を精査したり、実際に1社に面接を受けに行ったりとで3日。
実際の1ヶ月半(40日)のうち、実のある作業に当てた日は20日あまり。
本当はもう少し就活にかける時間を多くしたいんだけど、実際、ハローワークの求人情報に、『これは!』というような「コピーライター」や「広告・広報」といった情報はあまりなくてなぁ。具体的な求人情報がなければ個々の会社にアプローチする資料作りや情報収集もままならないわけで。

で、就活をしていない残り半分は何をしているか、というとこれが部屋でぼーーーとしている時間が多いんだよなぁ。いや、平日の昼間とかあまり外をウロウロもできないじゃない?別に問題ないっちゃ問題ないんだけどさ、気持ち的にしっくりこないんだよ。別に罪悪感とかじゃないんだけどね。どちらかと言えば世間体を気にしてるのかなぁ。いや、そうじゃなくて『外をウロウロしてる暇なんてあるのか』という自分自身への一種の強迫観念といったほうがいいかも。
じゃあ、部屋で何をしてるかって言うと好きな洗濯も週に一度だったりする。ジム通いをしなくなってから洗濯物がでることがすごく少ない。人と会うこともないので下着も2日に一度の替えで済んじゃうし。お風呂も下手すりゃ3日一度で済んじゃう。
部屋の掃除もほとんどしていない。部屋は荒れ放題。前の会社から引き上げてきた仕事の資料(就活に使うかもしれない)がダンボール箱3箱分も玄関に積まれ、ベッドの足元には畳んでいない洗濯物の山。枕元には会社から引き上げてきた辞書や広告関連の書籍がこれまた山になっている。なんとなく掃除をする気にならないんだよなぁ。掃除は嫌いじゃないし、いつもならもっときちんとしているんだけど、今は気ばかりが焦ってしまって掃除なんかをしていると、ふと『掃除より就活すべきじゃないのか?』んとか思ってしまい、手が止まってしまう。そのくせ、前に書いたように実際の就活作業にも制限があるからパソコンの前に座っても10分といられない。なんとなく座りが悪くて部屋をウロウロ歩いたり、意味もなく保存が効く料理なんかを作り始めてしまう。

うーん、これって客観的に見ると結構精神的に追い詰められてるんだろうなぁ。

今、私はそれなりの蓄えもあるので経済的には全然余裕だし、扶養家族もいないので気楽ではある。仕事に関してもたとえ自分の望む職業につけなくても生きるためだけならいくらでも仕事はあるってわかっている。つまり、“ただ生きる”ためなら気に病む状況ではないんだよ。

でもね、年齢的に狭まっていく未来への希望や、自分が社会から必要とされないのではという思いは日に日に募っていって、満たされている「衣食住」ではフォローできない気持ちの大きさに改めて気付かされる。
人によるのだろうけど、私は“ただ生きる”だけでは精神の充足は得られないタイプの人間なんだろうなぁ。例えば宝くじで10億円が当たったとしても社会で自分が必要とされることを実感したいがために、仕事を続けるような人間なんだろう。

私の就活はまだ続く。自分を分析することで自分の“今の”精神の状況を知り、コントロールするためにも今日からまたブログを再開したいと思う。どうしても内容はマイナス方向かもしれないけど、自分の正直な気持ちは数年先の自分にとっても有意義なものになると思うので。

以上、自分メモでした。

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。