スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2014年春】オッサン的アニメ感想 その5

次に応募する会社は小論文提出が指定されていて、ニヤニヤしながらワープロの前に。やっぱり文章を書くって楽しぃなぁ!

◆ブラック・ブレット
世界中に突然現れた巨大寄生生物「ガストレア」。やがて人類はガストレアを退ける金属「バラニウム」で作られた巨大な「モノリス」に覆われた狭いエリアの中だけで生存を許される存在となった。そんな人類の希少な生存圏のひとつ「東京エリア」で、稀に外部より進入するガストレアの排除を生業とする「民間警備会社(民警)」に働く主人公・里見蓮太郎と、そのパートナー・藍原 延珠は、ガストレアと「呪われた子どもたち」を巡る陰謀に巻き込まれていく…。ってな近未来SFアニメ。

未知なる巨大な敵に生存圏を狭められた人類といえば、「進撃の巨人」を思い出すけど、設定自体はありがちだよね。イメージ的には、…ほら、あれだ、夏場に害虫を寄せ付けない「見えない網戸~♪」の虫コナーズのでっかいヤツがいくつも関東地方を覆っているって感じね。

本作では「ガストレアウィルス」っていうヤバイ病気(?)が流行っていて、蓮太郎くんのパートナーの延寿ちゃんもその感染者。彼女たちは「呪われた子ども」と呼ばれ、赤い目と驚異的な超常能力を持っています。蓮太郎くんたち民警のエージェントたちは、そんな「呪われた子ども」たちをパートナーに対ガストレアと戦っているってわけです。

見どころは、とにかくかわいいかわいい幼女たち。10歳前後の幼女たちがこれでもかってくらいに主人公の蓮太郎くんに懐くのをニマニマしながら試聴するのが正しいっぽい? 主人公をはじめ、大の大人たちが幼女を連れて歩く姿は滑稽でもあるんだけどね。そんなかわいい幼女ちゃんたちだけど、劇中では熾烈な闘いの中でいつもボッコボコにされてしまいちょっとかわいそう過ぎです。世の中には、「リョナ趣味」という身の毛もよだつような性的嗜好持つもいるそうで、そういう人にとっては苦痛にゆがむ幼女の表情とかはご馳走なんだろうけど、個人的にはそういうのはちょっと…。
ロリ品評会
幼女をパートナーとする大人たち。絵面だけ見るとロリコン犯罪者たちの「ロリ品評会」。
「へへへ…、俺のロリ子、かわいいだろう…」

そんな幼女たちのかわいさを全面に押し出したいのはわかるんだけど、とにかく状況説明等のセリフ回しが致命的にダサいし、演出も激寒。
例えば、敵幼女との決闘の場所に赴く主人公に、敵幼女が声を掛ける。「やはりここはスカでしたか…」。キャラクターの性格とシリアスな状況を考えれば「スカ」とは言わないだろうよ…。例えば、聖天子さま(東京エリアを治める美少女)を護る近衛兵の一人が、幼女たちと主人公に強烈な差別意識を持つクズ野郎に描かれているんだけど、その言動やら表情やらが80年代のアニメかってくらいのテンプレ通りの姿なのね。「おい、お前ら、こいつ(幼女)鉛弾、何発で死ぬと思う(ニヤリ)」。キレた主人公がそいつの指を打ち抜いたら、「指が!?ボグの指がぁぁ~!?」って泣き喚くとか…。多分、「幼女をいじめるキモいキザ野郎をイケてる主人公がカッコ良く成敗するカタルシスを!!」とか考えての演出なんだろうけど、いちいち芝居がかっていてむしろギャグにしか見えないのよ。とにかく1話毎に数箇所は頭の悪いセリフ回しや、キャラの脈絡のない行動、前後の繋がりが不明瞭な唐突なシーンがあってビックリする。あー、この感覚、「緋弾のアリア」にも少し似てるなぁ。まあ、「彼女にフラグをおられたら」ほどじゃないけど。

幼女はかわいい。でもそれだけ。中二病シナリオは嫌いじゃないけど、ちょっと辛口に65点。お気に入りのキャラクターは、ムッツリスケベ遺伝子を隠し持っているであろう金髪美幼女のティナちゃん。こんなかわいい幼女と過ごせるなら、「お前は俺が一生護る!!」って、くっさいセリフのひとつも吐きたくなる気持ちはわからんでもないけどな(笑)。

-----------
◆棺姫のチャイカ(ひつぎのちゃいか)
「諸悪の根源」と呼ばれたガズ皇帝率いるガズ帝国は8人の英雄たちによって討ち取られたーー。世界は平和になったが、戦いの中でしか生きる術を知らない乱破師(サバター)のトール・アキュラは怠惰な日々を過ごしていた。そんなある日、トールは魔獣に襲われていた一人の少女を助ける。大きな棺を担ぎ、魔法師(ウィザード)を名乗る少女・チャイカ・ガズは、自分はガズ皇帝の娘であり、先の戦いで8つに分割された父・ガズ皇帝の遺体を集め、弔うことを目的としているという。平和な世界に自分の居場所はないと考えるトールと妹のアカリは、チャイカの依頼を受け、彼女と遺体収集の旅にでることに…。

昔、読んだお気に入りのライトノベル「スクラップド・プリンセス」の作者が描く本格ファンタジーということで、個人的にも期待大な作品。
ヒロインのチャイカの太眉と片言のセリフ回しが「とても とても かわいい!」!ストーリーもテンポよく、最近のアニメ作品に見られる妙なセリフ回しや意味不明なキャラクターの言動、無意味なエロシーンはほとんど見られず、ものすごい安定度。特にキャラクター同士の会話は、これぞ「お手本」と呼びたいほどスマート。メタ設定をいじった笑いや過剰な演出による笑いもなく、何気ない会話や表情で思わずクスリとさせるギャグセンスも個人的に大当たり。
主人公のトールも「平和な世の中なんて糞食らえ!」的なちょっと主人公らしからぬ動機を持っていたり、妹のアカリもトールへの奇妙な執着をみせる残念美人だったり、政府の要請によりチャイカたちを追う敵のキャラクターたちも誠実かつ有能だったりとキャラクターの魅力も上々。
また、剣戟と魔法が入り乱れる戦闘シーンもスピード感があり、見ていて楽しい。
萌えやらエロやらがない作品なので、たぶんDVDやBlu-rayは売れないだろうけど、こういう作品がちゃんと評価されないと日本のアニメ産業はちょっとヤバイんじゃなかろうか。ちょっとべた褒めしすぎている気もするけど、地味ながら本当によくできた作品、というわけで100点!早々に二期放映も決まったし、非常に楽しみ。お気に入りのキャラクターは、ヒロインのチャイカ。コロコロ変わる表情と片言セリフがとても魅力的です。
衝撃の事実!!
「眉毛 大事 とても 大事!!」!
スポンサーサイト

アニメのキャラクターたちの名前についての一考察

アニメにおいて、キャラクターの名前は非常に重要です。超カッコイイイケメンが「田中隆(たなか・たかし)」くんではちょっとがっかりですし(全国のたかしさん、ごめんなさい!)、清純可憐なメインヒロインが「山田朱美(やまだ・あけみ)」さんでは、場末のスナックのママっぽいイメージ(全国のあけみさん、ごめんなさい!)
そういうわけで、作者はキャラクターのイメージにあった素敵な名前をウンウン唸りながら考えているはずです。しかし、考えすぎてしまったのか、たまに期せずして面白い名前になってしまうことも…。今回はそんなちょっと「…あれ?」なキャラクターの名前についてのお話です。

○ご注文はうさぎですか?
かわいい女の子たちが喫茶ラビットハウスを中心にキャッキャウフフする日常癒し系アニメの登場人物たちの名前は、ココアちゃん、チノちゃん、リゼちゃん、千夜ちゃん、シャロちゃん、青山さんと、基本カタカナ表記のお洒落な名前。スタッフロールにも本名は載っていないのでWikiで調べてみると…。

保登 心愛(ほと・ここあ)←ホットココア!
香風 智乃(かふう・ちの)←カプチーノ!!
天々座 理世(てでざ・りぜ)←緑茶の一種らしいよ!
宇治松 千夜(うじまつ・ちや)←宇治抹茶!!!
桐間 紗路(きりま・しゃろ)←キリマンジャロ!!!!蛇路じゃなくてよかった!!
青山 ブルーマウンテン(あおやま・ぶるーまうんてん)←おい!?


青山ブルーマウンテンさんのインパクトがすごいですが、ただのキラキラネームと思いきや、ちゃんと飲み物の名前が由来だったんですね。

○ラブライブ!
音ノ木坂学院の存続をかけて、スクールアイドル「μ’s(ミューズ)」の9人が愛と勇気と友情でがんばります!!

高坂穂乃果(こうさか・ほのか)←主人公ぽい。
園田海未(そのだ・うみ)←ふむ。
南ことり(みなみ・ことり)←ひらがな表記ね。わかるよ。
絢瀬絵里(あやせ・えり)←ロシアンクォーターだけど意外と普通。別名エリーチカ。
東條希(とうじょう・のぞみ)←うん、スピリチアルやね。
矢沢にこ(やざわ・にこ)←世界のYAZAWA。ちょっとキラキラですね。
小泉花陽(こいずみ・はなよ)←かよちゃんとも呼ばれる。普通だね
西木野真姫(にしきの・まき)←真の姫って…ちょっとキラキラ気味

星空凛(ほしぞら・りん)←何があった!?


星空凛ちゃんがオチ担当。どうして彼女ひとりだけこんなにファンタジーなん?スピリチアルやね。

○キャプテン・アース
宇宙からの侵略者「キルトガング」を、迎え撃て!真夏ダイチ!!!

真夏ダイチ(まなつ・だいち)←主人公らしい名前です。
真夏タイヨウ(まなつ・たいよう)←主人公の亡き父。カッコイイ!

真夏トシアキ(まなつ・としあき)←ダイチの叔父でタイヨウの弟。あ、あれ?長男との温度差が…。


「・・・長男の名前、ちょっと“アレ”だったかなぁ。なんか初めての子どもでテンション上がっちゃってさ。…二人目はもうちょっと、ね?そうね、フツーの名前にしよう、フツーの名前に」とか、お父さんとお母さん、我に返っちゃったんだろうなぁ。とか想像するとちょっと面白いです。

○エスカ&ロジーのアトリエ
錬金術が発達した世界が舞台のほのぼの冒険物語。エスカちゃんは隠れ巨乳
さて、主役の二人の名前がそのままタイトルになっていますが…。

エスカ&ロジーのアトリエ
…えっと、読み方は…「エスカとロジーのアトリエ」でいいんですかね?
エスカ と ロジー … エスカ ト ロジー

え?スカトロジー!?

いきなりマニアックな性癖を暴露されて驚いています。エスカちゃんもロジーくんも、冒険しすぎでしょ。

【2014年春】オッサン的アニメ感想 その4

就活しながらのアニメ感想。有り余る時間を有効に使おう。それにしても仕事したいなぁ、文章を書きまくりたいなぁ…。

◆健全ロボ ダイミダラー
地球人類に対して大迷惑な所業を繰り返すペンギン帝国。彼らに対抗できるのは「ハイエロ粒子」をエネルギーとする巨大ロボ「ダイミダラー」のみ。そして、ダイミダラーのパイロットとして選ばれたのは、女性に対しての淫らな行為を行うことでハイエロ粒子を発生させる高校生・真玉橋孝一!!巨乳美人お姉さんの楚南恭子をパートナーに、戦え!真玉橋孝一!!そのおっぱいはお前と人類の明日のためにあるのだ!!!

という、とっても頭の悪いストーリーです(笑)。今期のバカアニメ枠の筆頭ですな。もうね、「ダイミダラー(大・淫ら)」というロボのネーミング、正義ロボにはとても見えないクッソダサいデザインからしてどうかしている(褒め言葉)。怒涛のシモネタと、これでもか!と登場する女性キャラクターたちのお色気シーンがいっそ清々しいです。熱血ロボもののお約束を踏襲しつつ、本気でアホらしい設定に思わずニヤリ。個人的にはストーリーに関係のないエロは嫌いなんだけどダイミダラーは、エロがそのままストーリーに直結しているので見ていて妙に安心できる。
最新話では、主人公パイロットの交代(昔のアニメや特撮には稀にあったお約束)があり、女子高生が主人公となっており、パートナーの恋人とイチャイチャとさかりのついたバカップル姿を思う存分視聴者に見せつけていて「こいつら死んでくんねーかなー」とつぶやく長官に激しく同意(笑)。
突き抜けたアホとエロが心地いいバカアニメ、90点。お気に入りのキャラクターはペンギン帝国の首領・ペンギン帝王様!強くて優しく、部下たちの信頼も厚いペンギンの中のペンギンです!っていうか私もペンギン帝国で働きてぇなぁ!!ワシのマイシッポもまだまだ元気やでぇ~(>下品)


◆ラブライブ!
私立音ノ木坂学院に通う2年生の高坂穂乃果は、廃校の危機に瀕した母校を救うため、スクールアイドルになり、学校の知名度を高め入学希望者を増やそうと考える。そして、なんやかんやあって個性豊かな9人のメンバーが集まり、「μ’s(ミューズ)」として活動することに。果たして、穂乃果たちは学校の危機を救うことができるのか!?

というのが、一期の物語。現在、放映中の二期は廃校を免れた音ノ木坂学院の「μ’s」が、憧れの「ラブライブ」出場をかけてなんやかんやします。
とりあえず一期を見ておくと二期は何倍も楽しいんでおすすめ。ぶっちゃけ、物語としては大した話じゃないです。超能力やら異世界やらが出てこない現代劇なんで当然といえば当然なんですが。意外性とか求めずにわりと王道で青春アイ根(アイドル根性)を楽しみましょう。
ラブライブのキモは、なんといってもキャラクターのかわいさと劇中歌だと思います。私も一期を見て、「まあ、物語性はあんまないなぁ。YouTubeにPVがあるの?どれどれ(ポチリ)」と何気なくみた楽曲のPVを見てその完成度の高さにびっくりして、それからハマってしまったクチ。今ではipodtouchに『ラブライブ! μ's Best Album Best Live! collection』などの曲がしこたま入っている軽度な「ラブライバー」です。
ちなみに好きな楽曲は、「Snow halation(スノーハレーション)」、「輝夜の城で踊りたい」「after school NAVIGATORS(アフタースクールナビゲーターズ)」です。
恋愛歌は意外と少なくて、コミックソングか、応援歌的なものが多いのも特徴。個人的に男と女がどうだとか、会いたいのに会えないとか、彼を思って震えちゃたりするのは苦手なのでこの辺りもハマった理由かな。コミックソング大好きなんだよね。

楽曲以外では、個性豊かなキャラクターたちが織りなす、ドタバタ劇と顔芸がなかなかレベルが高い。最近のアニメは、『お前らオタクはこういうのが好きなんだろ?』と言わんばかりのなんとも脈絡のない“萌え”表現が多い気がする。制作者が思考停止した視聴者(萌え豚)に餌(萌え)を与えますよー、というような非常になめきった表現ですね。例えば「魔法○争」のヒロインのナースコスプレとか、いきなり巨大化する胸とか。
ラブライブでもキャラクターたちの仕草や言動にしっかりと“萌え”が組み込まれているんだけど、それは制作者側が視聴者(ラブライバー)の、日々妄想していることをしっかりと汲み取りつつ、しかもプラスアルファの要素をつけて還元しているという感じ。そしてラブライバーはそのプラスアルファの要素を見てまた新しい妄想をする、というなかなか高度な循環システムが構築されているように思う。当然それらの表現はちゃんとキャラクターの個性を反映したものであり、取ってつけたような萌え表現は少なく(まったくないわけじゃない)、キャラクターの仕草や言動を見ていても、『このキャラはそういうことするキャラなの?』とか、『この流れでこのエロシーンいるの?』というのがほとんど感じられない。キャラクターがメイド服を着てもそれにはちゃんと物語上の理由があるし、『にっこにっこにー♪』としてもキャラクターの個性から逸脱していない。だから多少あざとい仕草や言動を見ても、不思議と不快さは感じないのだと思う。


「にっこにっこにー♪」>矢澤にこ

そんなわけで、ラブライバーとして少し甘めの95点。マイナス5点はストーリーが少し馬鹿正直すぎるとこ。お気に入りのキャラクターは、いつも元気な星空凛ちゃんと、お米とアイドルが大好きな小泉花陽ちゃん。『りんぱな』は、大正義やでぇ~。


Love Live!【School Idol Project】Snow halation

【2014年春】オッサン的アニメ感想 その3

文章って、書き続けないとびっくりするくらい劣化するのね。久しぶりに真面目な文を書いてみたけどヒドイもんだわ。とりあえず毎日、何らかの文章を書いてリハビリせねば。というわけで、リハビリ深夜アニメ感想、いきます。

◆シドニアの騎士

太陽系が奇居子(ガウナ)と呼ばれる謎の生命体によって破壊されてから1000年後の世界。地球脱出に成功した人類の一部は、奇居子から逃れつつ植民可能な惑星を探していた。ってな実にクールな世界設定の王道SFアニメ。

SF大好きな私的にも非常に楽しみ&好評価。ガウナと呼ばれる異星生物の不気味な生体や閉鎖空間であるシドニア(宇宙船)内の生活、食糧難を克服するための人体の光合成改造、死んだ人を再利用する有機転換炉などなどその設定を読んだだけでワクワクしますわ。
キャラクターの性格づけも丁寧に描かれ、しっかりと感情移入できます。だから物語が進み、ある事件が起こった時の衝撃度は結構なもの…。

あと、シドニアで面白いと思ったのは、対ガウナ兵器である人型ロボットのコックピットディスプレイを始め、劇中の文字表記に漢字が多用されているところ。例えば操縦者の体温は「温36.4」、心拍数は「心122」。血圧は「圧115」のようにシンプルに表記されている。これが並みのSFなら体温は、「Tem(temperature)」、心拍数は「Beat」か「HB(Heart beatsの略)」、血圧なら「Pres(Pressure)」になる。生きるか死ぬかという極限の状態において情報の視認性は最重要であるからたった一文字で大まかな内容を把握できる漢字表記を使用するというのは理にかなっているんだと思う。こういう工夫は15年以上前のSFアニメ(コミック)「星方武侠アウトロースター」でも出てきたけどシドニアでも効果的に使われている。
久しぶりにハードなSFを堪能できるシドニアは今期アニメの大穴的存在、95点。マイナス5点はキャラの顔の造形が少しばかり「平たい顔族」になってしまうから(笑)。というのも本作品はフルCGで描かれているのが原因かな。「蒼き鋼のアルペジオ」もそうだったけどメカやガジェットはCGとの相性が抜群なんだけど、どうしてもキャクターの表情とかにはまだ少し違和感が。このあたりは、2Dと3Dの融合がほぼシームレスに見える「ラブライブ!」の技術が上なのかね?でも、セルアニメと同等かそれ以上のスムーズなフルCG時代は遠くない未来にやってくるんだろうね。お気に入りのキャラクターは熊の姿をした寮母のヒ山ララァさん。母性愛を感じさせるいいキャラです。熊だけど。


◆彼女がフラグをおられたら
他人の“フラグ”を見ることができる能力を持った少年旗立颯太が己に立った“死亡フラグ”を回避するため、大いなる存在の謎を追う物語…、というのは建前で、実際はテンプレ感ハンパない美少女たちに超ダダ甘やかされる物語。
“フラグ”というのは、例えば戦場で「俺、この闘いが終わったら結婚するんだ…」=“死亡フラグ”や、「敵が迫ってきた!よしこの車で逃げよう!…(キュルルル…キュルルル…)くそっ!エンジンが掛からない!(ドンッ!)よし、掛かった!!」=“危機一髪生存フラグ”のようなアニメや映画でありがちなお約束展開のための言動をさします。
少し前に放映された「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」もこんな風なメタ設定を題材にしてたね。
ツンデレ王女、天然お嬢様、どう見ても美少女な男の子、ダダ甘なお姉ちゃん、素直かわいい妹、幼なじみチョロイン、ちょっとズレたアンドロイド美少女、見た目幼女の巨乳老女(!)などなど、設定だけでも頭が痛くなってくる美少女たちが他人との接触を避けてきた主人公に「恋愛フラグ」や「友情フラグ」や「姉弟フラグ」を立てまくり、ダダ甘えさせてくれます。これだけ美少女が出てくるとどうしても特徴づけが難しいのか、口調も無理やり感がハンパなくて、「~やよ」「わらわは~」「ですですぅ~」などやりたい放題(笑)。
物語としては支離滅裂で唐突感を感じます。毎週見ていても「あれ?俺、一回見逃したのかな?」と首をかしげることもしばしば。
先にあげた「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」や「犬とハサミは使いよう」と同様、頭空っぽにして見るスラップスティック・コメディと考えていいかと。ぶっちゃけ普通に“クソアニメ”だけど、一周回って少し楽しくなってきました(笑)。55点。お気に入りのキャラクターは、ババ様こと、見た目幼女の巨乳老女ちゃん!…おい、ふざけてんのかテメェ…!?と青筋を立てながらも人間の性癖がもつ無限の可能性に恐怖する今日このごろです。
最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。