スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2014年秋】オッサン的アニメ感想3 期待度編

期待度55%以下の作品。途中で飽きたらあっさり切る予定の作品。『異能バトル』の大化けを期待してます。

■テラフォーマーズ
ヤンジャン掲載中のSF大作。西暦2600年代の未来、火星のテラフォーミング(他惑星の地球環境化計画)のために送り込まれたゴキブリが異常進化を遂げて我ら人類に牙をむく!ってな作品。劇画調のキャラデザも作風によく合ってる。地球から火星に送り込まれる人物たちは、動植物の遺伝子を組み込まれた超常の力を持つ戦士たち。オオスズメバチやらバッタやらの能力を持つ戦士たちの戦いは非常にスピーディーで迫力あり。1話の導入は非常によかったけど、2話からちょっと駆け足気味というか、セリフ回しとかに違和感あり。原作もまだまだ途中だし、これは先に映像化された「東京喰種(トーキョーグール)」と同じように中途半端で終わるフラグなのか…?バトル主体で残酷描写が多いがそれを自主規制の“黒い玉”が台無しに。ギャグかと思ったわ…。SF好きとしては期待せずにいられないがとりあえず期待度55%。

■異能バトルは日常系のなかで
中二病全開の主人公が所属する文芸部(もちろん主人公以外は美少女)一同が、ある日突然、異能の力に目覚めてしまうという日常系ギャグ・コメディ(?)。キャラデザは今風で可愛らしい。会話もテンポがいい。今のところ、ストーリーらしいストーリーもないが、このままギャグ路線で行くのか、物語をふくらませるのか。系統としては前期の大穴『六畳間の侵略者!?』テイストだが、どうなるか…ただのハーレムアニメならがっくりだが。期待度50%。

■トリニティセブン
キリスト教における「七つの大罪」をモチーフにした学園ファンタジー。そこはかと漂う『魔法戦争』臭…。思わせぶりなストーリーだがどうしても美少女たちのあられもない姿ばかりが強調される。ちゃんとストーリーを追ってくれたらいいんだけどなぁ。2話でおしっこを我慢する美少女3人とか、好きな人にはたまらないシチュエーションなんだろうけど、私はあざとすぎてダメでした。期待度50%。

■ガンダムGのレコンキスタ
富野節全開のガンダムの新作。時系列的には「ターンAガンダム」の時代の後になるのかな?ストーリーが非常に入り組んでいるらしいが、映像からその情報がほとんどなく、いわゆるガンオタが少ない情報をネット上で考察しまくるという楽しみ方をする感じか?正直、ガンダム好きじゃない人は置いてけぼりになるはずなのでオススメしません。とりあえず全話録って一気に見たいと思います。ビジュアルのテイストが微妙に宮崎アニメっぽいよね。期待度40%。

■デンキ街の本屋さん
秋葉原の本屋さんを舞台にした萌ラブコメ。うーん、登場人物たちがやたらと泣くんだけど、泣き顔が妙に性的で気持ちが悪い…。ストーリーも『オタクたちの妄想』の枠を外れることもなく、「だからなんなの?」という感じ。ギャグがどうも肌に合わんなぁ。期待度45%。2話まで見て合わなかったら早々に切ることをオススメ。
スポンサーサイト

【2014年秋】オッサン的アニメ感想2 期待度編

オッサンの今期のアニメの期待値を発表!期待度60~70%の作品たちです。今期はバカアニメが少なくて少し寂しい。『俺、ツインテールになります。』には、是非頑張って欲しい!

■グリザイアの果実
わけありの男子高校生がわけありの高校に転校してきて、わけありの女子学生たちとちゅっちゅする物語。といえばありがちだけど、その「わけ」がなかなかダークな雰囲気を醸し出している。セリフの言葉選びにもセンスがあって、期待大。珍しくおパンツ丸出しでも“謎の光”が邪魔をしない親切仕様。ときおりキャラがデフォルメされるがちょっと場面にそぐわないと感じることも…。かわいいんだけどね。期待度70%。

■失われた未来を求めて。
天文部の日常を描くラブコメディ…、と思わせておいて1話のラストで驚愕の展開に。ほぉ、そうきたか。往年の天文少年としても天文部が舞台というだけでワクワク。さらにSFチックな導入もあり、二重にワクワク。セリフの言葉選びにもセンスがあって、今のところ違和感なし。期待度70%。

■牙狼〈GARO〉炎の刻印
魔女狩りが幅を利かせていた暗黒中世っぽい異世界を舞台にした物語。今期の大穴その3。ストーリーはどうやら父と子の物語になりそう。テンポが非常によく、クリーチャーデザインも不気味で私の好み。絵柄が今風ではないが、熱いストーリーで大化けする可能性を感じる。期待度70%。

■天体のメソッド
幼い頃に住んでいた町に再び戻ってきた少女は、かつての幼い姿のままの不思議少女と出会う。ってな導入のSF(少し不思議)系萌えアニメ。ぷにぷにしたキャラデザはいまどき。舞台となる街の上空には不思議な飛行物体が浮かんでおり、これが物語の鍵となりそう。わりと登場人物に過去に暗いものが見え隠れしているので、鬱展開を経ての友情物語になるのか?期待度60%。

■俺、ツインテールになります。
今期のバカアニメ枠(褒め言葉)。異世界より『属性力』を奪いに現れた怪人たちを、ツインテールに異常な愛情を持つ主人公(男)が向かい撃つ!ツインテールバカの男主人公がツルペタツインテール美少女に変身して戦うとかホントアホです(笑)。どう考えてもバカアニメだけど、こういう枠は絶対に必要だと思うの。突き抜けたバカ展開を期待して、期待度65%。ちなみに私は「メガネ属性」の持ち主です。

■繰繰れ!コックリさん
自分を「人形」と称する少女が呼び出したのは、イケメンだけどちょっと過保護なコックリさん。モフモフな妖怪たちと何やら電波で心に闇を抱えた(?)少女の心あたたまるコメディ(?)。実は今期のBL枠だったりします?1話の導入がちょっと唐突感あり。脚本が微妙なのか?設定やキャラクターは面白い。妖怪の男性キャラは総じて美形で腐女子にも人気が出そう。正直、ギャグも話の運びも微妙で期待度50%というところだけど、モフモフ好きなので大甘で期待度60%。

【2014年秋】オッサン的アニメ感想1 期待度編

ほぼ秋の新作アニメが出揃ったので3話くらいまでを見ての感想を。アニメが見たくなったら参考にどうぞー。

■selector spread WIXOSS
WIXOSS(ウィクロス)と呼ばれる不思議なカードゲームにとらわれた少女たちの魂と願いをかけた物語。1期がものすごく気になる引きで終わっており、2期をむちゃくちゃ楽しみにしていた作品。運命を狂わされた少女たちが必死に現実に立ち向かう姿をハラハラしながら見るのが正しい見方。セリフ回しに性的な意味を含める意味深な演出は今回も健在。不吉さを醸し出す陰の演出もますます磨きがかかっている。絵面は地味目だけどストーリーでグイグイ引き込んでいく作品です。今回も視聴者の胃をkillykillyさせてくれるのか!?もちろん期待度は100%!

■棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE
待ちに待ってたチャイカの2期。禁断皇帝ガズの遺体を集めるチャイカ一行と、彼女たちを取り巻く陰謀の物語。相変わらず戦闘のテンポがいい。チャイカのかわいさも健在。小説は続刊中なのでアニメはオリジナルな結末を迎えるのかな。2話の時点では少しばかりストーリーの展開が遅い気がするのが気がかり。でも、期待度は100%!

■甘城ブリリアントパーク
廃園寸前のテーマパークの建て直しをすることになったハイスペックだがナルシストの男子高校生。超個性的なキャストたちを率いて果たして建て直しは成功するのか!
主人公がなかなか食わせ者で近年の善良でいい子ちゃんに慣れた試聴者からの反発も予想されるが個人的には気に入った。そして、入場者数25万人を達成するという制限期間ありのストーリーもなかなか面白い。特に裏設定である甘城ブリリアントパークに勤める“リアルキャスト”たちの正体は「ああ、そういう話か」と。個人的にはこういう設定は大好物。台詞回しなども上手で安心して視聴できそう。京アニらしいエロい女性陣のキャラデザも素晴らしい。期待度90%。

■魔弾の王と戦姫
今期の大穴その1。戦姫と呼ばれる異能の力を持つ女性たちが中世っぽいファンタジーな世界で群雄割拠の国盗り合戦を繰り広げる。主人公の弓使い(男)がなかなか熱くていい感じ。ストーリーも思いの外熱く、非常に楽しみな展開に。期待度80%。

■神撃のバハムート
個人的には今期の大穴その2に押したい。一時期、CMをバンバン流していたスマホゲームの映像化。剣と魔法の世界を舞台にした冒険活劇か?1話は非常にテンポよくびっくり。台詞回しもセンスがある。『パイレーツオブカリビアン』好きならニヤリとするんじゃないかな。絵柄に癖があるが、よく動くし表情も素晴らしい。期待度80%。余談だが、スマゲって儲かるんだね…お金のチカラを思い知る作品だと思います(笑)。

■結城友奈は勇者である
神樹様が守る現代社会によく似た世界で、『人々が喜ぶ校外活動を勇んで行う』部活動、通称「勇者部」に所属しさまざまな奉仕活動を行う4人の女子中学生が、世界を殺す敵・バーテックスを倒す「勇者」に選ばれた。というわりとありがちな筋書きの魔法少女もの。最近では『まどか☆マギカ』や『幻影ヲ駆ケル太陽』などもそれ系統だわな。キャラデザは今風の萌系だけど、樹海とよばれる異界やバーテックスのキャラデザなどは非常に前衛的で面白い。「一緒に国防に励もう!」というぶっ飛んだセリフや狙撃手である東郷さんの狙撃時のお尻プルルン表現なども楽しい。あからさまにまどマギを意識した設定だけど、脚本家はそれを見越してるはず。まどマギの亜流というミスリードを覆し、視聴者をあっと驚かせる仕掛けがあるのか、期待! それはそうと、神様に選ばれた少女って、古来から“生贄”と相場が決まってるんだよなぁ…。どうか誰も死なないで欲しいです。期待度80%。

■クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
「マナ」と呼ばれる魔法のような技術が発展した理想郷のような世界。しかし、生まれつきこのマナを持たないノーマと呼ばれる人たちは社会から隔絶され、虐げられていた。ミスルギ皇国の皇女アンジュは16歳の誕生日に行われた洗礼の儀で自身がノーマであることを暴露され、拘束。軍事基地へと追放され、そこで過酷な運命に翻弄されるのであった。
ストーリーがなかなか凝ってる。いわゆるディストピア物だが、ノーマを忌み嫌う独善的な皇女アンジュが、どう穢され、壊され、そして再生していくのかが楽しみ。性的な描写が多く、しかもかなり妄想を掻き立てる。雰囲気的には同じくサンライズの『舞-HiME』に似てるかな?メカのデザインがカッコイイ。期待度75%。

続きを読む

猫侍、整骨院に行く。

絶賛再就職活動中の猫侍です!録画していた「のんのんびより」の4話目をなんとなーく見ていたら再びボロボロ泣いてしまった…。こういう話、本当に弱いんだよ、年をとると涙腺がヤベェ。

半年ほど前におかしな寝方をして以来、右の肩の調子がおかしい。整形外科にはいったんだけど、レントゲンを撮てもまったく問題なし、とのことでシップすらもらえなかった。どうしたもんかと思っていたら、ジムのインストさんに「整骨院」を紹介されましたん。正直、整骨院とか整体師とかいうと、あやしい感じがしてたんだけど、せっかく教えてもらったので試しに行ってみた。

土曜日、小さな整骨院で男ばかり。空いていたのですぐに治療に。熊みたいな先生に、いつから、どこが痛いのかなどを話す。
「じゃあそこに座って」

先生が私の右肩、肩甲骨をぐいぐいと押す。少し痛い。

「ああ、肩甲骨回りが硬くなってるね。ここ、痛いでしょ?」

「ぐぁ…。痛いですね。そこ」

脇の下と肩甲骨の中間あたりを軽く押されただけで、痛みが。

「じゃあ治療始めますねー」


顔の部分に穴の空いたベッドに俯せになると、首回りと肩口に吸盤をペタペタ。
「電気を流します。痛かったら言ってください」
「あい」
いわゆる低周波治療器みたいなものかな。ビクビクと肩の筋肉が波打つのを感じる。結構気持ちがよい。それはそうと…

「あ、あああ、ふぅふぅ・・・あっ!あああ、ふう・・・あああっ・・・」
カーテン一枚向こうのお隣さんから聞こえる若い男の苦悶の声。

どうやらプロの競輪選手が治療を受けているよう。それにしても…

「うっ!?ああっ・・・そ、そこは、き、キツイ!ああっ!!いい痛い!!」

・・・・

「あああ、ふぅふぅ…!はぁぁ!!し、尻が取れる…!?」(←声がでかい)

・・・・(尻が取れるのん?)

どうも、お隣さんの治療は相当ハードのようで、20代前半くらいの男性がもンのすごい声を出してます。ぶっちゃけ、カーテン一枚向こうで、ホモビデオを撮影しています。って言ったら納得しちゃうような声です。残念ながらそっちの趣味もなく、腐女子でもない私は笑いをこらえるので精一杯です。

「あ、あの先生、お隣さんは拷問でも受けてるんですか?」

「うーん?まあ、お隣は拷問部屋なんだよ(笑)。こっちは天国だから大丈夫!」

次に2種類の電気治療を終えた私もマッサージを受けることに。

「はい、力抜いて」

「あい(ダラーン…)」

グッグッグッ…!

(お?おおお!?な、なんだこれ!?なんだこれ!?)

す、すげぇ!自分の右肩から肩甲骨にかけての筋肉がはっきりわかる!?揉む、というより筋肉をほぐすって感じぃぃ!?い、いわゆるマッサージチェアとかとはまったく違う感触!いいっ痛!?いや、き、気持ちいい?いや、痛い?!うひぃ?!わ、脇の下はヤバい!くすぐった…いいい痛っ!いや、我慢ガマン!うひぃぃ!!はわわわわ!!??なんだこれ!?すげぇぇ!!!

その後、2回ほど体位を変えて20分くらい揉まれまくり。いやー、正直、舐めてました。整骨院。ジムのインストさんから「名医」との話は聞いていたけど、ふつうのマッサージとはまったく質が違うのよ。なんというか、筋肉の繊維のなかに手を突っ込まれて、鬱血した血液を押し出される感覚?自分がうどんになったような…。とにかく生まれて初めての感覚に驚いた。

「はい、今回の治療はこれでおしまい」

「あ、ありがとうございました」

「腕の可動域、広がってる?」

「よいしょ…、あ、肩が上がります」

「じゃあ、また暇なときにでも治療に来て。肩は運動直後以外は冷やさないでね」

「はい」

診察料は、初診だったのに保険がきいて1400円!安ぅ!?

それはそうと、昔から芸能人とかがあやしげな「整体師」とやらに洗脳されてひどい目にあうってな話はあるけど、洗脳されちゃう人の気持ちもなんとなく理解(推測)できた気がした。
肩こりとか腰痛とか、西洋医学でもなかなかよくならない症状が、人の手で持って(一時的とはいえ)かなり改善される。しかも、その過程である治療を実際に体験するとわかるけど、本当にいままで体験したことのない感覚が患部を刺激するわけですわ。普段意識できない筋肉繊維の一本一本がもみほぐされていく感覚。まさに神の手(ゴッドハンド)。ツライ、痛い…、何をしてもよくならなかった体の調子が実感としてよくなると、『この人(整体師)は、自分のことをわかってくれている!』と思うのも無理ないわ。で、整体師に悪意があって口が巧みだった場合は、『身も心も自分を理解してくれる人』として患者さんの上位に君臨することも可能、と。そんな風に思った次第です。

本当に腰痛やら肩こりに悩んでいる人は、そのあたりのことをしっかりと理解していれば、最近、よく見るお手軽マッサージ屋さんに行くよりも、保険のきく信頼のおける整骨院にいったほうがいいですよん。

猫侍、フットサルに挑戦する!

絶賛再就職活動中の猫侍です!パソコンのIME(日本語入力システム)が、『ぜっ』と打ったところで、『絶賛就職活動中の猫侍です!』まで予測変換してくれるようになりました!俺より頭いいぞ!!

さて、日々、就活をしながら自堕落な生活を送っている私です。あまりにも他人と関わることがなく声がかすれちゃったり、わけもなく大声で叫びたくなったり、気が付くと「あー、みんな死んでくれないかなぁー?」などと物騒な独り言をつぶやいていたりとなにげにヤバイ。

うむ、これじゃあいけない!と思っていたところ、ひょんなところから『フットサル』のお誘いが。フットサルってあれだ、ミニサッカーだよね?サッカーもフットサルもまったく未経験だし、サッカー観戦もろくにしたことのない40過ぎのオッサンだけどいいよね?
というわけで、すぐに参加希望をメールで伝えました。ちなみに相手は、見ず知らずの人たちです。部屋に閉じこもりがちだから、おかしな心理状況になるわけで、他人と言葉を交わし、スポーツで汗を流せば多少は、持ち直すでしょう!

そして一週間後、都内某所にて『フットサル大会』に出場することに。
はやっ!展開早っ!? チームメイトの名前と顔も一致しないままに団体競技ですと!?・・・まあ、いいかっ!!

チームは全部で10チーム。AリーグとBリーグの2つにわけて戦います。うちはBリーグ。とりあえず5,6試合くらいはできそう。試合時間は10分。メンバーチェンジは自由。時間もないのでどんどん行くよ!ってな大会です。

出場チームには、地元のフットサルチームや警察官、消防隊などわりと“ガチ”なチームも・・・。

そんな中、我がチームは…。

「フットサルのルールって、サッカーとどうちがうの?たしかオフサイドはないんだよね?」
「人数は5人だっけ?あ、俺、フットサル用のシューズないから誰か貸して」
「作戦?とりあえずサッカー経験者のAくんをゴール前に立たせて、そこにパスを集めるってんでいいんじゃない?」


ど・素・人!・・・まあ、いいか!!

猫侍は、中学生の頃、好きだった女の子がサッカー部のエースとネンゴロな関係にあったという「うわああわわぁ!!??」なほろ苦い思い出もあり、ホント、サッカーとか大嫌いだったんでほとんどボールも触ったことがないのです。そんなわけで、本番の第一試合、コートの中で“ちょこん”とボールに触ったのがほぼ初めて。あ、ちなみにその“ちょこん”と触ったボールは相手チームへのパスとなってしまい、そのままゴールされちゃいました。テヘ☆

10分間、10mダッシュを連続して20本くらいした感じで動きまくって相手にプレッシャーをかけてみたけど、ほとんど意味をなさず。フットサルって、コートが狭い分、あんまりゾーンディフェンスとかマークとか重要じゃないのかな?とか、考えながら止まらない汗。一応、目の前にきたボールには反応できるけど、とにかく足で止めたり、蹴ったりする動作がわからなくてボロボロ。足の短さもあってボールに足が届かない…。

結局、6試合中4試合に出場したけど当たり前のようにいいとこなし!相手のゴールを腹で受け止めたり(それほど痛くない)、汗で滑って何もないところでドロップキックぽく空中に飛んだり、相手にパスしちゃったり(結果、全失点の4分の1が私絡み)と散々。大会参加者最年長とはいえ、ひどすぎですね。わはは。うむ、フットサル、そんなに甘いスポーツじゃないわ。

結果は、10チーム中、最下位ですよねー。
とりあえず怪我しないで終えられたことだけで御の字か。

今回のフットサル初体験で学んだこと。

・フットサルは甘くない。
・スポーツで汗を流すのはやはり楽しい。
・自分、運動神経は皆無だけど、スタミナは人並みにあるらしい。
・筋肉痛は二日後がピーク。
フットサルには女子がいっぱい!というのは完全に嘘!!どこに女子がおんねん!?みんな男ばかりやないか!?


以上です。フットサル、結構、楽しかったですよー。

ーーーーーー
最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。