スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽のクロワッサン

7月22日、46年ぶりの皆既日食。私も含め、往年の天文少年は大変楽しみにしていた日であります。空模様はあいにくだったわけですが実は東京でも生で見ることができたのです。11時過ぎ、会社の非常階段に同僚とおもむき、空を眺めます。ちょうどお昼頃なので視線は天頂付近。で、曇り空をぼぉーと眺めていますと…「でたーー!!」と近くの公園から子どもたちの歓声が。
日食
おお!!おてんとはん、しっかりと欠けてはる!コラえらいこっちゃでぇ~!?と、思わず怪しい関西言葉になってしまうほど、ふつふつと興奮が湧き上がります。古代人が日食を宗教儀式と結びつけた気持ちがわかりますね。
太陽は三日月のようなカタチに。厚い雲が黒いフィルターの役目を果たして肉眼でもその形がわかるのです。もちろん、長時間見てると目がチカチカしてくるので休み休み見るのが吉。でないと、ラピュタのムスカ大佐のようになってしまいます(「目が、目がぁぁぁ!?」)。

街行く人を観察してみると、子どもたちの歓声につられて幾人もの人が空を見上げています。カラスも大騒ぎです。ガーガー。おそらくこの瞬間、日本中の人が空を見上げているんだと思うと、ちょっと不思議な感じがします。

さて、日本では2012年5月21日に金環食という日食が見られます。“環”という漢字が示すように月が太陽よりも見かけ上若干小さく、完全に太陽を隠すことがない現象で、月と太陽が重なった時、指輪のように太陽のふちが見えることから金環食とよばれます。さて、3年後、私は誰とこの空を眺めているんですかね。

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。