スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鯨肉なんて食べたことないよ (長文)

オーストラリアでの反捕鯨活動のニュースが時折流れてますな。ふむ。

猫侍は、特に鯨肉にこだわりがない世代ですので、正直、鯨肉が食べられなくてもOK。鯨やイルカはその見た目から好きな動物なので食べたいとも思わない。ふわふわした猫が最高だけど、つるんとした海洋生物もかわいい。

じゃあ、猫侍は捕鯨反対か、というとNO。捕鯨賛成です。

以下、簡単に理由。

理由1.文化を認めよ。私は鯨肉にさしたる思い入れもないのだけど、ご先祖様が古来より鯨と戦い、その血肉を無駄なく使ってきたという文化的な側面は見逃せない。国際社会というのは異なる文化の集まり。私は犬も好きだが犬を食べる韓国や中国の食文化を卑しいとも思わないし、やめろとも言わない。他国が自分たちの物差しで日本の文化を否定するというのは間違っていると思う。文化として否定していいのは食人文化や他人を痛めつける行いだけだと思う。

理由2.水産資源の確保。捕鯨反対を叫ぶ団体ってのは、基本的にパトロンがいます。つまりお金をもらって活動している政治的な団体な訳です。で、某緑豆なんかを支援しているのは、北米などの牛肉、小麦生産団体だったりします。なんのために? 彼らの目的は鯨を筆頭にしたマグロなどの海洋食資源そのものではないかと考えます。つまり、日本人が世界の圧力に屈して捕鯨を止めたとたん、次はイルカを、次にマグロの規制を求めてきます。次から次へと要求はエスカレート。日本の水産食資源を奪い、自分たちの都合のよい商売相手にしたいのではと疑っているので。

理由3.オーストラリアの思惑が気に入らない。オーストラリア政府が日本の調査捕鯨を反対する理由は、別に「クジラがかわいそう!」といった博愛と動物愛護精神からなわけではありません。(オーストラリア人の個々人は「クジラがかわいそう!」的な博愛からでしょうが) オーストラリアは南極の一部の領有を主張しています。そして南極沿岸にEEZ(排他的経済水域)を設定し、その海域で鯨やイルカを捕ることを禁止する「保護海域」としているそうです。なので、オーストラリアの連邦裁判所は、オーストラリア政府の許可のない日本の調査捕鯨を違法だ、としたわけです。これがオーストラリアがいう日本の調査捕鯨反対の根拠。でもこの話はむちゃくちゃな話で、国際社会には「南極条約」と呼ばれるものがあり、南極の平和利用を約束したり、各国は南極の領有権の主張をしないことも含まれています。そしてオーストラリアもこの条約に批准しています。つまり、彼らは国際条約を無視し、南極の領有権を主張したいがために、日本の調査捕鯨に反対しているわけです。(最近は、オーストラリアも南極の領有権を主張せずに反捕鯨だけを旗印に掲げようとする動きがあるようですが、そうなるとちょっとヤバイかもです)

理由4.中国の思惑が気に入らない。オーストラリアはアメリカと同じく移民の国です。そして中国からの移民が非常に多く、華僑の影響力はオーストラリアの政財界およびマスコミにとって無視できないものとなっています。中国は自身の国際的なプレゼンス(存在)を高めるため、相対的に日本を貶めるための活動を世界中で行っています。特にアメリカでのロビー活動は露骨で、民主党議員のクリントン氏や日本の南京大虐殺を非難する決議を何度も提出している自称日系アメリカ人のマイク・ホンダ下院議員などは、その政治資金の提供先にあやしげな中華系会社や市民団体(という名の国営団体)が名を連ねているのは有名な話です。他にも2005年、奇しくもオーストラリアのシドニーにある中国領事館の一等書記官がオーストラリアに亡命を申請し、中国のスパイ活動を告発したのも記憶に新しいことです。中国が裏で手を引く反捕鯨活動、それがこの問題の別の側面だと私は考えます。ちなみにこの話は当然のようにほとんど日本のマスコミは報道しませんでした。

とりあえず大きな理由は以上の4つ。日本政府は、捕鯨問題が単に「鯨さんは大きくてかっこよくて頭がいいからお友達!食べてはダメ!」などというお花畑な問題ではなく、れっきとした政治問題であり、日本の国益はもちろん、世界の文化の多様性を認めるという真の意味での博愛的理由からも反捕鯨の風潮に断固として反対してほしいと思います。

まあ、猫侍はお魚や豚肉や鶏肉の方が好きですが。ちなみに猫侍は、飲み会で鶏の唐揚げに勝手にレモンをかけられても特に気にしないタイプです。

参考動画 オーストラリアのビールのCM 
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。