スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルトダウン認めちゃったよ!!(三村風に)

東電があっさりと「メルトダウン(全炉心溶融)」を認めました。

東電のいう「メルトダウン」は、いわゆる「チャイナ・シンドローム」と呼ばれる溶融した燃料棒が格納容器外に漏れ出した、という状況ではないのですが燃料棒がその形を保てないドロドロの状態になって、圧力容器の底に溜まって、さらに数カ所の穴も空けてしまっているという状態。で、東電とマスコミは、「溶け出した燃料棒も冷やされているので問題はない」と発表しています。…ええっと、冷却に使った10,000トン近い強烈な汚染水の行方が気になるのですが。あとこんな状態で1号機の屋内に人はいれるの? っていうか、なんで今さら「計器に異常が!突発的な事故で今気が付きますた」みたいな小芝居をうってるのよ。

マスコミも東電に同調して、「え!?メルトダウン!?(棒読み)」とか青天の霹靂のような反応で思わず苦笑いしたよ。お前ら、メルトダウンしてたこと、ずっと前に知ってただろ(笑)だから、青山繁晴氏以外のマスコミ連中はほとんど福島第一原発には近づいてないわけで。

そもそもメルトダウンの可能性は3月12日の震災翌日に、当の経済産業省の原子力安全・保安院の中村氏がそのものズバリ指摘しています。以下、3月20日当時の「週刊ポスト」様の記事。

地震発生から菅政権は混乱の度合いを深めていった。地震発生翌日の3月12日夜、原発より先に暴発したのは、菅直人首相だった。

 その日、経済産業省原子力安全・保安院の中村幸一郎・審議官が、「(1号機の)炉心の中の燃料が溶けているとみてよい」と記者会見で明らかにした。ところが、菅首相は審議官の“更迭”を命じた。

「菅首相と枝野官房長官は、中村審議官が国民に不安を与えたと問題視し、もう会見させるなといってきた」(経産省幹部)

「国民を不安にさせた」という理由で中村氏を更迭し、問題の矮小化を図ろうとしていたわけですな。ちなみに「国民を不安にさせた」のが更迭の理由なら、菅さんや枝野さんはとっくに議員辞職ですけどね。

参考までに福島第一原発の事故を時系列で追って見ると、政府や東電、原子力保安院らが、いかにいい加減な発表を行ってきたかがわかります。「チェルノブイリとは構造が違う!メルトダウンなど絶対にありえません!」とかテレビで何度も主張していた大学のセンセイたちは、今どの面下げてテレビに出てるのでしょうね。(←原発事故の矮小化を図ろうとしたセンセイたちは現在ほとんどテレビに出てきていません。そっと息をひそめてるのね)

■2011年03月12日 14時23分18秒 GIGAZINE様
福島第一原発1号機の核燃料が溶け出た可能性(クリックで記事にリンク)

「炉心溶融は、想定されている原発事故の中で最悪の事態だ。これが進むと、爆発的な反応を引き起こして広く外部に放射能をまき散らす恐れもある」とのこと。

東京大学の関村直人教授は「燃料のごく一部が溶けて漏れ出たのだろうと思われるが、原子炉はすでに停止しているうえ、冷やされている状況だ。ほとんどの核燃料は原子炉の中におさまっているので住民には冷静な対応をお願いしたい」と話しています。

↑3月12日の午後には、一部の炉心融解(メルトダウン)を報告しています。“ほとんどの”核燃料が外に出てないので、「安全だから冷静にねー」とのこと。


■2011年03月12日 20時57分 GIGAZINE様
福島第一原発1号機爆発について、何が起きたかが判明(クリックで記事にリンク)

・枝野官房長官、「格納容器の中に原子炉はあり、格納容器に損傷はない」。
・枝野官房長官、「放射能のモニタリングも確認したが爆発前と比べても濃度は上昇していない」。
・福島第一原発の周辺の避難の範囲を半径10キロから20キロに拡大。
・海水注入を開始。



■2011年03月13日 02時12分 GIGAZINE様
現時点で、炉心溶融が進行しているという事はないとのこと(クリックで記事にリンク)

・かなりの確率で炉心が破損していると考えられるが、現時点で、炉心溶融が進行しているという事はないとのこと。

↑この「現時点で」というのがミソね。「ただちに」と一緒に使われることの多かった枝野テクニック。


■2011年03月16日 16時00 (Twitpic 川井拓也様)

東電からの追加報告。 (クリックで記事にリンク)
一号機
・冷温停止中、水位は制御範囲内で安定、外部電源は受電有
・原子炉格納容器内での冷却材漏洩なし
・圧力抑制室の平均水温は100度未満を維持


■2011年3月23日 読売新聞様 
中性子線を検出、12~14日に13回(クリックで記事にリンク)

東京電力は23日、東電福島第一原発の原子炉建屋の約1.5km西にある正門付近で、これまでに2回だけ計測されたとしていた中性子線が、12~14日に計13回検出されていた、と発表した。
観測データの計算ミスで見落としていたという。

↑強力な破壊力を誇る中性子線の観測を、計算ミスで見落としちゃう。しかも10日過ぎてからの発表。スゲー…、ド素人の私でもドン引きした事件。


■2011年4月4日 産経ニュース様
ノーベル物理学賞受賞の学者さん、言い切る。(クリックで記事にリンク)

ノーベル物理学賞を受賞した原子物理学者でもある米エネルギー省のスティーブン・チュー長官(63)は1日、米紙ニューヨーク・タイムズのインタビューに答え、「詳密なモデリング(仮説実験)の結果、(福島第1原発の)ひとつの原子炉(圧力容器)は70%損傷しており、別の原子炉の核燃料棒は33%が溶融していることが分かった」と言い切った。

↑「ああ、言い切っちゃったよ…。いや、政府も東電も、もちろん日本のマスコミもわかってたんだけどね。でもそれを大きく発表するとさ、色々と問題が出ちゃうでしょ?」って、頭を抱えた人がたくさんいたと予想します。

とりあえず1号機関連だけでもこのあり様。こんな政府、東電とマスコミなので、海外のマスメディアの記者たちはもうすでに相手にしていません。嘘ばかりつく相手に取材をしても意味がないことを彼らは知っているのです。

以下、個人的には1号機爆発映像にも負けず劣らずな衝撃的な映像。東電の海外向けの会見に出席者ゼロ!でもお役所なので出席者ゼロでも会見はやります。お役所仕事此処に極まれり!!…これ、ホラーだよ。

■4月25日 無人で開かれた外人向け保安員・東電の記者会見

そして 誰もいなくなった。(クリックで記事にリンク)

さて、事故発生から2ヵ月。テレビは過去の出来事のように伝えていた原発事故でしたが、ここに来て再び黄色信号が灯りました。猫侍的には、再度の水素爆発、水蒸気爆発が当面の問題じゃないかと。とりあえずまだ終わってないので、皆さん、情報の収集と水の確保だけはしっかりとね。

追伸:「福島原発に関する報道規制及び言論統制状態まとめ」という面白いまとめを見つけたのでリンク。クリックで記事にリンクしています。先をこされてちょっと悔しい(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。