スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ワタミ】「自殺する人間の心が弱いんだ」

居酒屋チェーン店の「和民」で働いていた26歳の女性社員が自殺しました。女性は自宅近くのマンションから飛び降りて自殺したのです。入社2ヶ月間の時間外労働時間は計約227時間。月約140時間以上ですね。連日午前4時から6時まで調理業務、午前7時間の早朝研修やらボランティア活動、リポート提出と働き詰めだったことがわかります。

このような状況踏まえ提出された遺族の労災認定を神奈川県の労働者災害補償保険審査官はようやく労災と認定しました。しかし、この認定には実に4年もの歳月がかかっています。(横須賀の労働基準監督署は労災申請を一度不支給としています)
当然、労災認定に時間がかかったのは遺族と会社の間で争議があったからだと想像できるわけですが、この和民の代表である「渡邉美樹」氏は、この女性の労災認定があった後にこのようにツィートしています。

渡邉美樹氏:労災認定の件、大変残念です。四年前のこと 昨日のことのように覚えています。彼女の精神的、肉体的負担を仲間皆で減らそうとしていました。労務管理 できていなかったとの認識は、ありません。ただ、彼女の死に対しては、限りなく残念に思っています。会社の存在目的の第一は、社員の幸せだからです

猫侍はこの渡邉氏のツィートに戦慄しました。

「彼女の精神的、肉体的負担を仲間皆で減らそうとしていました。」

もし、本当に和民という会社が、彼女をフォローしたなら月140時間の時間外労働はありえません。一体、和民はどんな支援をしたんでしょうか。もうね、実際彼女の身に起きたことと渡邉氏の口から出た話が矛盾しまくりなわけです。

「労務管理 できていなかったとの認識は、ありません。」

渡邉氏は、月140時間の時間外労働に対し、人員の増強やメンタルのサポートなどまったくしていないにもかかわらず「労務管理はできていた」というわけです。和民は大きな会社ですので渡邉氏が一人ひとりの現場社員の労務管理をすることは当然無理なわけですが、トップとして労務管理に対する姿勢や体制を作る立場にあります。しかし渡邉氏に言わせると月140時間の時間外労働は〈常識的な労働に過ぎない〉わけです。

そしてとどめの一言、「会社の存在目的の第一は、社員の幸せだからです」。…開いた口が閉まらないとはこのことです。

くわえてこの判決後に、こんなツィートも書かれています。

渡邉美樹氏:バングラデシュ 朝、五時半に、イスラムの祈りが、響き渡っています。たくさんのご指摘に、感謝します。どこまでも、誠実に、大切な社員が亡くなった事実と向き合っていきます。バングラデシュで学校をつくります。そのことは、亡くなった彼女も期待してくれていると信じています。

和民は企業のボランティア活動の一環として、バングラデシュに学校を作っているそうです。で、そのことに言及する際に、自殺した彼女に触れているのです。「死人に口なし」とはよく言ったもので、亡くなられた彼女が真に望んでいたのは、遠い異国の地の学校づくりではなく、自分たちのまともな労働環境だったのではないでしょうか。

和民という会社は、過去にもノロウィルスの隠蔽事件(2010年11月)や賃金の未払い問題(2008年6月)など、様々な問題を起こしています。しかし、経済誌やテレビ、週刊誌などでは、このような問題はほとんど取り上げられることはありません。代わりに渡邉美樹氏をカリスマ社長として成功体験や経営哲学、人生哲学ばかりが取り上げられます。そういえば、前回の都知事選では渡邉氏本人が都知事に立候補しましたね。マスコミもこぞって時代の寵児のように扱っていました。

経済的に成功した人が、本当に正しいのでしょうか。他人を幸せにできるのでしょうか。成功の陰に、苦しんでいる人や泣いている人はいないのでしょうか。猫侍はマスコミの吹聴するそんな「美談」に常に「裏」を感じてしまうひねくれた人間のようです。

最後に、自殺した女性は自殺する前にこのようなメモを残しています。

体が痛いです.
体が辛いです.
気持ちが沈みます.
早く動けません.
どうか助けて下さい.
誰か助けて下さい

願い
細く力のない、だけど整った精一杯な文字を読んで、猫侍は目頭が熱くなり、強い強い怒りを感じました。

猫侍は度々自殺に関する話をブログで扱っていますが、本当に今の日本の状況は異常だと思うのです。病苦ではなく、貧困や過労働、精神的な問題などで人が自ら命を絶つという状況。その数は3万人以上。自殺認定する検視官の絶対数の不足のせいで、実際にはその3倍以上という話もあります。誰だって本当は死にたくないのに、痛いのは嫌なのに、苦しいのは嫌なのに、そのすべてを受け入れてまで死を望むというこの国の閉塞感。「自殺するのはそいつの心が弱いからだ」などという暴論をいう人間に、「それは絶対に違う!」と真正面から言える、そんな空気の読めない人間に猫侍はいたいのですよ。
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。