スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【諦観】韓国への心境の変化について【諦韓】

最近、中国や韓国関係のネタ記事を書かなくなった猫侍です。

いやね、ネタ自体はいくらでもあるんです。冗談抜きで日替わりで出せるくらいに。
特に、韓国の反日記事は酷いもので、「旭日旗は国際的にも許されないナチスドイツのハーケンクロイツと同様の“戦犯旗”ニダ!」(←そんな事実はない)とか、「日本は原発で汚染されていると世界中に広めるニダ!」(←陰湿なロビー活動)とか、「親日家は財産を没収するニダ!」(←法治国家とは思えない事後法)とか、なんで日本のマスコミが総じてスルーするのか理解できない異常な話がほぼ毎日出てきます。

で、毎日、そういう異常な話を見ていると、ぶっちゃけこの国(本当に国なのか?)と関わるのは時間の無駄、というか本当に言葉の通じない隣人なんで正直、もう、いいやって感じに。なんだろうねこの感覚。諦観(諦韓)といえばいいのかな?

中国人も反日なのは確かなんだけど、個々の人間は意外と冷静で「竹島?尖閣は中国のものに決まってんじゃん。でも、まあ、俺達個人が何言ったって変わらんよね」とか、「ぶっちゃけ共産党って糞ですわ」とか普通に言うの。自分たちが中国共産党という国民の命を虫けらみたいにしか思っていない集団に牛耳られてしまっていることを理解し、その中共が自分たちの汚職や政策矛盾やらを人民の目から背けたいために「反日」を国策としてやっていることを理解してる。厄介な隣人であることは変わりないし、韓国よりもよっぽど警戒しなければならないんだけどね。それでも一応、空気を読むんだわ、中国人は。少なくとも私が直接話した中国人留学生たちはそうだったな。

でも、韓国人はちょっと違う。韓国政府も自分たちの汚職や国民に知られちゃいけない歴史を覆い隠すために「反日」を国策としてやっているんだけど、韓国人の多くはマジでそれを鵜呑みにしているんだわ。今どき、インターネットで「日韓基本条約」とか「旭日旗」のこと調べれば、自分たちがいかにアホなことを言っているかってすぐに分かりそうだけど、本気で知らないし、知ろうとしない。そりゃ韓国人の個人を見れば、気がついている人もいるだろうけど、少し口を滑らせて日本を擁護したり、韓国側の主張の矛盾を指摘しようものなら国を上げてつぶしに掛かる。韓国の歴史教育の嘘や、従軍慰安婦の矛盾を指摘した韓国の大学教授・李栄薫氏は、親日家と罵倒され、自称慰安婦の老人たちに土下座までさせられている。マジで議論の余地もなく北朝鮮並に言論の自由がないんだよ。その結果、中共以上に「反日」という洗脳が根深くなり、山積みされた国内問題よりも「反日」活動のほうが重要度が高いという、無茶苦茶な国になっている。

そんな無茶苦茶な国とは、もう関わりたくない。数年前なら日本のネット上で言われていた「韓国との国交断絶」という論調も、「いやいや言い過ぎだろ。一応、議論のルートくらいは残しておけよ」と言っていたんだけど、もう最近は、「国交断絶…ありだな」という心境の変化に。だって議論になんないんだもん。議論にならん国のことを書くのはやはり無駄なんで、ブログで取り上げる頻度も控えようかと思った次第です。
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。