スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移民の受け入れ否定は差別なのか?

以前から経団連とかが『移民の推進による外国人労働者の受け入れ』を推進しようとしているね。少子高齢化が進む日本において、労働人口の確保は移民の受け入れでしか達成できない、ってのが大まかな主張。

でも、私は移民の受け入れは、基本的に反対。

昔、そんな話をしたら「猫侍さんって右翼とか差別主義者なの?」とか見当はずれのことを言い出した子がいた。んじゃ、キミはどう思うの?と聞くと、「日本の人口維持も大切だし、若い人が嫌がる職業もあるわけだから外国人労働者を受け入れるべきだと思う」という。

あのな、どっちが差別主義者なんだよ。


結局、いま、外国人労働者の受け入れを是とする人の結構な数の人が、移民の方たちに『日本人がやりたがらない単純作業労働(工場勤務やサービス業等)や危険作業をやらせたい』とか思ってる。日本人の経営者の無策や政府の怠慢を外国人労働者で補うことが正しいことだと言うわけだ。これが人種差別でなくて何なんだと。移民は3K(キツイ、キタナイ、キケン)専属のロボットじゃないんだよ。

私が移民の受け入れに反対なのは、こんな風に外国人労働者を奴隷か無機質なロボットのように考えている一部の日本人の浅ましさが透けて見えることが一番の理由。

で、第二の理由は単純に日本の社会制度が彼らを受け入れるに足りるだけの法整備がなされていないことなのな。

仮に移民を受け入れたとして、第一世代は、働いて衣食住さえある程度保証されればそれで満足っていう人は多いだろう。でも彼らだって結婚し、子どもを産むわけですわ。で、第二世代からは第一世代のような衣食住さえあれば満足、なんてことには絶対にならない。人間には向上心や欲ってのがあるからね。

よりよい職場、よりよい教育、よりよい社会保障システム。

そういうものを求めて、移民の方が声を上げることは予想できるわけよ。もちろん、それ自体は正当な権利なんだけど、問題は移民の中には、自分たちの意見が通らなければ、結託して日本社会と衝突する可能性が高い国の人も多いと言うことなんだよ。

北京オリンピックの際、日本を走る聖火ランナーを守るためにどこからか沸くように出現した数多くの中国人留学生たち(これは本当に不気味だった…)、日本人のヘイトスピーチに抗議するという名目で新大久保に現れた在日韓国人たち、郊外の団地を占拠し我が物顔でいる中南米人労働者たち。彼らの姿に眉をひそめた人も多いと思う。ぶっちゃけ、中国の例なんかは、中共政府の息のかかった学生たちが日本国内で活動してたりする証左だったりする。本国の政治信条を他国日本で大手を振って主張するって…それを許す日本はどんだけフリーダムなんだよ。

で、今の日本にはそんな“不良外国人(便宜上こう書く)”を取り締まる法律やらシステムやらが圧倒的に不足してるんだよ。あとそういう不良外国人を手引する日本人を罰する法律がね。特に反日を掲げる某国対策として「スパイ防止法」の制定が必須なわけだけど、一部の議員さんの大反対でそれすらもままならない。まさかスパイ防止法が制定されたら困る議員さんなんかいないでしょうけどねー?ハクシシュ!?あー、何かくしゃみが出たわ。

そんなわけで、私は移民の受け入れには基本的に反対。受け入れ条件としては、ある程度の知的水準にあり、職業技能を持ち、出身国と政治的なつながりがなく、反社会的勢力と組みしないこと。そして、万が一、日本国内で反社会的活動をしようものなら厳重に処罰を下せる法整備が必須だと考えるわけです。

でも、一番の労働人口の減少対策は、産業のオートメーション化と、女性が子どもを産み育てる環境づくりをすすめることだと思うけどね。

あと、30過ぎの独身男性には政府もあの手この手で『婚活』を推し進めて欲しいね!!なんだったら私がその実証モデルの被験者になって上げてもいいよ!!たとえば一夫多妻制とかさとかさ!!マジでマジで!!(必死な形相でアッピール)
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。