スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第一回】 銭湯講座 準備編

【第一回】銭湯講座 準備編

自宅にお風呂がないため(シャワールームはあるよ)週に4日はジムのお風呂に、週に1日は銭湯に通う猫侍です。

ところで最近の若い人は、銭湯とかにほとんど行ったことがないんだってね。自宅のお風呂もいいけど銭湯のデカイ湯船で足を伸ばして入るのって気持ちいいんだけどねー。

そんなわけで、お風呂大好き猫侍が、銭湯初心者のための銭湯入浴講座を開講しまーす!
多分に猫侍流の方法が書いてあるのでそこんとこご注意ください!あと、異常に詳しく書くので3回に分けて書くので長文にも注意!!


【銭湯に行こう!】
●銭湯に持っていくもの
銭湯料金/着替え/タオル2枚/シャンプーやボディーソープなど/ロッカー用の100円玉2枚/冬場は十円玉を数枚

●銭湯のおすすめ時間
銭湯は、夜の9時以降に混む場所が多いようです。夜8時からの1時間は、結構空いています。立地や曜日によっても違うようです。なお、午後3時から開いている銭湯が多いのですが、一番風呂をいただきにくる近所のお年寄りが多い場所もあるようです。夕飯前の時間は混むときもありますが回転率も早いようです。(常連は長湯しないので)
定休日は月曜日が多いようですが場所によって違いますので事前に調べておきましょう。

■■銭湯の利用料金(2015年現在)■■
・小人(6歳未満の未就学児)80円
・中人(6歳以上12歳未満の小学生)180円
・大人(12歳以上)460円


店によっては有料でサウナの利用もできます。だいたい400円前後を追加すれば専用のタオルを貸してもらえるところが多いようです。ちょっと高いですね。
サウナ利用者はもちろんですが、使わない人も入浴前には十分な水分補給を心がけてください。入浴中の事故を未然に防ぐことになります。また、お酒を飲んでの入浴は控えてください。

ちなみに男児が女湯に、女児が男湯に入ることもできますがこれは自治体によって違っていて、東京では10歳までというところが多いようです。ただ、個人的には、7歳(小学2年生)くらいまでと考えたほうがよいと思います。子どもを性的なトラブルから守るのと同時に、女湯においては男児の入浴を不快に思う女性が少なくないからです。ところでコナンくんはあの体で女風呂とか入り放題じゃないですかー、羨ましすぎですー。

銭湯の道具一式を入れるのは、コンビニ袋でも自宅の桶でもOK!(シャレじゃないです)私は100円ショップで買った水はけのよいプラスチック籠を愛用しています。
最近の銭湯ではシャンプーなどを備え付けているところも多いのですが、大概ニオイのキツイ、リンスインシャンプーなどであまり質はよろしくないです。せっかくですので使い慣れている自宅シャンプーなどを100円ショップなどに売っている小瓶に詰め替えて持って行きましょう。

靴箱や着替え用のロッカーで100円利用の店もあるのでそれ用の小銭も用意。なお、ロッカーのお金は使用後に返却されます。取り忘れないよう注意!
また、冬場は髪が濡れたままだと風邪を引くので銭湯でドライヤーを使いたいのですが、有料の場所も多く、その場合5分20円くらいが相場です。小銭のご用意を。

銭湯についたらお金を用意。現在では漫画によくあるような番台はほとんどなく、靴箱の奥に受付がある方式が多数です。ここで利用料金を払います。サウナ利用の場合は追加料金も。

【浴室に入る前に】
男湯と女湯にわかれています。店によっては曜日によって入れ替わることもあるので入り口の表示には注意
ロッカールームで着替えますが、基本的に一人1つのロッカーを使用しましょう。複数使用はマナー違反です。
ロッカーキーは、基本左右どちらかの手首に着けるのが一般的です。頭を洗うときに邪魔になるからと足首に着ける人もいます。よく同性愛者たちが足首につけて同士の合図にしているという噂も聞きますが、それは新宿2丁目のサウナなど極々一部の暗黙の了解らしいのでその趣味のない方(ノンケ)は気にしなくても大丈夫です。…やけに詳しい?…猫侍は何故かそういう趣味の方に人気のようで数年ごとにナンパされるのです。なので無用なトラブルに巻き込まれないよう調べたのですよ…。
銭湯には体重計が置かれています。風呂あがりの濡れた足で乗るのはあまり褒められた行為ではないので、量るのであれば入浴前にどうぞ。
眼鏡着用の人は基本的に外してください。意外と眼鏡は熱に弱く、お風呂の温度でもコーティング等に悪影響を及ぼす可能性があります。同様に防水加工の時計も外すのがいいでしょう。時計が他人とすれ違った際、ぶつかって思わぬ怪我に繋がる可能性もあります。また、浴室での眼鏡着用は、ぶっちゃけ同性愛者かロリコン(ショタ)の疑いをかけられることがあります。要はジロジロ見るなってことです。
トイレは大丈夫ですか?濡れてからのトイレ利用もあまり褒められた行為ではないので、浴室に入る前にしっかり済ましておきましょう。もちろん、入浴中にもよおしたらその場でせずに体をよく拭いてからトイレに行きましょう。トイレから帰ってきたらしっかりその場所を洗うことも忘れずに。

【浴室に入ったら】
浴室に入ったらかけ湯をしてさあ、浴槽へ!と言いたいところですが落ち着いてください。実はコレ、マナー的にはNGです。また風呂に入ってから洗ったほうが汚れの落ちが良い、という話も聞きますが、実は湯によってふやけた肌は想像以上にやわくなっており、ボディタオルで普通に洗っただけでも必要以上のダメージを与えてしまいます。お肌のためにも体を洗うのは湯に入る前が正解です。

あ、お風呂に入る前に誌面が尽きました…。
次回は「カラン編」です!

ーーー【第一回】銭湯講座 準備編 まとめーーー
・入浴料金は大人460円。
・サウナありの店は別料金が多い。
・入浴前の水分補給を忘れずに。
・入浴道具は基本的に持参したほうがいい。
・ロッカー使用に100円(返却あり)が必要なことも。
・トイレと体重測定は風呂に入る前に済ます。
・眼鏡や時計はなるべくしないほうがよい。
・お風呂に入る前に体を洗うのがマナー。
スポンサーサイト

テーマ : 独身男性の日記&独り言
ジャンル : 独身・フリー

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。