FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2014年春】オッサン的アニメ感想 その2

むぅ、本当は今日、歯医者さんの定期健診だったのだけど無職のまま行くのがちょっと気まずくてキャンセルしちゃいました。先生も歯科衛生士さんも私が会社を辞めた事情を知ってるから余計にね。。。まあ、次の定期健診では無事に再就職できたことを土産に行きたいと心に誓うのでしたマル

◆ご注文はうさぎですか?
略称「ごちうさ」。コーヒー薫る喫茶店「ラビットハウス」で住み込みバイトすることになった主人公ココアちゃんと、その仲間たちのキャッキャウフフの日常をニマニマしながら眺めるアニメ。ココア役の佐倉綾音さんの声が、「那珂ちゃん」の声にしか聞こえない私は艦これユーザーです。でもなんで声優の佐倉綾音さんの声って「か゛わ゛い゛い゛~!」って風に聞こえるんだろう?よく聞いてもそんな風には言ってないのに、脳内で声を再生すると「か゛わ゛い゛い゛~!」になるんだよなぁ、不思議だ。あ、佐倉さんはかわいいし、声も「夢喰いメリー」の頃から大好きです!
で、ごちうさですが、内容はないです(アッサリ)。かわいいキャラクターたちがキャッキャウフフして、毒にも薬にもならない会話を楽しむ環境アニメです。個人的には「ゆりゆら」までとはいかないまでも「のんのんびより」くらいには毒の要素も欲しいところ。お気に入りのキャラはうさぎが苦手なのにうさぎには好かれ、貧乏だけどお嬢様気質、コーヒーで酔っ払うちょい百合少女のシャロちゃん!って属性多すぎやね(笑)。70点。

◆それでも世界は美しい
雨を降らせる特殊な能力を持つ「雨の公国」の第四公女ニケは、世界を統一した「晴れの大国」の太陽王リヴィウス一世の元に嫁ぐことに。はじめ互いに反発するも、やがてニケは自分の意志でリヴィウスを支えることを決意する。ってな導入の少女漫画が原作ということもあって、結構ロマンチックな作品。
年上女房、年下彼氏にキュンときちゃう人はそれだけでご飯3杯いけるんじゃなかろうか。キャラクターもやや古い(というか少女漫画らしい)造形ではあるが、落ち着いた色調の画面と相まって非常にしっくりしている。

ただひとつ、個人的に不満なのは、「第三者の痒いところに手が届くようなお節介」が目につくこと。例えばね、ニケとリビがお互いの考え方の違いや勘違いからすれ違ってしまうとする。するとニケの元にまるで天からの使いの如く、リビの過去の悲しい出来事やらリビの本心を携えた第三者がやってきて、「リビィウス様にはこんな過去があるんですー、ツンケンしてるのはこんな理由で本当は違うんですよー」とご親切に教えてくれるんですな。で、ニケは「そうか、リビは本当は辛かったんだ!そんなリビの本心に気づかないとは自分が情けない…」と、自己反省してリビの元へ、っていう流れが結構ある。そりゃ都合良すぎるだろ(笑)。
私たちも現実世界でこれと似たような想像は良くするよな。例えば、上司に朝5分の遅刻をしたことをネチネチと咎められていた時。心の中では、『いや、今朝4時までかかって今日のプレゼン用の資料を作っていたんだよ!遅刻は遅刻だけど多めに見てくれよ!』と叫んでいるけど、それを自分の口からいうのはちょっと嫌らしい。そこで思うわけです。『誰か俺が今朝までプレゼン用の資料作りをがんばっていたってこと、いってくれねーかなー』って。でも、大概の場合、この都合のよい『第三者』なんてのは現れることはなく、胸の中のモヤモヤは晴れることがない。現実はきびしー!(笑)
話を戻すと、「それでも世界は美しい」では、少年王の苦悩の原因を、その『第三者』が一々ニケにご進言することが多いってこと。物語というのは確かにご都合主義でなければ成り立たないものではあるんだけど、ちょっとその頻度が多いかな。善意の第三者は、二人の人柄が呼び込んだという考え方もできるけど個人的には興ざめに感じる。
物語としては良く出来ているし、おねショタの魅力も十分にある、家族で安心してみることのできる良作なんで、90点。お気に入りのキャラクターは元気でやさしいニケ姫様。

◆ニセコイ
少年ジャンプに連載中の人気ラブコメが原作。幼いころに再会と結婚の約束をした少女に錠前付きのペンダントの「鍵」をあげたヤクザの息子楽くんが、対立するマフィアの娘千棘ちゃんと、ニセの恋人をやることに。でも、楽くんには憧れの同級生小野寺さんもいて…。という感じの王道ラブコメです。
うん、まあ、原作が終わっていないので主人公の楽くんが誰を選ぶのか、または選ばれるのかってことがアニメで判明することはないのは十分に理解するんだけど、なんというか、ここまでグダグダでいいの? 物語の「鍵」は、文字通り楽くんが幼い頃にあげた「鍵」なんだけど、その所有者がすでに3人て…。この煮え切らない感じがちょっと人を選びそう。
シャフトらしい演出もぶっちゃけ飽きた。登場人物が「ドキッ!」とした瞬間、骨格が出て心臓が脈動するとか、こういうの演出がお洒落なの?まどか☆マギカでその独特な魔女空間を創りだした「劇団イヌカレー」も演出に参加しているけど、あまり相性がいいとは思えないなぁ。犬カレー好きだけど。
あと、ヤクザやマフィアが“いい人”描写されちゃってるのが気になる。フィクションだと言ってしまえばそれまでだけど、現実のヤクザやらマフィアは、千棘ちゃんや小野寺さんくらいの少女をシャブづけにして裏ビデオに出演させて資金源にするようなクズなわけで。というかこういう同人誌、たくさんありそう(笑)。
とりあえず、甘々なラブコメ、女の子キャラのかわいい仕草が見たい人にはおすすめ!私はちょっと、そういうの、いいや。45点。お気に入りのキャラクターは、報われない雰囲気が溢れだしている小野寺小咲ちゃん。ってか、あそこまで小野寺さんは「楽くん好き好きオーラ」を出してるのに、それに気づかない主人公って本当は小野寺さんのこと好きじゃないんじゃないの?マジで「キムチ…」はねぇだろうよ…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。