スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くまのプーさん、ポーランドで露出狂指定される。

ポーランド中部の小さな町で「クマのプーさん」を子どもの遊び場で使用することを禁止したというニュース。

町議会は、プーさんは「性別があいまい」「下半身に何も着用していない半裸の状態で不適切」であるとして、子どもたちの目に触れさせるべきではないと判断したそうな。

確かにプーさんは赤いセーターを着用してるけど、下半身は何も着けてないわな。もっともプーさんは童話世界の熊のぬいぐるみなので履いてなくても問題はないわけで。

まあ、こういうアホなことをいう輩というのはどこの国にもいるわけで、どうせこんなバカな規制はすぐに撤回されると予想します。

それはそうと、全裸キャラクターといえば日本にもかなりの大御所がいることをご存知でしょうか。

それがコイツです。
露出狂

官憲の犬のくせに全裸です。しかもマニアックなことに己の体を革ベルトで縛るというとんだ変態野郎です。さらにコイツには家族がおりまして、父親、母親、妹、弟、爺さん、婆さんがいます。

露出ファミリー
ピーポーくんの父親は当然、露出しております。スーツにネクタイ、でも下半身は丸出し。腰に手を当てた堂々とした変質者です。お母さんは見た感じ問題なさそうですが、変態父の伴侶ということで、彼女も裸エプロンに違いありません。もしくはノーパンプレイの真っ最中だと予想できます。妹もワカメちゃん仕様であることが見て取れますが当然、下は履いてないとみるべきでしょう。そして、何故か一番、素っ裸でも違和感がないであろう乳飲み子のピー太には隙がないという仕様も謎です。お爺さんは当たり前のように下半身を露出しておりますが、その遺伝子は息子、そして孫へとしっかりと受け継がれております。個人的には頭の一本毛が気になります。波平さんもそうですが爺さんは一本毛にするというルールでもあるんでしょうか。そして最後は婆さんですが、お婆さんはしっかりと着物を着こなしており隙がありません。淑女のたしなみというところでしょうか。まあ、婆さんの下半身露出など見たくないという万人の空気を読んだ結果といえなくもありません。

このように、官憲のキャラクターであるピーポー一族は基本全裸の謎な生き物ではありますが、当然、人間ではないので裸でも問題ないのです!そうです、人間でなければ全裸上等であると、お上が認めたということなのです!!

そして、私は思ったわけです。「あ、人間やめちゃお?」と。

思うようにいかない再就職活動によってストレスを溜め込んだ私めは、常に“抑圧からの解放”を求めてやまないわけです。己の肉体を縛り付けるこの“服”という拘束具を今こそ、今こそ脱ぎ捨てて!!

己を、解き放つ!!

  (  ) オノレヲ
  (  )
  | |

 ヽ('A`)ノ トキハナツ!
  (  )
  ノω|

 __[警]
  (  ) ('A`)
  (  )Vノ )
   | |  | |

☆よいこの豆知識☆
ピーポーくんの名前の由来は、「Peoples Police」と、警察車両のサイレンのダブル・ミーニングなんだよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。