スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎市、電話で「SOS」を。でも相談は平日9時半から17時までな!

不安や悩み、電話で「SOS」を 
川崎市が小中高生など対象に相談窓口 (2015.3.7 産経ニュース様 クリックで記事へ)


上村さんの事件を受け、川崎市教委は6日、学校内外での人間関係などに不安を感じたり、悩みを抱えている市内の小中高校生や保護者を対象に、緊急で電話相談できる窓口「ダイヤルSOS」(電)044・200・3288を9日に開設すると発表した。
相談の受け付けは、平日午前9時半~午後5時。市教委は、全市立学校に「ダイヤルSOS」の案内チラシを配置し、児童生徒らへの周知を図る。(以下略)


・・・平日9時30分~17時。保護者なら電話できるね!でも、小中高校生は学校にいる時間だね!学生は学校の休み時間に電話してね!ってことか!
・・・アホか。せめて土曜日の午前中くらいは窓口開けておけばいいのに。結局、川崎市の教育委員会も「ちゃんと仕事してますよ」アピールのために電話窓口を開設したって言われてもしょうがないわな。もっとも仮に24時間対応したとしたって、いったいどのくらいの悩める児童が教育委員会様の開設したありがたい相談窓口に電話するんだろうね。

これは川崎市に限らない話だけど、「教育委員会」という謎組織はだいぶ前から地域の「名士」と呼ばれる人のちょっとイイ感じの「肩書き」になっているという。別に教育問題に造詣が深いわけでなくても、「当該地方公共団体の長の被選挙権を有する者で、人格が高潔で、教育、学術及び文化…に関し識見を有するもの」であれば選挙のような公選制もなく、なれちゃう実に不思議な役職なんだわ。人格が高潔ってなに?教育や学術、文化に見識を有するって具体的にどういうこと? 実は、そういう具体的な資格はなくてあくまで行政の主観で選ばれてる。だから、教育委員会の委員はわりとコネが多いそうな。つまり完全に形骸化した組織だといわれている。
ぶっちゃけ、名刺に「○○市教育委員会」という肩書がほしいだけのオッサンやオバサンも多いと思われる組織だから、児童のいじめ問題や傷害事件、自殺なんかの問題が起きると見苦しいほどの保身行動を見せる。『自分たちの責任じゃない。これは社会が悪いんだ。親の教育が悪いんだ。』そういうのが透けて見えるのが、テレビなんかでよく聞く、「児童に命の尊さを改めて教えていきたい」なんていう100回以上聞いたと思われる常套句。誰の心にも響かない、空虚なコトバ。コピペの意思表明。具体性に欠けるキレイ事。

別に私も教育委員会があるからいじめ問題や事件が起きるとは思っちゃいない。けど、教育委員会が自らの保身のために、教育の現場に圧力を加えたりすることで、問題の矮小化や隠ぺいを行いやすいというのはあると思う。今回の川崎市の電話相談もそんな問題を早期に収拾させたい、大人たちの姑息な考えが見え隠れしているようにも思うのは、私の気のせいだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。