スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015 春アニメ 復習編

絶賛グレー企業で心を少しづつ蝕まれていく猫侍の一服の清涼剤。それが深夜アニメ!
そんなわけで、書きためたまま忘れていた「2015年の春アニメ」の感想をメモ!

----良作(ぜひみてもらいたい!作品)----

■放課後プレアデス
水ようかん型(笑)宇宙人の宇宙船のエンジン探しを手伝うことになった女子中学生たちは、魔法使いとなってエンジンの欠片を探しに魔法の杖にまたがって空を駆ける!
自動車メーカーのスバルが全面協力しているという変わり種のアニメで、主人公たちの乗る魔法の杖は「ドライブシャフト」と呼ばれて起動音がそのまんまスバル車のエンジン音だったりする凝りよう。そして、彼女たちの冒険は宇宙にまで広がり、月や土星、果ては太陽系外深部のカイパーベルトにまで到達する。猫侍は子どもの頃から星が好きで、今でも趣味のひとつに天体観測を上げるくらいなんだけど、本当に宇宙の描き方が理論的かつ綺麗、そしてロマンチック!毎回、ワクワクしながら少女たちの冒険を楽しめた!目立たない作品だけど、すごく好きな作品。これは万人に見てほしいなぁ。100点!!

■シドニアの騎士
SFアニメ「シドニアの騎士」の続編。全編3Dで意欲的な映像美。2期目である今回は、ラブコメ要素が強めだが、SFとしての緊張感は逆に緩急がある分、増している。ガウナと人間の細胞から作られた融合個体つむぎは、今期のベストヒロインと言われるくらいの可愛さ!見た目はピンク色の一つ目の触手イルカなのに一々動作がかわいい(笑)真ヒロインの器となったイザナの顔芸も磨きをかけている。SF好きじゃなくても楽しめる一級品の娯楽作品だと思う。100点!!続編希望。

■えとたま
干支の十二支の入れなかった猫娘がETM12というバトルに勝って干支神をめざすというなかなか面白い物語。渡辺明夫氏の可愛らしいキャラクターたちがバトルシーンになると、これまた可愛らしいデフォルメキャラになって3Dでグリグリ動きまくる!12神+猫娘のキャラクターたちもしっかりキャラが立っている!謎のごま油押しとかウリたんの死亡ギャグとか吉本的ギャグも個人的にはかなり好き。頭の中を空っぽにして楽しめる。ぶっちゃけ大好きな作品。もっとひとり一人の干支神のエピソードが見たいね。100点!

■SHOW BY ROCK!!
バンド活動にあこがれる引っ込み思案の女の子がある日、ゲームの世界へ!そこで繰り広げられるロックでキュートなファンタジー!サンリオ原作で、キャラクターはどのキャラクターも非常に立っていてかわいい!ヒロインズと同じレーベルに所属する、男性ロックバンド「シンガンクリムゾンズ」が無茶苦茶いいキャラばかりで毎回笑わせてくれる。バンド演奏時の3Dキャラもヌルヌル動いて楽しい。1話の現実世界の“軽音部”メンバーのシルエットを見て、オチはこれか!と思ったら違ってた(笑)続編を希望したい!100点!

■やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
通称「俺ガイル」の2期。ひねくれぼっちの主人公比企谷八幡くんの苦くて切ない青春物語。一話一話が淡々と進むが8話で思わずもらい泣き…。言葉をぶつけても分かり合えない人と人、それがわかっていてもそばにいてくれる大切な人が、…“本物”が欲しい…!台詞回しが難しい8話の内容を私はそう理解した。本当、毎回、続きが気になってしょうがない。個人的には青春の思い出がない私は、ラブコメや学園モノは苦手な部類なんだけど、俺ガイルだけは別なんだよなぁ。あのラストで続編なしってのはあり得ないよね?95点。-5点は、演出が非常に平面的で回によっては退屈に思える(盛り上がりに欠ける)箇所が数か所あったため。

終わりのセラフ
吸血鬼に支配された世界での人間たちの戦いを描く。今期の大穴か。吸血鬼ものは古今東西やりつくしている気もするがやっぱり面白い素材なんですな。驚異的な身体能力を持つ吸血鬼を“鬼の力”を宿した武器を持つ人間たちが迎え撃つというお約束なのにしっかり物語してる。主人公たちの人間ドラマも腐女子が喜びそうな友情や愛憎があり目が離せない。そして特出すべきは荒廃した日本の都市の美術ボード。人がいなくなり、木々が鬱蒼と生える新宿や原宿の廃退した美しさは思わず魅入ってしまう。残念なのは戦闘シーンが地味なこと。例えば吸血鬼が操る武装ヘリを呪術を施した弓矢で撃ち落とす場面があるんだけど放たれた弓矢に何のエフェクトもなくて、むっちゃ地味。なんか竹やりでB29を撃ち落としました!って感じの絵面(笑)もう少し矢が光を帯びながらバキュン!って感じで突き刺さるとかの演出はあってもいいんじゃないかと。地味というか割と物語も淡々と進むけど、それはあまり気にならないかな。90点。早々に2期決定で一安心。

血界戦線
異界と化した旧ニューヨーク、ヘルサレムズ・ロットを舞台に「神の義眼」を持つことになった心優しい青年とその仲間たちが常識はずれの戦いを繰り広げるスラップスティック・バトルアニメ。個人的にはすんごく大好き!ヌルくて熱いという独特な間合いというか空気感を持つ内藤ワールドを忠実に表現していると思う。ただし、「トライガン」の時も思ったけど、若干、初見さんを無視している演出とかがあって、万人にすすめられないのが残念。だからといって、テンポや空気感を殺してまで万人受けする作品にしちゃつまらない。ウムム、難しい。個人的には100点だけど、そんな理由で90点。2期もありそうなので超期待!オリジナルキャラもいい味だしてるのも良作品の条件ですな。人を選ぶ作品です。

----佳作(ビビッ!ときたらみてみるのも吉)----

■てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう!
アニメなのにアドリブパートがある実験アニメのスピンオフ作品で無謀にも30分アニメに(笑)。相変わらず無茶苦茶で大変よろしい(笑)。みんなで校歌を作る回は大笑い。声優の明坂聡美さんの頭の回転の良さに毎回感心する。個人的には無印の頃から大好き。声優さんたちのガールズトークを楽しめる人にはおススメ。個人的には80点だが、ガールズトークに興味ない人にはおススメできない。

■パンチライン!
一話だけだと何をやりたいのかわからんアニメ。興奮すると小惑星を呼び寄せて人類を滅亡させてしまう少年が、霊体となって過去にさかのぼって人類を救う物語。後半に加速度をつけて物語が進んでいくタイプ。ご都合主義ではあるけど、なかなか面白い伏線の貼り方をしており、なんだかんだで結構楽しめた。結局、何で主人公が興奮すると隕石が落ちてくるのかわからなかったけど(笑)。70点。

■俺物語!
初めの数話は本当に面白い。だけど、主人公猛男くんのカッコよさを見せるためにあまりにもご都合主義的な演出が多くなってからは視聴を切った。猛男くんとヒロイン大和さんの友人たちが雑居ビルのカラオケボックスに遊びに行く話があるんだけど、カラオケボックスがいきなり火事になり、取り残された大和さんの友人を猛男くんが猛火の中助け出し、はじめゴツイ猛男くんを笑っていた大和さんの友人たちが猛男のカッコよさを認めるわけ。うーん、漫画的ではあるけど、ちょっとやり過ぎだよなぁ。途中から猛男くんのスーパーマンぷりに飽きてしまって視聴中断。65点。

■レーカン!
霊が見える女子校生と彼女の友達たちの日常系物語。ぶっちゃけつまらん。ヒロインの友人キャラは5人いるんだけど、キャラがかぶっていたり、影が薄かったりとよくわからない構成。男キャラが一人だけいて、毎回、どつきまわされるのも意味がわからん。ただ、時折、ホロりとさせられる残された人と大切な人との絆の物語があって、そういうのはお約束だとわかっていても泣けてしまうのだよ。50点。

■魔法少女リリカルなのはvivid
なのはシリーズの4作品目。今回は前世の記憶を持つ少女の格闘アニメ。本当にこの作品のめざしているものがよくわからん(苦笑)完全に作者の趣味なんだろうなぁ。作画は潔く戦闘シーンにリソースをさきまくり、普通のシーンでのデッサンは無茶苦茶。熱心なファン以外にはおススメできないかな。相変わらず都築作品のお約束である礼儀正しく、お利巧なキャラクターたちの言動が鼻につく。そういうのが平気な人で、美少女格闘物語が好きな人はどうぞ。非常に中途半端な終わり方で、2期に続くってのはどうなの?なのは1期、2期好きはどんな顔して視聴してるんだろうか…。40点。

■長門有希ちゃんの消失
あの名作、「涼宮ハルヒの憂鬱」のスピンオフ作品。正確には「涼宮ハルヒの消失」と並行して“あった”世界の物語。内容はコメディチックなベタベタのラブコメ。正直、内容は面白くないけど、いちアニメファンとしては少し懐かしい感じ。ちなみにめんどくさくなって最後まで視聴せず。暇になったら見てみよう。50点。

■ガンスリンガーストラトス
多次元世界同士の戦いを描いたSFバトルアニメ。同じ顔をした自分と戦うというのはなかなか面白い。が、正直、アーケードゲームの販促以下の出来かと。作画にうるさくない私でもちょっとどうなの?と首をかしげるような落書きみたいな作画、唐突感のあるシナリオ、そしてやたらと軽い命。戦争ものではあえて、命の軽さを描くことでその悲惨さを印象付ける演出もあるんだけど、ガンストはそれも失敗しているように思える。脚本家や演出家が考えたちょっとカッコいいセリフやポーズを入れて、それで満足しちゃってる感じ。40点。まさに“時間泥棒”な作品。

■響け!ユーフォーニアム
高校の吹奏楽部を舞台にした青春物語。非常にネット上の評判のよい作品。なのだがリアルな高校生活に拒絶反応を示す、非リア充な私は視聴せず。

■プラスティック・メモリーズ
人格(心)を持ったアンドロイドが実現した世界、使用期限の迫るアンドロイドを回収することを仕事とする青年たちの物語。絶対に泣かしに来ている作品なので、心が弱っている自分にはキツイと思って封印。後日、見てみよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
500色の空
プロフィール

ねこさむらい

Author:ねこさむらい
猫をこよなく愛する天才こぴーらいたーが、トマトを育てたり、本を読んだり、自分でもよくわからない自身を分析したりするよ! で、現在、無職になっちゃった!? 絶賛再就職活動中ですわ!!

Twitter→ @catomato

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。